今まで仕事に追いかけ回されていたボクが、今は仕事を追いかけ回すようになったのにはワケがある。それは15分一コマのタスクリストを使うようになったから。もちろん例外あり(笑)

ビジネス全般

ボクの仕事の仕方に大きな影響を与えてくれたリスト

昨日までの三日間、めっちゃ突き詰めてWordPressに向き合ったブログを書きまして、少々WordPress疲れが出ているボクです(笑)
なので今日はWordPressから完全に離れさせていただき、最近ボクの仕事の仕方に大きな影響、それもかなり良い影響を与えてくれてる小技がありますので、それを紹介させていただこうと思うんですよ。
もちろん「この方法でやるべし!」なんて上からの話ではなくて、ボク的にこんなふうにやったら良かったよー!というフレンドリーなお話と受け止めてくれると幸いです。
具体的にどんなことなのかというと、実はありふれたモノでして、簡単に言うと「やることリスト」を活用するということですね。
まあ、ちょっとしたコツがあるんですけどね。

名付けて「タスクリスト」そのまんまです

まずは画像をご覧くだされ。
▼全体的にはこんな感じ。
%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%881
▼拡大するとこんな感じ。
%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%882
これは実際に今朝ボクが作ったもので、時間の推移とともに続々と下に項目が追加されて行きます。
ボクはこれのことを「タスクリスト」と読んでいます。
そう。タスクリストってそのまんまですね(笑)
内容をよそ様に見られてたらマズイんじゃないか?と一瞬考えたんですが、すべての項目が抽象的でして、ボク以外の人が見たって内容は分からないか、わかったところでなんのメリットも無いということに気付きまして、そのまま公表させていただく次第です。

仕事を15分のコマに分解して一つづつやっつける

さきに触れた「ちょっとしたコツ」ですが、1から30までの各項目に15分できる仕事、あるいは15分でやる仕事を当てはめるんですよ。
そのまま15分で終わりそうな仕事ならそれはそのまま書けばいいですよね。
でも15分で終わる仕事ばかりではないのは当たり前ですね。
なので1時間かかりそうな仕事なら、4つに分解して15分✕4コマにするんです。
また大きめのプロジェクトで何日もかかりそうなヤツだったら、今日やる分はここまで!と決めて、それをまた15分のコマに分解します。
まあもちろんそんな決めた通りに出来るワケも無いので、そのへんは良い意味で適当にやってます。
このやり方をするようになってから、今までは大きな岩や山に見えて足がすくんだり、手が止まったり、思考停止してしまうような案件とかでも、コツコツと切り崩してまあまあ確実に前進することができるようになりました。
そして一コマ15分なので、今日のタスクリストを例にとると、1から28までタスクが埋まってますよね。
15分✕28コマ=420分=7時間
ということになります。
なんだ7時間かと思ってしまいますが、休憩もするだろうし、ご飯も食べなくちゃいけません。
それに予定通りにコトが進むことなんて稀ですから、なんだかんだで7時間をタスクを実行するのに10時間とか12時間とか普通にかかっちゃいますよ。
なのでざっくりイメージですが、一日の仕事時間はこのタスクリストの通り、
15分✕30コマ=450分≒8時間
くらいが良いところじゃないかなあ。

予定通りに行かなくて当たり前。紙に手で書くことに意味がある

きっとね、これを見た人のうちの何割かは、

こんなの机上の空論でこんな予定通りにコトが進むわけないやん!

と否定的に考えると思うんですよ。
そしてその通りだとボクも思います。予定通りに行くわけないやん(笑)
でもね、それで良いんです。それで十分なんです。
予定があるからこそ、予定通りに行かないということが出てくるんだとボクは考えています。
それに誰しもこんな風に紙に書くことはしなくても、脳内ではあれこれ段取りを考えて仕事するでしょう?
以前のボクも脳内だけで段取りを考えたり、PCでタスクリストを管理したり、ときにはノートにやることリストを書いたりしてました。
そんなボク自身の経験を踏まえて言うと、ボクは絶対こうやって紙に手書きで書いたほうが圧倒的に仕事がはかどります。あくまでボクはね。

これまでとは逆に仕事を追いかけ回してる感じ

この方式を実行するようになってから今日でおおよそ二ヶ月、60日間になりますが、仕事を終わらせる効率が圧倒的に向上したことを身をもって感じますね。
その理由の一つはやはり一コマが15分であるということ。
プロジェクト一つ、あるいは案件一つを終わらせるというのは、そうそう簡単なものではないですよね。
でも15分のタスクは終わらせることが絶対にできる。
だって15分間とにかく集中して取り組めば必ず15分の仕事は終わりますから。
もちろん例外はありますけどね。
ボクはね、これまでずーっとね、仕事に追いかけ回されているように感じていたんです。
でもねこの15分タスクリストで仕事をコントロールするようになってから、仕事に追いかけ回されるんじゃなくて、逆に仕事を追いかけ回している気持ちがするんです。
15分の仕事を終わらせるたびに、項目を一つ潰すのか気持ちいいです。
仕事してる実感も感じますし、今日もオレって仕事がんばってるやん!という自画自賛な快感ももれなくセットで付いてきますよ。

なぜあなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

ではこんなナイスなティップスをボクが自分が編み出したのかというと、そんなワケがありません(笑)
▼下の過去記事でもまた違ったティップスを紹介してますね。
ボクにとって13時に「ちゅら芦屋」に行くということは、すなわち12時半にJR芦屋駅のマクドナルドにいるということと同義。ちょっとカッコよく書きすぎか?
160915
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である |Amazon
この本に書いてるあるティップスでして、ボクはただ書かれてある通りにやってみただけ。
ただ上の過去記事にも書いたんですが、最近ではほとんどビジネス書を読まない、あるいはビジネス書を読んでも

「どれもこれも書いてあること同じやん(苦笑)」

と言い放つことの多いボクでさえ、思わず唸っちゃう気付きをたくだんボクにくれた稀有な本なんです。
というわけで良いことを知って、仕事がはかどって良かったぜ!というお話でした。
さーてブログも書けたことだし、またチェックしなきゃね(笑)
本日は以上です。

コメント