「形あるものはいつか壊れる」ブログだって同じこと。

WordPress/ワードプレス

FB

オール電化JP運営のブログサービスが消失!

昨日、とあるご縁でお知り合いにならせてもらった北川さんという方がいるんですよ。
北川さんは「ビジョン北川」という電気関係のお仕事をなさってるんですが、それについてはまたいつか詳しく書きたいなと思ってますので待っててくださいね。
さて、この北川さんに教えてもらったお話なんですが、あるブログサービスを利用していた、たくさん電気関係のお店や会社さんで、ブログが消失して大変なことになってるそうなんです。
アトム電器のメオ・マサユキさんという方が書いたブログがわかりやすいので引用させていただきますね。

オール電化JP(太陽電化JP)が事前告知無しで消失-運営会社(株)JEG倒産に伴い
太陽電化JP(旧オール電化JP)とは、町の電器屋さんやリフォーム施工店などが多数登録、店舗情報やブログ、口コミなどを閲覧できるポータルサイトでした。
それが昨日突然、サイトが消失しました。
オール電化JP
サイトのリード文にある「施工店登録数2700社以上」の通りですと、少なくとも2700の店舗情報、ブログが一度に消失したことになります。
町の電器屋さんの小さな販促実践委員会|アトム電器チェーン本部公式ブログ
http://ameblo.jp/atom-denki-meomasa/entry-12107916199.html

うーむ。滅茶苦茶ですね。
会社倒産とブログデータが置かれているサーバーの停止は、必ずしもイコールではないはずだと思うんです。
事前告知をするとか、移行期間を設けるとか。なんかとても悪質な感じがいたします。
と、同時に利用されたお店・会社さんも危機管理意識が足りんかったかなと思います。
率直に言ってそんな感じです、ごめんなさい。
だって運営会社が飛んじゃうことなんて、ぜんぜん想定の範囲だとボクは思うんですよ。
資本主義経済の中でやってる会社ですから。どんなに大きな会社でもぜんぜん普通に飛んじゃいますよね。
運営会社が提供していたブログサービスは、WordPressワードプレスのシステムを利用していたらしいので、自分でいくらでもバックアップを取ることができたはずです。
でもPCのデータのバックアップも同じようなもので、後で困ってから、バックアップを取っておけば助かった・・・と思うものなんですね。
まさに後悔先に立たずを地で行く感じですね。あ、これはボクの経験談です(苦笑)

インターネットやブログ関係での過去のデータ消失例

きっと一杯あると思うんですが、ボクが覚えている中で、目立つやつを幾つか思い出して見ることにします。

NTTデータ運営のDoblog(ドブログ)がデータ消失

NTTデータのブログサービス「Doblog(ドブログ)」が2009年5月30日でサービス終了
NTTの関連会社のNTTデータがやってた「Doblog(ドブログ)」でほとんどデータが飛んじゃった事件です。
けっきょくなんだかわからないままに、NTTデータは「Doblog(ドブログ)」のサービスを辞めちゃいました。
滅茶苦茶や・・・。

ファーストサーバーの大規模データ消失

ファーストサーバ障害、深刻化する大規模「データ消失」ヤフー子会社、クラウド時代の盲点を露呈
ファーストサーバはヤフーの子会社なんですけど、メンテナンス中にバックアップデータも含めて、大量のデータがぶっ飛んだ事件です。
上場企業なんかも利用してたらしく、けっこうな騒ぎになってました。結局データは復旧できなかったんじゃないかな。

これはボクの事例。ブログがサイバー攻撃を受けました。

ボクのブログサイトがサイバー攻撃されました!そして無事復旧。さすがエックスサーバー
先に紹介した社会的に影響が大きい事例にくらべると、あまりに小粒ですみません(笑)
でも、ある意味一番身近な事例かもしれませんよ。
ざっくり言うと、ボクのワードプレスを利用したブログに、悪意ある誰かが不正に侵入して、プログラムを書き換えられたという事件?です。
さいわい、エックスサーバーの親切なサポートのおかげで、最終的には復旧させることができました。よかった!
という感じで、なんか偉そうなことを言うようで申し訳ないんですけど、サービスが停止されたり、データが消失されたり、サイバー攻撃を受けるなんて、ぜんぜん普通にあるんです。
なので「ある」という前提であれこれ対策しといたほうが良いと思うんです。

ボクが取ってる対策はこんな感じ

7日間自動バックアップのエックスサーバー

ボクがブログサイトを置いているのは「エックスサーバー」というサーバーです。

  • サーバー領域は過去7日分を自動でバックアップ
  • MySQLデータベースは過去14日分を自動でバックアップ

なんのこっちゃですね(笑)要するにちゃんとバックアップしてくれてるということです。
もし、データとかが壊れたり、消えちゃったとしても、期間内なら元通りに復旧できます。
これはエックスサーバーに限ったことではなくて、最近こういうサービスは多いですよ。
でもエックスサーバーだって会社ですから、無くならないとは限らないですよね。

ワードプレスのデータを自分でバックアップ

なので、万一?千一?エックスサーバーが無くなっちゃっても良いように、ワードプレスブログのデータを自分自身で定期的にバックアップしています。
詳しい方法はややこしく、かつ長くなるので、ここでは書きません。
まあ、これだけやってれば、なんとかなるでしょ。

ボクの心面でのスタンス

ということで、障害の事例や、それに対処する方法なんかをいろいろ書いてみました。
でもね、書いた内容とちょっと相反する気もするんですが、最悪の場合でも、データが飛んでも、サーバー攻撃を受けて改ざんされまくったとしても、最終的にはどうにかなると思っています。
ボクが所有している独自ドメイン「Shidenkai.jp」は不変ですから。データが無くなっても、独自ドメイン「Shidenkai.jp」は無くならない。
あ、無くなったとしても、またなんとかしますけどね(笑)
それに過去記事データが無くなることは、確かに辛いことではあるけれど、最悪の状態ではない。
だって、また今日のブログを書けばいいだけですから。
過去記事のストックがどうだどか、SEO的にどうだとかはあるとは思いますけどね。でも今日のブログを書くことのほうが、100倍大事だと思います。
まあ今日書くブログがそんなスゴイ記事だとは思いませんが(笑)
仮にブログが全部飛んじゃって、なおかつバックアップもしてなかったら、やる段取りはこんな感じかな?
↓「Shidenkai.jp」にまた新たにワードプレスを入れる
↓新たに記事を書く。毎日。
↓FacebookやTwitterでシェアしてみんなにお知らせする。
↓みんなに読んでもらう。
↓以上繰り返し。
という感じです。ある意味簡単です(笑)
一番最初の話に戻ると、オール電化JPで被害にあった会社さんお店さんは、責任追求するもの大切なんだろうけど、アメブロ等の無料ブログサービスを利用するなり、独自ドメインでワードプレスを始めるなりして、またブログを書き始めると良いのではあるまいかと、外野ながら思うのであります。
ちょっと重い内容だったかなあ。でも大事なことだなあと思ったので。
ではでは。

コメント