WEBからの問い合わせの導線としてフォームは大切。それを高レベルかつ無料で実現できるのが「Googleフォーム」

WEBからの問い合わせの導線としてフォームは大切な入口

こんにちは。WEBディレクターの金川です。

今日のテーマはずばり「Googleフォーム」についてです。
いきなり「Googleフォームってナニ?」と思われると思いますが、ブログやWEBサイトをビジネスユースで運用されている方にとっては、けっこう大切な話なんですよ。

WEBサイトを活用して自分発信をするのは大切なんですが、読者さんあるいは見込客さんから問い合わせなんかを受け付ける入口を用意することもとっても大切なことですよね。

一番カンタンな方法だと電話番号を書いておく。その次はメールアドレスを表記しておく。
ただやはりこれらの方法はそれなりにハードルが高いと思います。

なんかワンクッションを感じますし面倒な気がします。ボクがそうなんだから他の方もきっとそうだと思いますよ。
なのでそのハードルを下げる工夫ができるといいですよね。

その方法の一つがWEBサイトにお問い合わせページを用意しておいて、そこに設置してある「フォーム」から直接問い合わせをすることができるようにする仕組みです。

紫電改WEBにも問い合わせフォームがあります

例えばボクのこのWEBサイトにはこんなページを用意してあります。

相当あっさりしたお問い合わせフォームですが、まあ必要十分というかそれなりにちゃんと機能してくれてますし、ちゃんと問い合わせの取次ぎもしてくれてます。

ここから問い合わせがあった場合には、ボクの指定のメールアドレスに問い合わせ内容が送られてきますし、お問い合わせした方のメールアドレスにも自動返メールが行くようになってます。

WordPressの人気プラグイン「Contact Form 7」

どんな仕組みでやってるのかというと、ボクのWEBサイトはWordPressで作ってありますので、WordPressの機能を強化する専用のプラグインを利用しているんです。

Contact Form 7 公式サイト | WordPress のお問い合わせフォームプラグイン。シンプル、でも柔軟。

この「Contact Form 7」を使いますと、かゆいところに手が届くようなきめ細やかな設定ができますし、とても安定しているのでビジネスユースには最適な感じです。利用者も世界的にとても多いみたいですし。

ただ難点はだれでも触れるものではないというところ。
やはりWEBの専門知識ナシでだれでもサクサク使えるというとちょっとウソになります。

なのでボクのような人がWEBサイトの立ち上げ時に設定しておくとか、WEBプロじゃないけどあれこれ試行錯誤するのが楽しい!という方はいいと思いますが、そうじゃない場合は相当ハードル高いです。

WordPressでブログをなさってる方は、この「Contact Form 7」だけでもプロにお願いするとか、詳しいお友達にお願いするとかが良いんじゃないでしょうか?

フォームのサービスは多々存在するが一長一短

「Contact Form 7」は良いプラグインですが、WordPressじゃないと使えないという課題がありまして、WordPress以外のWEBサイトでは他の方法を探さないといけません。

有料で使える高機能のフォームも世間には存在しますが、それなりに費用がかかります。
また無料で使えるサービスもありますが、有料版の機能制限版であったり、設定が面倒だったり、デザインがイケてなかったりで、なかなかボクがピン!とくるものにめぐりあっていませんでした。

ただ、「WordPRessの自分で立ち上げる講座」をさせていただいているボクとしては、なんとかプロに頼まなくてても、普通の方が自分でできる方法は無いものか?という点に執念を燃やすわけです(笑)

普通の問い合わせフォームだけなら一回だけ設定してもらえば良いんでしょうが、イベントの受付だとか、サービスメニューの変更とか、やはり理想は自分でサクサク変更・編集できるのに越したことは無いと思うんですね。

ということで、以前からボクは「Contact Form 7」に替わる何か?を探していたわけです。
専門知識無しで自由にフォームを設置できる仕組みをですね。

超魅力的な「Googleフォーム」

結論から言いますと、まだ決定打とはいいませんが相当いい線いっているツールを見つけました。

それがこれ。

Google フォーム – アンケートを作成、分析できる無料サービス

googleが提供しているサービスで無料で使うことができます。
そして大切なことが、HTMLとかの専門知識は不要なところ。ちょっとざっくりな言い方をすると、Gmailを使える人から、Googleフォームもきっと使うことができます。

Googleフォームをさくっと作ってみた例です。

驚くことに、Googleのあるページにアクセスする方法だけではなく、このフォームを自分のWEBサイトの特定のページに埋め込むこともできちゃう。

ちょっと専門的な解説で申し訳ないんですが、それなりにWEBに詳しいボクにとっても衝撃的ですねえ。

ということでGoogleフォームについて、詳しくお伝えしたいんですが、自動返信メールとかの設定なんかを只今鋭意研究中なんです。
しっかり実用段階までボクの理解が深まったら改めて紹介させていただく予定です。

本日はここまで!

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBディレクター。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。
趣味は折りたたみ自転車であちこち行くこと、MTBで里山をサイクリングすること。楽しいですよ。