インスタグラムに元から用意されている写真編集機能を使って投稿写真を編集する

撮影後の画像補正について

WEBプロデューサーの金川です。
前回の記事では、ほぼ趣味目的で毎日インスタグラムを楽しんでいるボクが、どんなカメラを使ってインスタグラムに投稿するための写真を撮っているかを紹介しました。

結論は立派なカメラでもなんでもなくて、ごくごく普通のiPhone6sで撮影しているんです。
そしてイメージを伝えやすい写真に大切なのは、カメラそのものではなくて、次のようなことなんですね。

  • 構図
  • 色合い
  • 撮影後の画像補正

今回は最後にあげた「撮影後の画像補正」について深掘りしてみようと思います。

インスタグラムに最初から用意されてる編集機能

ボクはそんなに詳しくは無いんですが、写真撮影時にいろんな味付けができるスマホアプリがあるようです。
有名なところでは「LINE Camera」とかでしょうか?あと「SNOW」とか?ちょっと違うかな?(笑)

ボクがスマホ写真アプリになぜ詳しくないかというと、使ったことが無いからです。
ぜんぜん否定するつもりは無いんですが、これまで必要性を感じることが無かったので、使ったことが無いんですね。

でも食わず嫌いはダメだというのがボクのポリシーなので、遊びがてら勉強がてらにスマホ写真アプリを使ってみようと思います。
使ったらまたレポートできると良いな。

さてなぜボクがスマホ写真アプリの必要性を感じることが無かったかというと、それはインスタグラムの元から備わっている写真編集機能で十分だと感じていたからです。

実際にボクがインスタグラムに投稿する写真の100%は、インスタの写真編集機能だけを使って編集しているんですよ。

インスタの写真編集機能には大きく分けて「フィルター」と「編集」の二つがあります。
この二つについてざっくりとですが解説してみますね。

フィルター機能

まずは「フィルター」から。

こんな風に編集メニューに進むと「フィルター」があらかじめいくつか用意されています。
フィルターを使うとワンタッチで編集加工ができるので便利ですよね。
いろんなテイストがあるのでいろいろ試してみると楽しいですよ。

ボクは自然に近くかつ鮮やかになる「Lark」が好きですね。

そして例えば「Lark」を適用したあと、さらに「Lark」を長押しすると、フィルターを適用する程度を調整することができます。

個々の要素を編集する機能

次に紹介するのは「編集」機能です。
「フィルター」が自動で一発で適用するのに対して、「編集」個々の要素を手動で微調整することができます。

実はボクはこの「編集」が好きでして、「フィルター」を使うことはほとんど無くて、個々の要素をあれこれ調整して画像編集するのを楽しんでいます。

まずはこの「編集」ボタンを押します。

すると個々の編集要素が出てきます。

それぞれ試してみると面白いですよ。
なかにはよくわからない機能もありますが(笑)

ビフォーアフター

ではインスタグラムの編集機能を使った編集結果をビフォーアフターで見ていただきますね。

まずは京都の貴船神社です。

【Before】

【After】

ちょっと鮮やかすぎるかもしれないけど、こんな感じで緑の中に凛と建つ貴船神社がステキだったんです。

 

次は京都は東山七条の「茶匠 清水一芳園」の抹茶パフェです。

【Before】

【After】

美味しそうですねー。はいとっても美味しかったです(笑)

もともとの姿やシーンを再現することが目的

ボクが写真編集する目的は、その時その場所でのそのシーンを分かりやすく伝えることなんです。
なので事実と違うような編集はボクはしません。

例えば青空を紫にしたりはしないということですね。
でもこのあたりは個人的な趣味の問題なので良いとか悪いとかは無いですよね。
あくまでボクの場合はということです。

例えば上の抹茶パフェでいうと、お店で見たときはとっても鮮やかで美味しそうだったのに、撮った写真を見るとちょっと暗かったり、構図がおかしかったりするのを、事実に近づけるために編集するという感じです。

まあちょっとぐらい大げさにするくらいは、全然大丈夫だと思いますよ。
だって美味しそうに見えるほうが見てくださった方にとっても良いと思うので。

というわけで、ボクがインスタグラム投稿する際の写真編集の方法をお伝えしました。
皆さんの参考になると嬉しいです。

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBディレクター。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。
趣味は折りたたみ自転車であちこち行くこと、MTBで里山をサイクリングすること。楽しいですよ。