応援してくれる99人と足を引っ張る難儀な1人。なのに声ばかり大きい足を引っ張ろうとするたった1人の外野の人に心を掻き乱されるてはいけない。

SNS

ボクの力を必要としていない人になんと言われようと関係無い

今日のブログは半年ほど前に書いた記事にちょっとだけ手を加えたリバイルブログです。
リバイバルのことをコピペなどという心無い(笑)言い方もありますが、良いモノは何度でも繰り返し投稿しても大丈夫。
だって最近出会った大切な方々は過去のボクのブログを、なかなか見ることができませんから、ちゃんとリバイバルしてお伝えせねばならぬのです。
でもね、なぜこの記事をリバイバルすることにしたのかというと、ちゃんとしたワケがあるんですよ。
具体的なことはちょっと書きにくいけど、ボクの力を必要としている方々にはボクはできうる限りのことをさせていただきたいです。
まあボクの力と言ってもたいしたことないんですけどね(笑)
逆にボクの力を必要としていない人にボクはなんと言われようと関係無いです。
そして関係無い方々の言葉はそれこそ気にしない。
なんだか偉そうなことを書いて申し訳ないんですが、けっこう本気だったりします。
そうすることがボクに良くしてくださる方々に対する礼儀だと思うからです。
というようなことを考えさせられることが最近あったので、この記事をリバイルすることにしたのでした。前置きが長くてすみません(笑)

声ばかりは大きいけど足を引っ張ろうとするたった1人の外野の人に心を掻き乱される

日々仕事をしている中で、こんな経験ってありませんか?
忙しい中にあっても充実しつつ、良いお客さんたちと接しつつ、充実した楽しい一日だなあと思ってたのに、終業間際に突然やってきて無理難題をぶつけてくる難儀な人につかまって、ああ何という日だ!と感じてみたり。
せっかくの1日が台無しだ!
みたいな。
また違う例で言うと、
既存客さんと関係を深めたり、新規客さんが来店のハードルが下がればイイなと思って、仕事に関することをブログで情報は発信しているのに、知らない人から、わけのわからないコメントが入ったり、電話やメールで情報を聞き出そうとする人がいたりして、ブログを書くモチベーションが激しく低下したり。
何のためにブログ書いてるんかわからんようになった!(悲)
みたいな。
例えば100人の来店客さんや、ブログ読者がいるとすれば、実際のところは、
声には出さずに静かに応援してくれている99人のお馴染みさん。
声ばかりは大きいけど足を引っ張ろうとするたった1人の外野の人。
そんな構成なんじゃないかなと思うんですよ。
 
99-1
 
でも、その難儀な1人の外野の人物は、声もアクションも大きくてよく目立つので、ふだん気の良い人たちと接している分、心をかき乱されがちですし、理屈では分かっているつもりでも、どうしても心が消耗しますよね。にんげんだもの。みつを。
こういうのってどうしたらいいのかなあ。

泥が混じってしまったオレンジジュース

オレンジジュース
 
先日ミーティングしてきた東大阪のバイク屋さん、モーターサイクルショップ・ニュートンの高橋店長が、なんだか心に刺さる印象的な話を聞かせてくれました。

こんな話があってね。というよりボクの創作なんだけどね。
とてもおいしいオレンジジュースがあるんだけど、なにかのはずみで泥がほんの少しだけ中に入ってしまった。
ほんの少しの泥だけど、このオレンジジュースを飲む気にはならないよね。混っちゃってるものね。
声だけは大きい難儀な人物に引っ張られて、落ち込んだり、傷ついたりするのはこれと同じことだよね。
でもね、実際にはビンに入ったオレンジジュースが100本あって、そのうちの一本だけなぜかフタが開いていて、そこに泥が入っちゃっただけ。
のこりの99本はぜんぜん大丈夫だよね。
なのにアウトな一本に気を取られて、全部が悪いように錯覚してしまうんだよね。
これって、声には出さずに静かに応援してくれているお馴染みさんにとっても失礼だよね。
by ニュートン店長 高橋信也

 
いつもはとぼけた良い味を醸し出している高橋店長ですが、この日ばかりは思わずリスペクトせずにはおられない、不思議なオーラを放っていたことをここに証言させていただく次第です。
ボクの心に届きました。ありがとう。

感覚的にはたぶん、99対1くらいじゃないかな?いやもっと少ないかも。

実はボクも今朝、はからずも?同じようなことをツイッターでツイートしました。

声には出さずに静かに応援してくれている99人のお馴染みさん。
声ばかりは大きいけど足を引っ張ろうとする1人の外野の人。
その1人の外野はよく目立つので、心をかき乱されがちだどれど、ほんとに目を向けるべきは、99人のお馴染みさんだと思う。

 
自分自身に反省すべ点があるのなら、当然反省して改善するのは当然だけど、そうではない場合、あきらかに無理難題や理不尽な場合は、もうそんな人は相手にしないで、放っておいたら良いんじゃないかなと思います。違うかな?
だいたい、応援してくれているお馴染みさんの方を向いて仕事をしていると、そんな難儀な人たちの相手をするヒマなんて、ほんとはないかもしれませんね。
というわけで、自分のことを好きになってもらう発信や行動をしっかりした上で、自分のことを好きでいてくれる人と付き合いたいなと思ったボクでした。
プライベートはもちろんお仕事でもね。
 
tenchou2
 

コメント