こんな方におすすめします

集客についてこのような課題を持たれている方を想定しています。

集客にお金をかける余裕が無い方

集客にかけることのできる人手も時間も無い方

WEB集客に興味があってもやり方が分からず困っている方

いろいろやっては見たけど一過性で終わってしまった方

何かしら効果的な突破口を求めている方

・・・と、書いては見ましたが、小規模事業者さんはみんなあてはまるのではないでしょうか。

資金も人手も豊富で余裕のある大企業ならいざしらず、本業のご商売の業務のかたわら、雑用でもなんでもかんでも自分でやらなくちゃいけないのが、小規模事業者さんですものね。

当事者であり経験者である紫電改金川が言うんだから間違いありません。

 

前提としたいのは「3S主義」

だけど自分の時間と身を削ってがんばっても、いつまでもできるわけではないでしょう。
無理をして何かがあったら元もこうもありませんから。

なので紫電改金川が大切にしたいのが「3S主義」です。

Simple(シンプル)
商品・規模が最小限であること。

Small(スモール)
少人数・低コストであること。

Slow(スロー)
あまり忙しくないこと。

 

「大きく粗く」ではなく「小さく細かく」

「大きく粗く」は大企業のやり方

長らく集客マーケティング携わってきて、痛感することがあるんです。
それは大きく粗く集客する仕掛けは大企業のものだなあって。
それはWEBマーケティングの世界でもまったく同じだなと思うんですよ。

資金にモノをいわせて、WEB広告やいろんな仕掛けをして、狙ったターゲット層1000人にメッセージが届いたとします。
でもその中から最終的に成約にいたったのは5人だったりします。

リーチ1000人で成約5人だと、成約率0.5%ですね。
この数値でもけっこう高かったりしますよね。
ただこの0.5%成約のために相当な資金と労力がかかると思いませんか。

スモールビジネスのオーナーではなかなかできることではないし、かりに出来たとしてと資金的にも人的にも続きませんよね。
これが大企業のやり方だと思う所以なんです。

スモールビジネスは「小さく細かく」

ゆえに紫電改金川が提案したいのは「小さく細かく」です。

大企業が大きな網、しかし目の粗い網を投げて漁をするなら、ボクらは面積は小さいけれど目の細かい網でこじんまりと漁をしようということです。

大きな網で1000人に届くけど網の目が荒いので成約は5人=0.5%

小さな網で100人にしか届かないけど目が細かいので成約は2人=2%

紫電改が目指すのはこの小さな網です。
そしてこの網こそ小規模事業者のためのWEBマーケティングなんですね。

紫電改ではスモールビジネスのオーナーさんに向けて、「3S主義」を前提とした、WEBマーケティングのマンツーマンコンサルティングを行っています。

 

 

コンサルティングフィー

コース 概要 費用(税別)
毎月1回プラン ・毎月1回面談
・一回あたり2時間
・リアルミーティング(訪問または会場)
・ZOOM遠隔ミーティングも可能
50,000円
毎月2回プラン ・毎月2回面談
・一回あたり2時間
・リアルミーティング(訪問または会場)
・ZOOM遠隔ミーティングも可能
100,000円
オリジナルプラン ・内容に応じて柔軟に対応 相談の上

紫電改ができること