どう見てもホームページにしか見えない、デザイン的にも機能的にも完成度の高いウェブサイトをWordPress用に設計された有料のテンプレート利用して立ち上げるという選択

自分自身で自由に更新できるホームページが欲しい

▼昨日書いたブログ記事はこちらです。

更新のたびに業者さんに頼むのはもうイヤ!自分自身で自由に更新できるホームページが欲しい!そんな声に応えることができる環境が整いつつある。

今日はこの続きになります。

最近になって複数の方々やルートで似通った要望を耳にすることが増えています。
それらを総合すると以下のような要望なんですね。

・大企業のような立派なホームページは必要無い。
・でもある程度の見た目のクオリティは必要だ。
・いかにも素人が作りました的なものではダメ。
・制作会社に毎回毎回内容の更新を依頼するスタイルはダメ。
・それでは時間のロスはもちろん、記事の鮮度も保てない。
・大枠のデザインまで触れる必要は無い。
・しかし記事の更新はぜひ自分自身の手で行いたい。

声を上げられている方々は、比較的小さな会社さんやお店やさんのオーナーの方々が中心です。

ボクのような自分自身がコンテンツであり、一種の商品とも言える場合は、ある意味ブログで十分だと思うんです。

しかし飲食店さんや物販の会社さんの場合はそうも言ってられない。
情報が固定的でかつユーザーや取引先から見られる頻度は少ないとしても、信用面や体面の問題でカチッとしたホームページが必要というシーンはボクも理解できますから。

しかし今の時代、ホームページの更新が必要になるたびに業者さんに更新を指示・依頼するなんて、ナンセンスとは言わないまでも、時代に沿わなくなってきてるのは事実だと思います。

ではどうすれば良いのか?
その答えはやはりWordPressにあるというのがボクの考えです。

WordPressはブログを作るだけのプログラムでは無い

一般的なとらえ方として、WordPressって無料ブログサービスに頼らずに、オリジナルでブログを立ち上げるためのプログだと思われていると思います。

そしてそれは決して間違いでは無いんですが、WordPressの一面だけを表しているんですね。結論から言うと、WordPressでバリバリのホームページあるいはウェブサイトを制作することができます。

少し予断になるのかもしれませんが、複数のクライアントさんと関わらせていただいた中で、クライアントさんが自分では更新することが一切できない旧来のホームページだと思っていたウェブサイトが、実はWordPressで制作されていて、クライアントさんはボクがお伝えするまで、そのことを知らされていなかったなんて事例も一つや二つではありません。

制作会社もホームページを制作する際にWordPressを利用するシーンがたくさんあるんです。
ここでは詳しくは触れませんが、簡単に言うと楽に早くホームページを作ることが出来るからです。

ということから、WordPressはブログを作るためのプログラムでは無く、さまざまなウェブサイトを制作するために非常に使い勝手の良いツールという風に認識するのが良いと思いますね。

ホームページにしか見えないデザイン性の高いWordPressテンプレートが存在する

ただ今回ボクがテーマとするのは、クライアントさん自身が自分自身で自由に編集・更新することのできるホームページを作ることですよね。
業者さんに作ってんもらうのでは無くてね。

それに対するボクなりの答えはこれです。

どう見てもいわゆるホームページにしか見えない、デザイン的にも機能的にも完成度の高いウェブサイトを、WordPress用に設計された有料のテンプレート利用して立ち上げる。

ということです。

同じような目的で設計された無料テンプレートももちろんあるんですよ。
でもねボク自身がいろいろと試してみた結果、プロの手を経るならもちろん十分過ぎる機能を発揮するんですが、一般の普通の方がタッチするには、やはりいろいろな面で問題が多い。

それならそんな周り道をせずに、それなりの費用はかかるけど、完成度の高い有料のテンプレートの利用をオススメしたいと思うんです。

完成度の高い有料テンプレートを使う

今回の目的に即した有料テンプレートは世間にたくさんあるんですが、その中でもボクが興味を惹かれたのは以下のサービスです。

tcd-navi_680x120

WordPressテーマ一覧 | ワードプレステーマTCD

さまざまな業種業態に対応したデザイン、機能をあらかじめ搭載されたテンプレートが多数用意されています。
プライスのほうも、1万円前後と内容からすると破格のプライスです。

▼例えば弁護士などの士業向けのテンプレートがこれ。

%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e7%94%a8

 

▼これは例えばインテリア等の物販のお店用のテンプレート。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2

 

上にあげた二つのテンプレートは、両方ともスマートフォン表示にあらかじめ対応しているものです。
この点は非常に重要なポイントです。

そしてどちらも、写真とテキストをダミーのものから、自分の会社やお店のものに差し替えるだけで、最短距離でウェブサイトを立ち上げることが可能です。

編集範囲に制約があって割り切りが必要

ただし、デザイン的には非常に洗練されているんですが、反面注意が必要な点もあります。
何もかもが自由自在というわけには行かないんですね。

それはデザイン的な完成度が高いのと引き換えに、デザインの変更に制約があることです。
写真やテキストは当然全て変更が可能ですが、そのレイアウトの自由度はあまり無いと思っていいですね。

一言で言えば決まったルールの中で編集しなければならないということです。
要するに「割り切り」が必要と言って良いと思います。

それが納得てきないならば、制作会社に依頼してWordPressベースでゼロベースからフルカスタムでウェブサイトを作るのが良いですね。

ただしその場合は費用はこの有料テンプレートの比ではありません。
おそらく安価であっても30万円とか50万円とか必要になってくると思います。

もちろんその費用負担が可能ならその方が良いと思います。
ただみんながみんなそれが可能なわけではありませんからね。

WordPressの経験が無いと現実的には独力では非常に困難

さてこんな魅力的な有料テンプレートですが、これを利用すれば誰でも自分で自由に編集・更新できるウェブサイトを立ち上げることができるのでしょうか?

結論から言うと残念ながらそれは無理です。
すでにWordPressでオリジナルブログを、自分であるいはボクのようなコーチの手を借りながら立ち上げた経験のある方は、それなりのトライアントエラーを経つつも、なんとか可能かもしれません。

でもその経験が無い場合は残念ながら無理ですね。

ではなぜ無理なのか?

答えは明日に続きます。

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。

自分で編集・更新できるホームページ50%OFFのモニター価格148,000円。5/31締切・先着10社。

新たにホームページを立ち上げたい方
現状のホームページに満足されていない方

自分で編集・更新できるホームページ
50%OFFのモニター特別価格で提供

先着10社様・5/31〆切・148,000円

2ヶ月間無料コンサルティング
+専門ライターが監修アドバイス
+集客セミナー6ヶ月間無料ご招待

http://shidenkai.jp/sl/180422homepagemonitor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。