ボク一押しのエックスサーバーのカスタマーセンターの神対応に驚いた件

やっぱりエックスサーバーはスゴかった

こんにちは。WEBディレクターの金川です。

今日はボクを一押しでオススメしているレンタルサーバーである「エックスサーバー」についての記事です。

先に結論を書いてしまうんですが「やっぱりエックスサーバーはスゴかった!」という一言に尽きますね。

WordPressに限らず、独自ドメインをともなって自前のWEBサイトを持つには、そのサイトを設置するためのサーバーを用意する必要があります。

世の中には星の数ほどのレンタルサーバー会社があるんですが、ボクたたちのような小規模な会社やお店が利用するには、エックスサーバーほど費用とサービスの品質のバランスが取れているサーバーをボクは知りません。

これまでもエックスサーバーのクオリティの高さに触れた記事を何度も書いていますので、興味がある方は読んでみてくださいね。

エックスサーバーについて触れた記事の一覧です。

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

WordPressにログインできない!というレスキュー要請

さて、今回のことの発端は、先日ボクがコーチを勤めさせていただいた「WordPressを一日で立ち上げる講座」を受講してくださったお一人の方からいただいたメッセージでした。

今回にかぎらず、パスワードを忘れちゃったとか、ログイン画面のURLを忘れちゃったとかのご相談はひんぱんにいただきますし、そのほとんどには問題なく対処できるんですよ。

それよりも、こんなちょっとしたことでも頼ってくれることの方が、嬉しく感じたりもします(笑)頼りにしてくれてるんだなあって感じですね。

ということで今回もカンタンに解決できると最初は思ってたんですが、メールアドレスの変更、そのメールの転送設定、その設定の際に知らぬ間にパスワードを変更しちゃってた等、いろんな要素が絡み合って少々手強い状態であることがわかりました。

データベースに手を突っ込むという荒業?にチャレンジ

実は小手先で対処するよりも根本部分に手を入れて、一気にやっつける方法があるんです。
ただ一般的には呪文というか未知の世界の入口的な話なので、ここでは詳しくは説明はいたしません。

ちょっとだけチラ見せしますと、イメージ的にはサーバーの深いところにあるデータベースというところに手を突っ込んであれこれするという感じです。

なんか見るだけでイヤになるでしょう?(笑)
まあそういうボクも必要なところだけ分かるだけで、決して詳しいわけではないんですけどね。

分からないことがあってエックスサーバーに問い合わせする

さて、このデータベースに手を入れようとしたわけですが、ちょっとボクの知識とスキルでは分からない点が一つ出てきました。

そこで頼りになるのが「エックスサーバー」のカスタマーセンターです。
これまでも何度も助けてもらった経験がありまして、その経験からボクがエックスサーバーを押す理由でもあるんです。

なおこれまでカスタマーセンターに問い合わせる際には、すべてメールで行ってきたんです。
なぜならメールのほうが文字で確実に伝えることができますし、記録にしっかり残るからです。
そして数時間から半日ほどでほぼ完璧な回答・アドバイスをもらえてきたので、なんの問題もなかったんですね。

ただ今回はより早く対応させてもらいたかったのと、エックスサーバーカスタマーセンターの電話対応を知りたかったので、メールではなく初めて電話での問い合わせをしてみることにしました。

エックスサーバーのカスタマーセンターの神対応

エックスサーバーのWEBサイトに記載されている電話窓口の案内です。

上記の電話番号にかけると、ワンコールあるかないかで電話がつながりました。

まあどうせ自動音声で「○○の方は①を、□□の方は②を・・・」とかなんだろうなーって思うでしょ?だいだいどこでも普通はそうですものね。

でもエックスサーバーは違いました。一発目からワンコールで人が電話に出はります。
これにはこちらが少々焦りました(笑)

で、次に用件を伝えたわけですが、ボクとしては当然「それでは担当者にお繋ぎいたします」と言わはると思ったんですが、電話に出てくださった方がそのまま対応してくださるんです。

焦ってたのかどうなのかボクの少々まとまりのない、分かるような分からないような説明に、しっかり耳を傾けていただいて、ものの数分で最終的な解決に至ってしましました。

まとめてみますと、

  • 電話が速攻繋がる。
  • ロボットじゃなく担当者さんが対応してくれる。
  • たらい回しにされない。
  • その場でめっちゃ的確なアドバイスをくださる。
  • 担当者さんのスキル・リテラシーのレベルが半端ない。
  • なんかうれしい(笑)

という良いことずくめなわけです。
ほんとすごいなエックスサーバー。

年間でサーバーに要する費用の比較なんですが、WordPress利用前提で、データバックアップオプションなんかを加味して、そこそこ信頼できるところで考えると、

かなり安価とされるA社で年間10,800円。
エックスサーバーで年間12,960円。

A社がどうこうでは一切なくて、ボクはやはりエックスサーバーが良いですね。
こういったことがボクをエックスサーバー押しにする理由なんですね。

すごいぞエックスサーバー。

本日は以上です。

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。