ホームページはあくまでお店・会社の表の顔。「ひと」にフォーカスしてもらい共感を寄せてもらうのがブログだ。

ホームページは表の顔で基本的に良いことしか書いてない

昨日のブログ、

かつてはホームページがメインでブログはサブ的位置付けだった。しかし今は逆転してブログがメインでホームページがサブになった。でもそのワケは何だろう?

の続きになります。

友人たちが営んでいる接骨院・整骨院のホームページを例に上げて、キレイで立派で良いことがたくさん書いてあるホームページからは、その院を選ぶ決定的な判断材料は読み取れないということを書きました。

勝手に例にあげてごめんね。山口くんと段上くん。すまん。

そしてあわせてお伝えしたのが下にあげる事実。

かつてはホームページがメインでブログはサブ。
今は逆転してブログがメインでホームページがサブ。

その理由は、先にも書いた通り、ホームページはあくまで表の顔で、基本的に良いことしか書いてないことがほとんどだからです。

もちろんこれは一般論であって、全てのホームページがそうであるわけでは無いです。
ただ傾向としては間違ってないと思うな。

会社・お店とは仲良くなるのは難しい。

それはね、ボクという人を形成している要素の一つである、エクスペリエンス・マーケティングで学んだことなんですが、ボクたちにとって大切なのは、その会社・お店ではなくて、そこで働く人そのものであるということ。

会社・お店とは仲良くなるのは難しい。なぜなら顔が見えないから。
しかし顔と人柄を見ることができる、そこで働く人とは仲良くなることができる。

ということなんだと思う。

ホームページって上でいうところのお店であり会社なんですよね。
ホームページを見ただけでは、信頼したり好きになったりは難しい。

だってどのお店・会社も表の顔だからキレイに立派にしてあるものだから。
だからといってホームページが不要ということではないですよ。当然表の顔も必要でしょうから。

でもそれだけでは不十分ということなんです。

その人にフォーカスしてもらうのがブログだと思う

では、お店・会社ではなく、そこで働く人にフォーカスしてもらうには、どうすれば良いのか?
もう答えは出てますよね。それこそがブログの真の目的だとボクは思います。

そのお店・会社でがんばって働いている人、それは経営者さんでも従業員さんでも、関係無いと思うんですが、そんな方々の他所行きではない、素の部分に惹かれるんじゃないかなあ。

  • どんなことを大切に思っているのか。
  • どんな考え方・受取り方をする人なのか。
  • なぜその仕事をしているのか。
  • 大好きなことや苦手なことって何?
  • 趣味とかスポーツとか。

そんなこんなに人は興味を持つんじゃないかなあ。少なくともボクはそう。

山口くんと段上くんのブログを読んで感じたこと

先のホームページの例では山口くんと段上くんには少々失礼な紹介の仕方をしちゃったのかなとちょっぴり反省しているボクですが、良く出来たホームページであることには変わりない。

そしてその表の顔であるホームページに対して、普段着であるブログについてですが、二人のブログはとっても人間味がありますよ。

 

%e3%81%90%e3%81%a3%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

やまぐち接骨院ぐっさんのブログ

まあデザインは少々改善の余地があるような無いような(笑)

  • 二人のお嬢ちゃんが可愛くてしかたないこと。
  • 開業からなんとか二年がんばってこれたこと。
  • 空き巣に入られたけど常連さんが支えてくれたこと。
  • 奥さんとラブラブなこと。

などなど。

ほんと山口くん、良い奴だなあ。

 

%e6%ae%b5%e4%b8%8a%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

大阪市内のだんじり祭り鍼灸師・段上 功のブログ

段上くんのブログは非常に内容のレベルが高いですよ。
近々WordPressに移行するらしいです。

  • 4年間ほぼ無給で修行したこと。
  • 患者さんは腕自慢より治癒を望んでいること。
  • バカみたいに地車が好きでたまらないこと。
  • 彼女募集中であること(笑)

などなど。

人間として信頼に足る人物だとボクは感じています。

プロとしての水準に達していることが当然の条件

二人のブログを例にいろいろと考えてみましたが、ブログを読んでその人となりを知り、モノの見方感じ方に共感を覚えてしまいます。

そしてそうなったら、もう他の院と比べてうんぬんの話では無くなってくるんです。
しいて言えば行くか行かないかしか無くなる。

ただ念のために言っておくと、整体や鍼灸の腕のレベルがちゃんとしていること前提です。
いくらその人を好きになっても、プロとして一定水準のレベルに達していなければ、行きたくてもそのお店には行けない。

でもこのへんはプロフェッショナルとして仕事をしていく上で当然すぎることですよね。
そして二人については必要十分以上のレベルのプロフェッショナルであることをボクは知ってるんですよ。

だから二人の院に行きたくなるんですよね。他の院は比較対象にもならない。

選ばれる、共感を寄せてもらうためにブログは必須

以上がボクが「かつてはホームページがメインでブログはサブで、今は逆転してブログがメインでホームページがサブである」と考える理由です。

繰り返し言うと、業種業態によっては表の顔であるホームページは必要でしょう。
ただし全ての業態で必要だとはボクは思いませんが。

そしてそんな横並びの状態の中で、やはり選ばれる、共感を寄せてもらうためには、ブログは必須であるし、非常に非常に重要かつ有用なものだとボクは確信しています。

本日は以上です。

%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e3%81%8f%e3%82%93%e6%ae%b5%e4%b8%8a%e3%81%8f%e3%82%93

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。