WordPressワードプレスには営利企業のような正規のサポート窓口は存在しない。しかし・・・

成人の日を含む三連休も終わり今日からまた、専門性が高く興味がある人が絞られるブログ記事の復活です。

今日取り上げるテーマは、WordPress/ワードプレスで分からないことが出てきた時に、どうすれば良いか、その対処方法についてです。

ワードプレスは有志ボランティアにより無料で公開されている

過去記事でも何度か触れてことですが、ワードプレスは「オープンソースのプログラム」という特徴的な性格があります。
より噛み砕いて言うと、以下のとおりです。

  • 無料で公開されているプログラムである。
  • 自前のブログを立ち上げることができる。
  • いわゆるホームページももちろん作ることができる。
  • ユーザーが自分で編集可能。
  • 世界中の有志のボランティアが関与して運用している。
  • 世界中で広く使われてる。おそらくシェアナンバーワン。
  • どこかの会社が製作・販売しているわけではない。

というところです。

貢献

WordPress公式サイト

その特徴は、企業が製作・販売しているアプリケーションとくらべて見ると分かりやすいかもしれません。

マイクロソフトのサポートの例を見てみる

例えば、たくさんの人が使っている、マイクロソフトの「Excel」とか「Word」とかのOffice製品を例にあげて見ましょう。

Office製品の導入時とか、使い方であるとか、あるいは不具合やトラブルの際には、製造元のマイクロソフトに相談窓口のようなものがありますね。

マイクロソフト

Microsoft サポート

ざっと見てみたところ、OSやアプリケーションなどなど、それぞれに窓口が分かれていて、以下のメニューが用意されています。

  • 過去の質問のストック
  • コミュニティでの質問フォーム
  • Answer Desk に問い合わせる

アンサーデスクでは電話による問い合わせにも対応してくれるみたいですね。
ただとても深い階層まで行かないと電話番号は表示されないところが憎いところです。

ボク自身はマイクロソフトに問い合わせをしたことが無いので、どこまで対応してくれるのは全く不明です。
あくまで想像ですが、あまり期待できないのではないかなと思わないでもありません。

ただ、お金を払っている顧客と製造販売元という関係には変わりがないので、とりあえずある程度は対応してくれるのかなとは思います。

ということで、有償のアプリケーションを購入した場合は、対応のクオリティの高い低いはあるだろうけど、上記のマイクロソフトの例のように、企業としての対応窓口が用意されているのが普通です。

しかしワードプレスは違いますよ。

ワードプレスもちゃんと助け舟を出してくれる

先にあげたように、ワードプレスは世界中の有志ボランティアの手で無料で公開されているプログラムです。

なのでマイクロソフトはじめ企業が販売しているアプリケーションのように、製品に付随したサービスとしての、カスタマーセンター=相談窓口は用意されていません。

またワードプレスの成り立ち上、何かトラブルがあったり不具合があった場合にも、クレームを申し立てることはできません。
できるのは「困ってるのでなんとかなりませんか」という要望を上げるくらいですかね?

ちょっと極端な言い方をすると、

こちらはお金を払ってるんだから、そちら責任持って対応するのが当然だ。

というのは考え違いですよということです。

まあワードプレスを導入するにあたって、自分自身でやったのではなく、ホームページ制作会社なりに「丸投げ」で依頼したとかのスタンスなら、その制作会社にあれこれ言うことはできますよね。
どこまで対処できるかは、その制作会社によるとは思いますが。

逆の例で言うと、ボクがマックス塾長とジョイントで開催している「ワードプレス立ち上げセミナー」では、ワードプレスの導入のサポートに特化したセミナーなので、テイクオフした後はボクは関与しないので、基本自分自身で問題解決しなければなりません。

と、言いながらある程度は相談にも乗りますし、サポートもしますけどね(笑)
でもボクが具体的に動いたり、それなりの時間を要する場合は相応の報酬は頂くことにはなります。

という感じでいろいろ書いてきましたが、これだけ見ると「誰も助けてくれない、誰にも頼ることができない」なんて気持ちになりますよね。

ただ、世界中の有志ボランティアがこぞって作り上げて運営しているワードプレスです。
ちゃんと助け舟は出してくれるんですよ。

アイキャッチ

ちょっと長くなったので明日に続きます。

 

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。