WordPressで「Simplicity」に慣れてきたら「テーマタンク」でお気に入りのテーマを探すのもOK

「WordPressワードプレス」を特徴づけているのは「テンプレート」

自分でブログやホームページを立ち上げることができる秀逸なプログラムが「WordPressワードプレス」です。

そしてその「WordPressワードプレス」を特徴づけているのが、記事(=データベース)と見かけの外観(=テンプレ―ト)が分かれているところです。

このへんは、けっこうマニアックな話なので、なんとなく「そうなのかー。」くらいで大丈夫ですよ。

こうして、データべースとテンプレートが別立てになってるおかげで、今のテンプレートを、他のテンプレートに着せ替えるだけで、劇的に見た目を変えることができます。

ちなみに、ワードプレスではこのテンプレートのことを「テーマ」と名前で呼びます。

着せ替えるだけなので、どんどん変更もできるし、もちろん元に戻すこともできるんですよ。

最初のテーマは「Simplicity」がおすすめ。でも慣れてきたらテーマを変更するのもOK

ボクがマックスブログ塾塾長の壁下陽一さんとコラボ開催している「WordPressを一日で立ち上げるセミナー」では「Simplicity」という「テーマ」をオススメしています。

なぜなら、必要な機能が一通り全て備わっていて、SEO対策も考慮されており、さまざまなデザインの変更・カスタマイズを専門知識無しに行うことができる秀逸なテーマだからです。

↓スタートアップ時におすすめなテーマ「Simplicity」

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料WordPressテーマ

Simplicity

↓「Simplicity」について解説した過去記事二つ。

WordPressワードプレスのテーマは「Simplicity」がダントツのおススメ

WordPressワードプレスのテーマ「Simplicity」が良いところはココ!

ただ、しばらくワードプレスを使い続けてきて、使うことに慣れてきて、大きくデザインをリニューアルしたい時などに、「Simplicity」から他のテーマに乗り換えることは、全然OKだと思いますよ。

それに乗り換えて後に、やっぱり「Simplicity」のほうが良かったかな?と思ったら、また「Simplicity」に戻せばいいだけのことなので。それに戻すのはとても簡単ですからね。

それにお店や会社等でのワードプレスの利用ではなく、純粋に趣味などのブログであれば、もっと気楽にテーマを変更しても良いと思いますよ。

自由さがワードプレスの最大の特徴の一つですから。

無料テンプレートを紹介してくれる秀逸なサイト

というわけで「WordPressワードプレス」の無料テンプレートをざくざく紹介してくれてる、親切かつ充実したサイトがあるので、紹介させてもらいますね。

テーマタンク

WordPress無料テーマ&テンプレート紹介サイト|テーマタンク

「WordPressワードプレス」の無料テンプレートを紹介、あるいは配布しているサイトはたくさんあるけれど、こちらで紹介されてるテンプレートは、とにかくデザインがクールでナイスです。

また、単にずらずら~と並べているだけではなくて、

  • ブログ・マガジン
  • 写真・ギャラリー
  • ビジネス・企業
  • ポートフォリオ(事例集)
  • ニュース・ポータル
  • ランディング(キャンペーン用)

などなど、使い方・用途別に分類してくれてるので、とっても選び易いです。

「テーマタンク」利用の仕方の例

↓まず気に入ったデザインを選びます。

テンプレート選択

 

↓デモサイトで使い勝手をお試しします。

デモをクリック

 

↓なるほどこんな感じになるんですね。英語のところも多いので、ピンとこないこともあるとは思います。

でもサイト

 

↓良ければ配布サイトへ行きます。

配布サイトへ

 

↓ダウンロードします。

ダウンロード

 

ダウンロードしたテンプレートのファイルを、自分の「WordPressワードプレス」に適用する方法は、ここでは割愛します。

抑えておくべきポイント

とっても便利で親切な「WordPressワードプレス」無料テンプレートですが、やはり何事も作法と注意点があります。

 

ある程度の知識とスキルが必要

 

テンプレートをさくっと差し替えるだけ!と書いてきましたが、正直言うと、初心者さんだと、なかなか「さくっと!」とはいかないと思います。

なので、ある程度の知識がある方向けということになると思います。この「ある程度」というのが、人により見解の分かれるところではあります。

あるいは、初心者の方は、とにもかくにも記事を書く事に集中して、テンプレートの着せ替えは、ちょこっと知識のあるお友達にお願いするのが、結果として近道かもしれないですね。

 

レスポンシブのものを選ぶべし

 

「レスポンシブ」とは、PC画面だけじゃなくて、スマホでもきちん見やすく、操作しやすく表示されるように、設計されるいるこということ。
ちょっと大ざっぱな説明ですが。

↓以下、過去に書いた記事です。

スマホでホームページを見るひとが50%超え。これからはホームページのスマホ対応が標準になるかも?

4/21からGoogle検索で、スマホ対応しているホームページが、優遇されるようになる。

 

上の記事を読んでいただけるとうれしいんですけど、これからはスマホ対応じゃないと話にならないと思います。

だってスマホでのインターネット閲覧率は、もうすでに50%を超えているのが普通ですから。

なので、無料テンプレートを選ぶにしても、「レスポンシブ」となっているものを選びましょう。

ということで、ちょっとひと手間はかかるかもしれないけど、クールなデザインが手に入る、無料テンプレートについて紹介させていただきました。

ただ、ひと手間かかるというのが、初心者さんには、けっこう高いハードルになると思います。

なのである程度の経験を積むまではやっぱり「Simplicity」を使うのが良いですね。

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。

自分で編集・更新できるホームページ50%OFFのモニター価格148,000円。5/31締切・先着10社。

新たにホームページを立ち上げたい方
現状のホームページに満足されていない方

自分で編集・更新できるホームページ
50%OFFのモニター特別価格で提供

先着10社様・5/31〆切・148,000円

2ヶ月間無料コンサルティング
+専門ライターが監修アドバイス
+集客セミナー6ヶ月間無料ご招待

http://shidenkai.jp/sl/180422homepagemonitor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。