小規模ビジネスの経営者さんにとってブログを書くことが関係性を深めるために必須だなと思う理由

ブログ

WEBマーケティングコンサルタントから進化します

こんにちは。WEB集客プロデューサーの金川です。
しばらくブログをお休みして充電させていただいてました。
というのは、ボク自身のお仕事の方向性を整理する作業を進めていまして、これまでのいわゆる「WEB屋さん」から脱却しようとしているんですよ。
といってももちろんWEBを重要な武器として活用していくことには変わりはありません。
ただ、もっともっと広い視野で、ボクのことを必要としてくださる皆さんを支援していくことを考えています。
ざっくり言うとこんな感じです。
(これまで)
WEBマーケティングコンサルタント
(これから)
WEBとリアル対人対面のマーケティングの良いとこ取りの集客ディレクター
ということです。
まあボク以外の方にとっては、どうでも良いことだと思います(笑)
しかし、ボク自身にとっては、立ち位置というか、アイデンティティというか、自分の向かう道を決めるという意味でとっても大事なことなんですね。
ただ「WEBとリアル対人対面のマーケティングの良いとこ取りの集客ディレクター」はあまりに長すぎてボケちゃうので、もうちょっと練って分かりやすく伝わりやすいものに、ぎゅっとしたいと継続審議中です。
このあたりのことは、また改めてしっかりお伝えせねばなるまいと思っています。
 
さて、今回のブログ記事のテーマは、

ボクのような小規模なビジネスオーナー、いわば「会社=自分=仕事」なスタンスな人の場合は、既存客さんと関係性を深め、見込客さんとの距離を縮めるために、ブログを継続して書くことが必須ですよ。

ということにフォーカスします。
ではなぜそう思ったかをボクの体験から紐解かせていただきますね。
 

Facebookとブログで初対面の出会いの予習と復習

ボクは初めての方とお会いする際には、前もってその方のFacebookを見させていただいて、その方のお仕事とか、モノの見方や考え方、普段のご様子なんかをざっくりと把握するようにしています。
あれこれ詮索するという意味ではなくて、前もってある程度知っておくことで、実際にお会いした時にスムーズにやりとりすることができますし、何より相手の方に興味が湧いてきて、距離が近くなるように感じるんですよ。
ただ、お仕事という面にフォーカスすると、Facebookではやはりぼんやりとした分かりませんし、中には全くお仕事に触れない方もおられるので、なおさらわかりにくいんです。
なので相手の方のお仕事そのものについて知りたい時は、その方のブログを探して見てみるようにしてるんです。
ビジネスオーナー、あるいはビジネスパーソンの方は、ご本業にフォーカスしたブログを書かれている割合が比較的多いですよね。
こうしてブログを読ませていただくと、その方がどんなお仕事をなさっていて、何を大切に思っていて、何を目指しているのかが明確にわかるので、とても助かるんです。
これは初めての方と会うにあたっての予習という意味だけではなくて、お会いした後にさらに詳しく知りたいと思った時の復習という意味でもとっても有効ですよね。
 

ブログやWEBサイトが無いとお手上げ

という思いがあって、まずは相手の方のFacebookを見させていただいて、その中で案内されているであろうブログへの入口を探します。
ブログをFacebookでシェアしたりとか、プロフィール欄にURLが書かれていないかとかです。
まあこの場合はブログに限らずで、その方がなさってるビジネスのWEBサイトでも良いですよね。
ただ残念ながらすべての方がブログを書かれているわけではありませんし、中にはWEBサイトへの糸口も分からない場合もあります。
この場合はもう完全にお手上げで、その方がどんな仕事をどんな思いでなさっているかは、実際にお会いして詳しくお話しを聞くまで何も分からないということになります。
 

ブログは全てのアクションのハブ(中心軸)

まあ、何が何でもブログやWEBサイトが必要かというと、そんなことは無いと思いますよ。
大きな会社にお勤めの方であるとか、ブログなんて書かなくても商売繁盛なさってる方もたくさんおられますし。
ただボクを例をとると、やはり思いのどこかの部分で共感共鳴できる方々に、ボクのことを知って欲しいと思うし、ボクがどんなことを大切に思って仕事をしているのか、どんな価値観で生きているのかを知ってもらいたいと思っているんです。
なのでボクの考えとしては、小規模なビジネスオーナーの方にとっては、ブログってとっても大切だと思いますね。
そしてこの考え方を表現するためのボクが名付けたのが、何を隠そうこの

ホームページ母艦理論

です。
ちなみにこの「ホームページ母艦理論」はボクの完全オリジナルです。
最初は「母艦とか言って分かってもらえるんかいな?」と思ってたんですが、思いのほか好評でして、ほっと安堵している次第です(笑)
 

全ての広報活動の中心軸としてホームページがあり、それぞれのアクションが密に連携して作用して、てんでバラバラに動くのではなく、点を線に、線を面にして効果的に活用しようという考え方です。
そしてその広い意味でのホームページの重要要素としてブログがあるんですよということですね。
今回はブログ自体にフォーカスして書いてみましたが、改めてホームページ母艦理論に考え方も解説させていただきますね。
 
それではまた次回をお楽しみに。