請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」を使うことで請求・回収が劇的に楽になる。フリーランスや個人事業主にオススメ。

ビジネス全般

とっても煩わしい売上管理の業務

会社やお店を運営されてる方ならほとんどの方はわかってもらえると思うんですが、パソコンで経理を管理するために、会計ソフトって使いますよね。
有名どころだと、弥生会計とか会計王とか勘定奉行とかですかね。
そしてこの会計ソフトの兄弟姉妹みたいな存在の販売管理ソフトというのがあるんです。
売上の計上、納品書の発行、請求書の発行、売掛金の管理、回収の記帳とかそんなことをあれこれします。
弥生販売
あ、販売だけじゃなくて同時並行で仕入れ管理もこれらのソフトでするんですよ。
かつてボクがネットショップを運営していたころは、毎日の売上件数もそれなりのボリュームがあったので、弥生の販売管理版ソフトである「弥生販売」というソフトを使って毎日、毎月の売上と仕入れの管理をしていました。
販売そのものの仕事は楽しかったですけど、この販売管理系の仕事は楽しく無いというか、もう義務感でやってた気がしますね。だってつまんないですもの。
ただ数年前にネットショップ事業をたたんだ後は、毎日大量の売上や仕入れを管理することも無くなりましたし、弥生からのあれこれオプションサービスの売り込みが鬱陶しいので、弥生販売を使うこと自体をやめちゃいました。
今させていただいているデザイン系あるいはマーケティング系のお仕事では、ちょっとしか仕入れはありませんし、売上も毎日立つわけではないので、管理は表計算ソフトのExcelでやりくりすることもできるほど。
ネットショップ当時の膨大な量の伝票をさばいていたことがウソのよう。懐かしくはありませんが(笑)
なのでExcelで管理して、レイアウトソフトのイラストレーターで納品書や請求書を作って、なんてことをしばらくやってました。
今にして思えば、よくあんなバラバラなことをしてたなと、自分でもあきれてしまいます。
だって見積もりから始まって、最終的に回収が終わるまでの間に、Excel、Eメール、イラストレーター、会計ソフトという感じで、いろんなソフトをやりくりするんです。
そしてそれぞれのデータは全くひも付けされて無くて、というよりひも付けのしようもないので、どうしてもたまに忘れちゃったり、ミスがあったりもしました。
まあ要らない苦労してたなと思います。遠回りと言ってもいいくらい。

請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」

でもね、昨年からのボクは違いますよ!ぼくの悩みをまるごと解決してくれるサービスを見つけてしまいましたからね。
それがこれ。
misoca
請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」
結論から言うと、小規模事業者やフリーランスで仕事をしている人はみーんなこの「Misoca(ミソカ)」を使うと良いんじゃないかなとボクは思います。
できることをざっとおおまかに箇条書きで上げてみますね。

  • 見積書の発行
  • 納品書の発行
  • 請求書の自動作成
  • 回収後の消しこみ

これらの一連の仕事を完全にシームレスに連動して行うことができます。
例えば一つの仕事の案件がスタートしたとして見積書の発行から最終的に回収が終わるまで、一つのデータとして完全に追っかけることができます。
こうすることで、相手先と言った言わないで揉めることもありませんし、忘れてしまうこともありません。

「Misoca」はクラウドサービスでインストール不要

他の販売管理ソフトなんかだと、ソフトをパソコンにインストールする必要があったりします。
それに対して「Misoca」はクラウドサービスでして、インターネット上の「Misoca」のウェブサイトで入力作業を行うので、ソフトのインストールとか要りません。
またクラウドサービスでありがゆえに、「Misoca」のウェブサイトにアクセスできればどのパソコンでも作業ができます。
また納品書や請求書をPDFで発行できまして、驚くことに「Misoca」の管理画面上で指示することで、そのま請求書などのPDFをメール送信することまでできてしまいます。
まあ、ボクはFacebookのメッセンジャーでPDFを添付して送付するので、メール送信機能は使ってないですけどね。
もうただただ便利でめっちゃ助かってます。
そして驚くべきことに全て無料です。

有料のオプションサービスが「Misoca」の利益の源泉

普通というか一般的にというか、こんな高機能のサービスの場合、フロントエンド(客寄せ?)として無料で使わせておいて、ここから先の機能やサービスを使いたい場合は有料コースになる、なんてことが多いですよね。
でもボクが調べた限りでは「Misoca」にそれはありません。機能制限とか有料コースとかありません。
「Misoca」のサービス自体で利益を出す気が無いようです。
では「Misoca」の運営会社はどのようにして利益を生み出しているかというと、「Misoca」をさらに有効活用することができる有料のオプションサービスが利益の源泉なんだと思います。
というか「Misoca」自身が自分でそう言っていますので。
有料のオプションサービスをざっくりあげると

  • 請求書の郵送代行:180円/1通
  • 見積書のFAX送信:60円/1通
  • Misocaペイメント
  • Misoca回収保証
  • PayPal決済機能
  • 口座振替サービス

とかですね。
今のところどのサービスもボクには必要無いので関係ありません。
でも先々は「口座振替サービス」なんかは、月々の保守契約費とか顧問料とかで使うことがあるかもしれない。
一件からでもサービスを使うことができるそうなので便利ですよね。

テンプレート変更で請求書のビジュアルを変えることができる

というように「Misoca」から1円も貰っていませんし貰える見込みも無いにも関わらず、「Misoca」の良さをお伝えしているボクです。
なんでかと言いますと、めっちゃ助かってますし、事業スタイルがなんだか好きなんですよね。
そして最後に「Misoca」のボクが気に入っているところをもうひとつだけ。
請求書のテンプレートが復数ありまして、請求書の見栄えを変更することができるんですよ。
↓これがテンプレート集ですね。
テンプレート
↓そしてテンプレートを適用して例。カワイイですね(笑)
ISEYA
まあ業務の本質には関係ないですけど、こういうのってなんだか楽しいじゃないですか。
というわけで請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」の紹介でした。
 
Misoca小

コメント