商品の写真を撮る時は太陽光を利用して逆光気味に撮るとけっこうナイスな写真が撮れますよ

商売をしていく中でやっぱり写真って大事です

こんにちは。WEBディレクターの金川です。

今日は写真撮影のテクニック的なことを書いてみようと思います。
ただテクニックといっても、ボクは写真のプロでもなんでもなくて、写真を撮るのがちょっと好きというレベルなんですね。

なのでそんな立派なことは書けませんし、たぶんプロカメラマンの方からすると、たぶんトンチンカンなことをを書くかもしれませんが、そこのあたりはご容赦くださいね。

これまでも何度か書かせていただいてるんですが、ボクは過去にインターネット通販を行うネットショップを運営していたことがあるんですよ。

↓当時のネットショップのトップページです。今はもうやってません。

 

手探りで始めたネットショップだったので、全部自分でやるんです。
カメラマンさんとかにお願いすると品数がとっても多いので大変な費用がかかりますからね。

そして実店舗で商品を見てもらうことができるリアル店舗と違い、ネットショップはやはり商品写真がとっても大事なんですね。
商品写真の出来不出来が、直接的に売上に影響するなあって感じ。

なので、関連書籍を買い集めて読んだり、ネット上の情報を集めたりして、なんとか訴求力のある写真を撮ろうとがんばってたことを思い出します。

商品写真撮影の決め手は「光」だと思います

そのころ、なんとか訴求力のある商品写真を撮りたいなと思って、あれこれ試行錯誤をそうとうしたんですが、その中で商品写真の良し悪しを決める最大の要素は「光」だなと確信しました。

そして最終的に行き着いた方法は「自然の光=太陽光」です。
といっても特別なものではなくて、普通のお日様の光のことなんですけどね。

いろんな照明や方法を試したんですが、最終的には自然光=太陽光には勝てない。うまくは説明できないですが、表現力が違うというのかな?ほんと全然違うんですよ。

今日は事細かな解説はしませんが、ちょっと逆光気味で撮るとか、手前の影になる部分を白いボードで光を反射させて、ほんのり明るいするとか、いろんな小技を使って撮影すると、普通にライトを当てて撮影するのとは、とんでもなく良い写真が撮れるんですね。

ボクが太陽光で撮った写真の例です

↓我が家の娘ちゃんです。かわいいですね!(自画自賛)

 

↓同じく我が家の娘ちゃんです。再びかわいいですね!(自画自賛)

 

↓名古屋のデリバリー専門お弁当屋さん「マザーズランチ」でお願いしたお弁当を窓際で撮ってみました。これはアンドロイドスマホで撮りました。美味しそう!

安心安全な素材を使った「マザーズランチ」のお弁当は健康に良いのはもちろん、めっちゃ美味しいんです!
カラダにやさしいお弁当屋さん マザーズランチ ホームページ
カラダにやさしいお弁当屋さん マザーズランチ 秋田佑さんのブログ

 

というわけで、まったくプロでもなんでもないボクでも、お日様の光で撮ると結構イケてる写真が撮れるのが嬉しいです。
まあイケてるといっても「素人にしては」なんですけどね♪

ただボクらのような小規模なビジネスをしている人にとっては、プロにお願いしてすごい立派な写真よりも、ちょっと??な仕上がりでもそこそこな出来ならば、スピーディに現場対応できることのほうが大切なことってあると思うんです。

そんなスタンスなみなさんのお役に立てるとしたらうれしいです。

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBディレクター。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。
趣味は折りたたみ自転車であちこち行くこと、MTBで里山をサイクリングすること。楽しいですよ。