WordPressワードプレスで分からないことが出てきた場合に対処すべき3つの対処方法

WordPressにカスタマーセンター(相談窓口)は存在しない

さて、今日のブログ記事は昨日の

WordPressワードプレスには営利企業のような正規のサポート窓口はありません。しかしちゃんと助け舟は用意されているから大丈夫。

の続きになります。

ざっくりまとまとめると、

WordPressは、企業が製品として販売しているアプリとは異なり、世界中の有志ボランティアが運営しているものなので、カスタマーセンターのような相談窓口は存在しない。

という内容でした。

ただ、企業の製品であろうと、ワードプレスのように無料で使えるオープンなアプリであろうと、導入する際や、いろいろ使っていくうちに、分からないことや聞きたいことが出てくるのは同じですよね。

なので今日は、WordPressを使う上で、分からないことが出できた時の対処方法を紹介します。

何はともあれ検索する

「何をいまさら」な感があるでしょう?

でもボクや皆さんの当たり前が、多くの人にとっての当たり前でないことが、世の中にはたくさんありますよね。

例えばですが過去にこんな質問を受けたことがあります。

Gmailを使いたいんだけど、Gmailが何なのかも、Gmailの使い方も、何もわからない!

実はこれはボクの姉ちゃんがボクに言ってきた質問です(笑)

「Gmail」を知っている、使いたい、と言ってる時点で、インターネットが使える環境であることが推測されます。

ならGoogleで「Gmail 使い方」って検索すれば、ざくざく情報が出てくるはずです。

でもね、初心者というか、初めの頃はみんなそうだったはず。もちろんボクだってそう。
何が分からないのかが分からない。

なので改めて書くと、

WordPressで何かわからないことがあれば、まず検索で調べて見る

と良いですね。

ボクの知人でちょうど良い例があるので紹介することにします。

「おっき~」さんという、ボクがインストラクターをさせてもらった「WordPress立ち上げセミナー」の受講者さんです。

WordPressで毎日ブログを書かれてるんです(最近はサボってるみたいです・・・)が、ある日のこと、風邪で熱があったとか、酔っ払ってたか、どちらかだったと思うんですが、一度書いて投稿した記事が、変なことになってたらしいです。

なんとか元を記事を復元させたいので、おそらく

「WordPress 投稿 復元」

とかで検索したんでしょう、ネットで情報を集めて見事に復元することができたもよう。

その経緯をブログで書かれてるので、良かったら参考に読んでみてください。面白いですよ(笑)

okimoto

「助けて〜!ブログが上書きされちゃった(´・_・`)」沖本優子(おっき〜)のブログ

以上、分からない事を検索して情報を集める好例でした。

検索で得た情報が使えるとは限らない

さて「何はともあれ検索する」ですが、実は良いことばかりでは無いが難儀なところです。

例えば考えられるのは

  • 良い情報も役に立たない情報も玉石混交している
  • 経験が浅いほど役に立たない情報の見分けがつかない
  • 情報が古くで使えないことが多々ある
  • 中には間違った情報も混ざってる

という感じでしょうか。

Googleの検索精度はどんどん上がってきているようで、役に立つ情報ほど検索結果の上位に、ダメな情報は下位に表示される、あるいは検索結果に表示されなくなってきていますね。

ただ検索結果上位の情報が必ずしも有用とは限らないのも事実なので、やはりいろいろ問題も多いです。

ということで、次の方法を紹介します。

「WordPressフォーラム」で質問する

ある意味「王道」です。

商業ベースの企業製品のようなカスタマーセンター(=相談窓口)ではありませんが、有志ボランティアで運営されるワードプレスらしく、やはりボランティア体制で運営されてる相談窓口が存在します。

アイキャッチ

WordPressフォーラム

世界規模のWordPressの運営組織が正式に設置してるコーナーであり、その意味では「公式」という事ができますね。

ます「WordPress.ORG」の会員登録を済ませてから、いわゆる質問掲示板のようなスタイルのフォーラムで質問することができます。

スタイルとしては「Yahoo!知恵袋」で質問するような感じです。
まあWordPressフォーラムとYahoo!知恵を同列にするのはどうかとは思いますが(笑)

要点をまとめてみると、

  • 質問に回答してくれるのもボランティアスタッフである。
  • 必ず質問に回答が付くとは限らない。
  • 基本善意による協力なので質問の権利を主張するのはお門違い。

というところ。

あとこれはボクの意見というか感想ですが、WordPressを使っていること自体、それなりのハードルを超えてきた人という雰囲気があって、あまりに基礎的、初歩的な質問はちょっとしにくい雰囲気があります(笑)

例えばGoogleで検索すれば簡単に見つかるような情報を、自分で取りに行く努力もせず安易に軽く質問なんかすると、相手にされないような予感がします(笑)

ボクはそんな質問をしたことが無いのでなんとも言えませんが・・・

というわけで、なんとなくなハードルの高さを感じるのは事実ですね。

 

↓ボクが過去にフォーラムで質問したときのことを書いた過去記事です。

WordPress/ワードプレスのフォーラムで助けられた話(後篇)「情けは人の為ならず」

 

↓ボクが実際にフォーラムで質問した時の「WordPressフォーラム」内のスレッドです。

WordPress フォーラム – カスタム投稿タイプでタームに属する記事の一覧を表示させたい。

まあこちらはマニアック過ぎて「なんのこっちゃ?」だとは思いますが。

以上、ワードプレスで分からないことが出てきた場合の対処方法でした。

身近に相談できる場があるのが本当は一番良いと思う

最後にほんとのことを言うと、身近に気軽に質問できる人がいれば一番良いと思います。
そしてボクの話で恐縮ですが、ボクが主宰させてもらってる「WordPressを一日で立ち上げるセミナー」を修了していただいた皆さんには、二通りの対応をさせていただいてるんです。

まず一つは、Facebook上でセミナー卒業生さんだけのメッセンジャーグループを用意させていただいて、質問が疑問、あるいは情報交換などなどをグループチャットで行っています。

そしてこのメッセンジャーグループでは、ボクも可能な範囲で回答やアドバイスをさせてもらってますし、卒業生さん同士での情報交換も活発ですよね。
まあ雑談モードになることもしょっちゅうですが(笑)

そしてもう一つは、不定期ではあるけれど、やはりセミナー卒業生さん対象に、リアルに集まっていただたいで、WordPressに関することであればどんなことでも質問や相談ができる会を開催させてもらってます。

今のところはまだテスト運用段階で、これからスタイルも変化していくかとは思います。
そして先日開催した大阪以外でも、東京とか名古屋とか沖縄とかでも開催できれば良いなと思ってるですよ。

↓先日の相談会のレポートを書いたブログです。

WordPress立ち上げセミナー卒業生向けフォローアップ講座開催しました

WordPress立ち上げセミナー卒業生向けフォローアップ講座のレポートを参加者さんがブログで書いてくれました

 

本日の記事は以上です。

セルフィー

WEB master Profile

金川豊
金川豊
(かながわ ゆたか)
WEBマーケティングコンサルタント。
有限会社紫電改 代表
中小企業・商店さんが自分自身で積極的に情報発信し、お客様との関係性を深めて商売繁盛につなげていくことを支援します。
それらを実現させるためにWordPressを活用して、自分で編集更新できるホームページおよびブログサイトの制作および自主制作のための講座を開催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。