ホームページを作ったら売上がアップするんですか?

ホームページを作ったら売上がアップするんですか?

こんにちは。WEBマーケッターの金川です。

今日はWEBサイト、というかより一般的な言葉で言うとホームページについてお伝えします。

WEBマーケッターを仕事にしている上で、頻繁にこんな質問をいただくんです。

ホームページを作ったら売上がアップするんですか?

これはなかなかに根源的というか、本質的というか、回答するにあたって相当言葉を選んでしまう質問ですね。

そうだとも言えるし、そうではないとも言える。

要するにホームページを作ったら、これまでより売上がアップする可能性は高まるが、ただホームページを作っただけで売上が上がるなんてことは無い。

というのがボクなりにしっくりとくる回答です。

ホームページが無いとゼロではなくマイナス

20年ほど前のインターネット黎明期には、ホームページがあるということ自体がステーテスというか、他社よりの抜きん出るという意味で差別化の大きな武器になったんだろうなあと想像します。

そして目新しさもあって、ホームページを持ってることで、売上がアップしたなんてこともあったでしょうね。
ただ、今現在はホームページはあって当たり前で、無いという事自体がマイナス要因になる時代ですね。

もちろん全業種にあてはまることでは無いと思いますよ。
ホームページが無くても問題なく事業をなさってるところもありますからね。

ただ一一般論としてはホームページは無いとちょっとマズイんじゃないかなと思います。
言ってみれば「存在証明」(本当に存在しているという証し)としての役割と言っていいかなあ。

なので、「ホームページはあったほうが良い」ではなくて、「ホームページが無いと具合が悪い」ということが言えますね。

言い方を変えると、ホームページが無いと評価ゼロではなく、マイナス評価だと言うことですね。
繰り返しますが、全てがそうだというわけではなく、あくまで一般論として。

お店が出来ただけでお客さんが来てくれるか?

ホームページの有無がどう作用するかについて、ボクなりにちょっとナイス?なたとえ話を思いついたので、ここで披露させていただきます(笑)

ホームページをインターネット上のあれこれと考えるのでは無くて、現実空間に存在する実際のお店と考えてみていただけますか。

あるところにとある形態のお店が出来たとします。
そこで、こんな質問をしてみらたどうでしょう。

お店が出来ただけでお客さんが来てくれるか?

スゴイ田舎(失礼)なら、単にお店が新たに出来ただけで、競争が無い?少ない?のでお客さんが来てくれて、売上がアップすることもあるかもです。

でも大きな大きな繁華街で、いろんな業種業態のお店がひしめき合ったいるような中で、なんの集客の手立てもせずに、新たにお店が出来たからといってお客さんが来てくれて売上が上がるなんてことはなかなか無いことだと思いませんか。

お店にお客さんに来てもらうには、いろんな方法を行う必要がありますよね。
たとえば、

  • 新聞折込広告
  • チラシポスティング
  • 割引券を配布
  • DMを送る
  • マスコミで紹介してもらう
  • 試食してもらう
  • 口コミをしてもらう

・・・まだまだあると思うんですがまずはこのへんで。

とうふうにあれこれと広告宣伝や口コミ誘導をしたりするからこそ、新しいお店にお客さんが来てくれるわけですね。

これと全く同じことがホームページの新規立上げでも言えます。

実際のお店もホームページも同じ

なので一旦の回答を書くとこうなります。

ホームページを立ち上げたからといって、集客が出来て売上が上がるなんてことは無い。

ホームページに人が集まるような仕組み、誘導する道筋をきちんと用意するからこそ、ホームページに人が集まり、結果として売上がアップする。

ということこそがボクがお伝えしたいことです。

ほんとに実際のお店も、ホームページも同じですよね。これは非常に面白いなあ。

ホームページ母艦理論

そしてこの考え方を表現するためのボクが名付けたのが、何を隠そうこの

ホームページ母艦理論

です。

詳しい解説は次回以降にさせていただきますが、「ホームページ母艦理論」を表現した図を最後にちょっとだけ予告編的にご紹介します。
ちなみに「ホームページ母艦理論」はボクのネーミングです。たぶん(笑)

 

 

詳しい解説は次回以降させていただきますので、楽しみにしていてくださいね。

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。