カメラを安く買えた分が全部飛んで行っちゃったけど問題無し。粉浜商店街でお買い物編。

ビジネス全般

昨日は、お目当てのカメラを、
一円でも安く。少しでも早く。
買うために、価格.comから始まって、いろいろ調べまくりました。
そして最終的には近隣のジョーシン電機で、買う事が出来ました。良かった!

1円でも安くカメラを買うために価格.comでいろいろ調べましたレポート。これは弱小零細家業の俺達が絶対乗ってはイケない土俵だな。

でもね、買って終わりじゃなかったんですね。
「いや~安くて早くて、ほんとイイ買い物をしたなあ。」
なんて感じで、上機嫌で家に戻る途中。
ふと思いついて、近所といえば近所の「粉浜商店街」によってみる事にしました。
この粉浜商店街は、今どきにしては珍しく、シャッター閉まってる率がとても低くて、なかなかに活気のある商店街なんだな。
そんな商売の空気に触れることは、とても勉強になりますしね。
まず立ち寄ったのは、明治43年創業の井川豆腐店。
豆腐店
おおさかめっけ:美味しい豆腐あります-井川とうふ店
地域では、けっこう有名なお店です。
これまで、必要も理由も無いので、買ったことなかったです。
でも、前を通ったら、なぜか欲しくなりました。
徳松豆腐
一丁350円します。高いと思うかどうかはアナタ次第(笑)
詳しくは書かないけど、出来上がるまでのあれこれを知ると、安いくらいじゃない?
あ、もうファン化してますね。
じゃんぼがんも
大きい「ひろうす」。大阪じゃ、「がんも」のことを「ひろうす」って言うんです。
直径10センチくらいあって、銀杏はじめ野菜がごろごろ入ってる。
次にふらりと立ち寄ったのは、韓国食材のお店。
韓流食材
ここのオモニが、私の押している自転車を見て、
「兄ちゃん、かっこエエのん乗ってるな!」
と声をかけてきはった。
気分がイイのと、旨そうだったので、チヂミを三枚購入。
最後は小さな惣菜店。
惣菜店
外から見てて、こじんまりとして、いい雰囲気を醸し出していたので、入ってみました。
手作り感全開で、とてもいい感じです。
大型スーパーの惣菜コーナーで、ずらりと整然とならんでいる惣菜とは、何かが違うね。
天ぷらも目の前で揚げてはるし、人の顔が見えることが、鍵なのかもしれないな。
で、最終的に、こんな感じ。
買い物
なかなかこんな人いませんよ(笑)
さて購入金額はというと

  • 豆腐屋さんで、1,700円。
  • オモニの店で、1,050円。
  • 惣菜店で、500円。
  • 合計で、3,250円。

カメラを安くかった分が全部飛んでいってますよ!
でもね。これでイイんです。
私はね、欲しくて買ったんですよ。
カメラを買ったのは、必要があって、買わなければいけなかったから。
おなかがすいたから、食べる。みたいな。
でも、商店街でのお買い物はそんなんじゃなかったです。
買わないといけない理由も必要も無かったしね。
でも、あんなことや、こんなことがあって、欲しくなって、買いたくなった。
あ、でもカメラも、欲しくなって買いたくなるパターンもありますね。
こんなところが、微妙なところなんだろうな~
とあるコンサルタントさんのブログで、ちょっと関係ありそうな記事を見つけたので、紹介しときます。
消費欲求人間には3種類の消費欲求がある。それを分けて考えること。
昨日の続きになるけど、やっぱり私ら「弱小零細家業」は、
「安い、早い、在庫、品数とかはさておき、
どうしてもアナタから買いたい。アナタに頼みたい。」
と言ってもらうように、ならんとイカンと確信しますよ。
そして、どうやって、それを実現するかが最大の問題だな。
vol.16

コメント