何をしているのかを正しく伝えることが販促や集客以前にやるべきことだなと納得

WordPress/ワードプレス

まずはどんなことをしてるか認識してくれればありがたい

先日3月4日のブログで、ワードプレス立ち上げセミナーの案内をさせてもらいました。
↓この記事ですね。

大阪3月12日開催「WordPressワードプレスを一日で立ち上げるセミナー」直前情報

肉食系マーケティングはダメ
簡単な案内をさせてはもらったものの、しっかりPRして集客をするつもりはあまり無いんです。
もちろん、もしかしたら参加表明される方も一人くらいはいはるかもしれないな、とは少しは思ってるので、PRのつもりがゼロということではないですけどね(笑)
とりあえずボクを知ってるくれてる方々が、「ふーん、こんなことしてはるんやね~」くらいに認識してくれれば嬉しいな、くらいです。
とりあえずそうやって認識してくれて、なおかつその人にワードプレスが必要な時がくれば、ボクのことを思いだしてくれるとイイな、役に立てる事もあるだろなと思ってるんですよ。
ワードプレスに限らず、ボクの仕事上のPRのスタンスはこんな感じです。
そして上のブログ記事をアップした後、ちょっと気付きを感じたことがあったのでシェアすることにいたします。

ボクのPRのスタンスについて先輩からコメントをもらう

上をワードプレスセミナーの記事をブログにアップして、そしてそれをFacebookでシェアしたところ、エクスペリエンス・マーケティングの先輩のお一人から、こんなコメントをもらいました。

先輩:ヒラメキングやるね〜♪
ボク:はい!ガツガツすることなくガンバります♪
先輩:肉食系マーケティングにならないようにね〜(笑)
ボク:はい。肝に命じます!

なんか我ながら面白いですね(笑)
この先輩は、エクスペリエンスマーケティングの考え方をベースにして、販促やマーケティングのコンサルティングをなさっている方なんです。
そしてビジネスのスタンスや方向性において、こんな風にやっていきたいな、がんばりたいなと思ってボクが見ている何人かの先輩のうちのお一人なんですね。
そしてFacebookでいただいたコメントを見させてもらって、あらためて「さすがだな」と思った次第です。
さすがだなと心に届いたのは、

肉食系マーケティングにならないように

という部分なんです。

肉食系マーケティングってどんなもの?

もちろん「肉食系マーケティング」という正式な名称があるわけでは無いですよ(笑)
ただ何となく分かってもらえると思いますが、ようするに「ガツガツ」と食らいついていく感じの販促や集客のスタンスのことを言っています。
例えば

  • この商品・サービスはこんなにスゴイんですよ!
  • ボクはこんなにスゴイ人なんですよ!
  • 他より安いんですよ!今しか買えませんよ!
  • だから来て!買って!

という感じでしょうか。まあ他にもいろんなバージョンがあるとは思いますが。
そんな販促や集客の方法を見て、ボクがいつも思うのは
知らんがな。そんなもん。
のひと言です。すみません。
ボクは人一倍天邪鬼(あまのじゃく)なせいか、ぐいぐい来られるとイヤになってしまうんです。
お店で商品を探していたり、いろいろ見比べている時に、店員さんが寄って来るとすぐ出て行きたくなります(笑)
ようするに放っておいて欲しいんです。自分なりに色々みて、調べて、検討して、自分の意思で決めたいんですよ。
そして分からない事があったり、聞きたいことがあればボクのほうから聞きに行きますから。
まあボクの場合はちょっと極端かもしれないけど、誰でも大なり小なりそんなことありますよね。
そんなこんなで「肉食系マーケティング」をまとめてみると、お客さんの利益よりも何よりも先に、売り手の売上や利益を最優先する販促や集客の手法や考え方ということができると思います。

知らず知らずに「肉食系マーケティング」をしてしまうことがある

こんなことを書いているボクですが、知らず知らずのうちに?「肉食系マーケティング」に傾いてしますこともあります。
仕事をしている以上やはり売上って大事じゃないですか。そしてよく考えないで結果を求めると「肉食系マーケティング」に走ってしまいますよね。
そして関連して以前の自分の行動をふと思いだしました。
もうずいぶん以前のことですが、「ホームページ作りませんか?」と言って商店街で飛び込み営業をしてみたり。結果は惨敗でした(笑)
今にして思えば、よくあんなことやったな・・・(遠い目)
またこれも一年以上前のことですが、ビジネスマッチングを目的に、異業種交流会みたいなところに顔を出してみたこともあります。
これも参加されてる人はみんな同じようにガツガツした人が多くて楽しくなかったです(笑)
どちらも、ひと言でいうと「売りたい!」「自分!」という気持ちがバレバレというところでしょうか。

「信頼に基づく関係性の大切さ」がちょっとだけ分かってきました

今のボクにはリスペクトしている方々がたくさんいるんです。
エクスペリエンス・マーケティングの先輩もいれば、そうじゃない方々もいろいろ。
そんな皆さんが言われていることは、表現方法はいろいろありますが、根底に流れている軸の部分はみなさん完全に共通されています。

  • 先に出すからこそ帰ってくる。
  • 相手の役に立つからこそ呼んでもらえる。
  • 売ることよりも、信頼してもらうことが先。
  • まずは自分のことを知ってもらわないと始まらない。

まだまだあるんですが、まずはボクが腑に落ちているのはこのくらいかな。
人によっては「何をキレイ事言うてるねん!」と怒る人もいると思います。そんな遠回りしてられるかみたいな。
でもね、ボクはまだまだこれからなんですけど「絶対コレやな!」と思ってます。
遠回りどころか、結果的にこの考え方が近道だと思ってるです。
これからもこんなスタンスで楽しんで頑張っていこうと思ってるんですよ。
そして、間違って無かったね、結果的に近道だったねと、言ってもらえるよう、自分でも確信できるよう、結果を出していきたいなと思うんですよ。
 

コメント