モバイルルーター&格安SIM探しの旅その5(最終回):データ量無制限を捨ててmineoを選ぶ

「ぷららモバイルLTE」が使いモノにならないことが発覚

全国どんなところででもセミナーやワークショップを開催できるように、多人数で同時に使えるモバイルルーターを持つことを決意したボクの人柱レポートの5回目、そして最終回になります。

前回までの内容を要約すると、

  • モバイルルーターを自前で用意するためにAmazonで購入。
  • データ量無制限のキャリアを見つけて格安SIMをゲットする。
  • 検討の結果「ぷららモバイルLTE」を選択して契約。
  • しかし「ぷららモバイルLTE」は激遅で使いモノにならなかった。

こということでした。

しかしこの時点ですでに3月10日。
そして二日後の3月12日にはボクが自主開催する「ワードプレスを一日で立ち上げるセミナー」が迫っているではありませんか。

まさに絶体絶命とはこのことです(大げさ)。
まあセミナー会場には有線LANは来てるので、最後の最後は普通の無線ルーターをボクのアトリエから持ってくれば良いだけなので、実はそんなに深刻な話ではありませぬ。

ただ最終的には良い感じで軟着陸することができました。
最終回の今回はその顛末をお伝えすることにいたしましょう。

モバイルルーター&格安SIM探しの旅:記事一覧

「データ量無制限」の条件を捨てることを決意

なんとか最後までこだわりたかった「データ量無制限」です。
そして候補に上げたのがこれらのキャリアですね。

  • UQ mobile
  • UQ WiMAX
  • ぷららモバイルLTE

そして最後に選んだ「ぷららモバイルLTE」が全く使いモノにならないという結末を迎えました。

このような結果を受けて、ボクは「データ量無制限」の条件を涙を飲んで捨てることを決意しました。

これでボクの格安SIM探しの旅は振り出しに戻ることになりました。

格安SIMキャリア=MVNO(仮想移動体通信事業者)を絞り込む

「データ量無制限」の条件を捨てることで、格安SIMキャリアを選ぶ幅が一気に広がることになったのがある意味皮肉と言えば皮肉です。

そしてボクがかなり参考になるなと思うこの情報サイト、

格安SIMとスマホの比較サイト > 格安SIMカードの一覧 (MVNOのリスト)

を主な情報源として、合わせてネット上でのインプレ記事などを補足情報として収集した結果、次のキャリアに絞り込むことができました。

ここで言うキャリアとは、ボクなりの言葉で意訳すると、Docomoやauから回線の枠をまとめて仕入れて、自分とこで再販する会社=MVNO(仮想移動体通信事業者)のことを言いますよ。

格安SIMキャリアの条件を比較する

コストやスペック、そしてネット上での評判を勘案して次のキャリアが候補として生き残りました。

ちなみに様々な契約プランがある中で、以下の条件に限定して検討しています。

  • 通話付プランは無視してデータプランのみ検討する。
  • 使用目的から5GBあるいは10GBプランのみ検討する。
  • 評判の悪いところは最初から候補から除外する。
  • 評判は良くても使用条件に合わないところは候補から除外する。

という感じです。

楽天モバイル

http://mobile.rakuten.co.jp/

初期費用 3,000円
初月使用料無料
翌月繰り越し可能
5GBプラン 1,450円/月
10GBプラン 2,260円/月

DMM mobile

http://mvno.dmm.com/

初期費用 3,000円
翌月繰り越し不明
5GBプラン 1,210円/月
10GBプラン 2,190円/月

mineo(マイネオ)

http://mineo.jp/

初期費用 3,000円
翌月繰り越し可能
5GBプラン 1,580円/月
10GBプラン 2,520円/月

IIJmio

https://www.iijmio.jp/

初期費用 3,000円
翌月繰り越し不明
5GBプラン 1,520円/月
10GBプラン 2,560円/月

OCNモバイルONE

http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

初期費用 3,000円
翌月繰り越し不明
5GBプラン 1,450円/月
10GBプラン 2,300円/月

BIGLOBE

http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/

(BIGLOBE会員の場合)
初期費用 3,000円
3ヶ月使用料無料
翌月繰り越し不明
6GBプラン 1,250円/月
12GBプラン 2,500円/月

格安SIMキャリアを比較して分かること

上の費用の明細を見て分かる通り、各社とも5MBプランで1,500円前後、10MBプランで2,500円前後と大きな違いがありませんね。

そしてネット上での評判をある程度見てみましたが、それぞれ大なり小なりネガティブ情報もあるものの、「ぷららモバイルLTE」のようなあからさまな悪評は見当たりませんでした。

