「営業の悪魔」に続いて「人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法」も凄かった。

閃王おすすめ本

先日、
「営業の悪魔」を読んでみた。「これは?!」と思わず唸る本物感。
で紹介した、「営業の悪魔」
ワタシ的に心の琴線にビシバシ響きました。
そして、ますます興味が湧いてきたので、著者・長谷川千波さんの、前の著作も読んでみることにしました。
人見知り社員がNo.1営業になれた-私の方法
人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法
結論から言うと、これまたナイスな本です。出会いに感謝。
世の中には、
「ダメなあなたでも、○○になれる!」
なんて、適当な本がゴロゴロしてますが、この本はそんなのとは、完全に一線を画してますね。
世の成功者の著作には、精神論的なこと、明らかにキレイゴト的なことが、書かれていることが結構多いです。
しかし、この本が教えてくれることは、徹底した技術であり、スキルであり、テクニックです。
でも、エンドユーザーに要らないモノを売りつけるような、ブラックなものではないので、安心してね。
本の全体を貫いている核心的な考え方は、
営業の成果を左右するのは、能力である。
ということ。
決して「向き不向き」ではなく、「能力」であると言っています。
「能力」は、努力と訓練で、向上させることができる。
そして訓練することで、誰もが再現できる「科学」であるということ。
うーむ、思わず唸らずにはおれらない内容だな。
かつて営業マン時代に、なかなか成果が出ずに苦しんでた頃に、この本に出合っていたら、かなり違っただろうなあ、なんてね。
だけど、そのころの未熟な自分には、響かなかったかもしれないなあ。
でも大丈夫。今役立てればイイんです。
ところで、この、
「営業は能力である」
という考え方に近いものに、以前ふれたことがあるなと思ったら、こちらでした。
常勝教育
常勝教育 原田隆史氏
常勝メンタル強化の技術 川阪正樹氏
ちなみにこのお二人は師弟関係です。
共通して貫かれている考え方は、
「成功は技術である」
技術であるがゆえに、正しいメソッドを実行することで、誰もが必ず再現できる。
だから、誰もが成功者になれる。
と、こんな感じです。
それにつけても、世の中には、ほんとに素晴らしい本があるものだなぁと、つくづく思いますね。
さ、読んでるだけじゃなくて、行動しなくちゃ。
 
vol.30

コメント