生命保険がどうこうじゃないんですよ。 大事なのは、その生命保険を、誰がお世話をしてくれるのか、ということでしょ。

ビジネス全般

昨日の記事、
セミナーコンテスト2015:二位の武田敏行は偉かった。生命保険の契約はそのプロセスこそが大事。
の後編です。
今回のセミナーコンテストで、見事2位を獲得した、武田敏行さん。
保険クリニック保険クリニック・くずは店
保険クリニックのFC店のオーナー兼プレーヤーをしていることから、さぞ順風満帆で来たんだろうと思いきや、やはり山あり谷ありだったようです。
というか、山あり谷ありのほうが、面白いですけどね(笑)
いろいろ聞くと下記のプロセスがあったそう。
↓外資系保険会社を退職
↓保険代理店でノウハウを蓄積
↓満を期して「保険クリニック」FCオーナーで開業。
↓けっこういい感じで推移。
↓同業店が徐々に近隣に進出。
↓パイの取り合いが始まる。
どんな業種でも起こり得ることが起こった感じです。
そして、対策として、キャッチ―な広告を出したり、いろいろ努力をされました。
しかし、広告を出したり、キャンペーンを張ったりしても、その時は一時的に成果は上がるものの、結果として一過性のものでした。
その時、彼は考えました。
もうお客様をターゲットと考えるのはやめよう。
友達や仲間を相手に対応するようにお客様に接するようにしよう。
ああ、この考え方、私の大好きな「エクスマ=エクスペリエンスマーケティング」そのものですよ。
エクスマすべての企業は「体験=エクスぺリエンス」を売っている
このように覚悟を決めてから、武田敏行さんのV字回復に向けての快進撃が開始されます。

  • まずはお客様の方を向く。
  • 緩~い投資セミナーを開催を通して、お客様をお仲間化。
  • ゴールドたけちゃんマンとしてデビュー。(詳細は割愛)
  • ゴールドたけちゃんマンがメディアに取り上げられる。
  • 子猫をねこ店長に任命。
  • 人生相談にもしっかり対応(笑)
  • 婚活セミナーも近々に開催予定。

150330生命保険2 ゴールドたけちゃんマンCDAmazon:ゴールドたけちゃんマンのテーマ
ほんとはもっと、イロイロあるんだろうけど、だいたいこんな感じで、来店数倍増、成約件数3倍(だったかな?)で文字通り、V字回復を遂げたそうです。
そして、なにより印象的だったのは、話をする武田敏行さんが、とても楽しそうだったこと。
そうですよね、仕事って本来は、めちゃくちゃ楽しいもののはずですよね。
さらに私のとって、印象的だったのが、セミナーコンテストに出場する武田敏行さんを、応援すべく全国各地から集結した、「保険クリニック」FC店の皆さんがたです。
コンテスト後の懇親会で、じっくりお話を聞く時間をいただいたんですが、みなさん、ブレない軸をしっかりもっている方ばかりで驚きました。

  • 保険の販売だけで終わる気はない。
  • ファイナンシャルプランナーとしてお客さまの人生を支えて行きたい。
  • 自分のもつ投資のノウハウでお客様に貢献したい。
  • お客様と直接関われるプレーヤーを全うしたい。
  • そのためにはもっともっと勉強しなくちゃ。
  • そのためには70歳まで現役でいられるように健康を維持しなくちゃ。

などなど、もの凄く熱くて、そして意識が高いんですね。
実は私のすぐ近くにも、生命保険のトップセールスマンが二人います。
この二人、ビジネスの勉強仲間なんですけど、最近じゃ、勉強のというより、もう友人という感じですね。歳はぜんぜん違うんですが。
そして、武田敏行さんや、保険クリニックFC店の皆さんに、負けず劣らず、熱く、そして強固な軸を持っています。
これらのことを通して、私自身はっきり確信したことがあります。
生命保険がどうこうじゃないんですよ。
大事なのは、その生命保険を、誰がお世話をしてくれるのか。ということ。
どんなことでもそうなんだけど、最後にものを言うのは「ひと」ですね。
そんな「ひと」に自分もならないとね。

コメント