なのであくまでボクの見解ですが、上記候補のどれを選んでも大きな後悔をすることは無さそうな気がします。

そんな中で「ぷららモバイルLTE」を選んだ自分に対して面白ささえ感じてしまいますね。
やはり「データ量無制限」に目がくらんだとしか思えません(笑)

自前のモバイルルーターだからこそ乗り換えが容易にできる

そしてもう一点気付いたことは、このように格安SIMキャリアを簡単に解約して他のキャリアに乗り換えることができるのは、ひとえに自前のモバイルルーターを持っているということがとても大きな要因と言うことができます。

これがキャリアが用意するモバイルルーターを分割払いとかで買った場合はなかなかこうは行かないのでは無いでしょうか。

また単純な分割払いならまだしも、機器と回線をセットで契約して、なんらかの割引の設定があったりすると、1年しばりとかなんとかいろいろと制約があってややこしいことにならないか心配です。

というわけで、ボクの考えでは、モバイルルーターをしっかりと下調べした上で、Amazonやヨドバシドットコムとかで自分で買って用意するのが得策に思えます。

こうすることで、なんの制約もなしに、紐付でなく、自由に格安SIMキャリアを解約・乗り換えを行うことができます。

うん、これがやはりベストな方法ですね。

BIGLOBEの12MBプランと3ヶ月無料が魅力的

他のキャリアが5MBプランと10GBプランをラインナップしている中、BIGLOBEのみデータ量が少し多い6GBプランと12MBプランを用意しているのが目を引きます。

そして三ヶ月使用料無料というがとても魅力的に感じますね。
12GBプランだと「2,500円☓3ヶ月=7,500円」の割引ですから大きいですよね。
それでいて目立った悪評は見当たらないのでボクは相当魅力を感じています。

結果的には今回は選ばなかったんですが、自分でも様子を見ながら、BIGLOBEに乗り換えそうな気配をびんびん感じています(笑)

最終的に選んだのはmineo(マイネオ)

というように様々な検討を重ねた結果、最終的にボクが選んだのは「mineo(マイネオ)」です。

マイネオ

今テレビで大々的にCM攻勢をかけているのでご存知の方も多いかもしれません。
ただテレビCMで打ち出しているの「今持っているスマホの使用料が安くなる」という切り口なので、ボクのようなデータSIMの話とは少し違うんですけどね。

mineoが上にあげた他社と比較して、特に安いとか初月無料とか何が大きな差があるのかというと、実は特段無くて、いたって普通な感じです。もちろん悪くは無いですけどね。

ではなぜmineoを選んだのかというと、即日開通が可能だったからです。
二日後に自主開催セミナーを控えていて、なんとかそれに間に合わせたかったというのが最大の要因ですね。

mineoを含めたキャリア各社は申し込み手続きの方法を、インターネットで申し込み完結、後日SIMカードを宅配便でお届けというスタイルをとっています。

しかしmineoはボクのアトリエから自転車でなんだかんだで40分、距離にして8kmの大阪梅田グランフロントに直営サービスショップを構えているんです。
このショップで直接手続きすることで、即日申し込み即日開通が可能となります。

このような理由でボクはmineoを選んだわけなんですね。
データ通信を実際にしてみた感想としては、なかなかのモノだと思いますよ。

朝10時の使用で、13Mbps
夜8時の使用で、4Mbps

という速度がしっかり出ているので、問題なく使用することができます。
そして「ぷららモバイルLTE」比べると、夜の4Mbpsでも100倍近くの速度が出てきて、まさに桁違いのスピードですね。

格安SIMのスーパーアマチュアになってしまった

いろいろと苦労の多かったボクのモバイルルーター&格安SIM探しの旅ですが、これで一旦は終えることができそうです。

それなりに勉強代を支払うことにはなりましたが、この旅で得ることができた知識、ノウハウ、リテラシーを考えれば、とても安い勉強代だったなと思えるんですよ。

なんといっても、これまではぼんやりとしたイメージしか無かった格安SIMの世界を、今では人に教えることができるほどのレベルに達していることを自覚できるからです。

その意味では最高に楽しい旅であったと言うことができます。
この記事が迷えるみなさんのガイドになればとてもうれしく思います。

モバイルルーター&格安SIM探しの旅:記事一覧

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。

自分で編集・更新できるホームページ50%OFFのモニター価格148,000円。5/31締切・先着10社。

新たにホームページを立ち上げたい方
現状のホームページに満足されていない方

自分で編集・更新できるホームページ
50%OFFのモニター特別価格で提供

先着10社様・5/31〆切・148,000円

2ヶ月間無料コンサルティング
+専門ライターが監修アドバイス
+集客セミナー6ヶ月間無料ご招待

http://shidenkai.jp/sl/180422homepagemonitor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。