GWに天保山まで家族でサイクリング。使ったお金は二千円(笑)

自転車サイクリング

世間はゴールデンウイーク一色ですが。

 

世間は押しなべて、絶賛ゴールデンウイーク真っ最中ですねえ。

帰省や旅行で遠方におでかけの方もいれば、仕事でそれどこじゃないよーという方もいて、人生いろいろです。

という我が家は、私自身が、平日も休日も無い!、というより平日でも平気で遊んでいるような人(笑)ですので、ゴールデンウイーク、あんまり関係ないです。

どこ行っても混んでるだろうし、子供たちも部活で忙しくて、遊んでくれないしね(笑)

そんな中、昨日は、珍しくみんなの休みが合ったので、きゅうきょサイクリングにGO!ということになりました。

 

今回のサイクリングは天保山へ

 

天保山って、みんな知ってますか?

諸説あるけれど、日本で一番低い山として有名な天保山ですよ。ちなみに標高「4.53m」とのこと。

これでも山って言えるのか?と思うけど、国土地理院に正式に認定されてるようなので、れっきとした山なんでしょう。面白いからいいんじゃない?(笑)

我が家がある西成区天神ノ森から、天保山までは距離にして、おおよそ10km、往復だと20kmだね。

クルマだと、ほんのすぐ近くなんだけど、自転車だとそれなりに走りごたえがあります。

私みたいに普段から自転車に乗りまくってる人はいいとして、そうじゃない人にとっては、20km走るって、そこそこ覚悟がいるよね。

それに後で書きますが、標高50mの巨大な橋を二つ超えないといけないので、そこそこシンドイです(笑)

 

巨大な橋を二つ渡っていくぞ!

 

まずは最初の関門です。

 

↓西成区と大正区を結ぶ「千本松大橋」。

千本松大橋

写真を撮り忘れたので、ウィキペデイアからお借りしました。

今回は渡ったけど、並行して無料の渡船も運行しているので、しんどい人はそれに乗ると良いよ。

 

↓次の関門は、大正区と港区を結ぶ「なみはや大橋」。

なみはや大橋1なみはや2

ここは渡船は無いので、自力で渡るしかないね。

でもね、登ってみると分かるけど、もの凄くナイスな景色!こんなところ、他にはないと思うよ。

また夜景がスバラシイんですよ。一度夜に渡ってきなよ(笑)

 

天保山に着きました。

 

まずは大阪湾へ突き出した『中央突堤」へ。

中央突堤

昨日は、海がけっこう荒れてて、波が高くてワイルドな感じだった!
遠くに南港のWTCとかが見えて、なかなかの風情だよ。
近場なのに、非日常感がたくさんでナイス♪

 

↓海遊館がすぐそこに。

海遊館

でも激混みに違いないので、当然パス(笑)

 

↓天保山渡船に乗船します!

天保山渡船

天保山とUSJのある桜島を結ぶ無料の渡船です、大阪市が運航してくれてます。

桜島に着いても、降りる事なく天保山に向かいます。
これは天保山が基点だからできることで、桜島側からだと、次の便を待たないと帰れないよ。

ほんの数分の乗船だけど、船の乗るということだけで、盛り上がりますなっ!

 

↓天保山最後の思い出は、台湾テイストのカキ氷を食します。
カキ氷
雪花の郷

ここのカキ氷ね、ウチの子供たちから絶賛です。ふわふわでタマラナイらしい。
私は別にこだわりがないので、水餃子を食べました。正直旨いです。

 

今回のメインイベントはこんな感じかな?
その後、来た道を折り返して、無事家に帰ることができました。よかった♪

 

↓今回のルート

天保山ルート

天神ノ森~天保山 – ルートラボ – LatLongLab

 

この記事を書いていて、ふと気づいたんだけど、お金を使ったのは、「雪花の郷」でのカキ氷と水餃子のお代だけ。
全部で二千円くらいだよ?安いねー。

 

自転車があると、そんなお金を使わないても、十分楽しめることを再確認してしまったなあ。
ま、毎回だとクレーム必至だとは思うけど(笑)

 

というわけで、かなりナイスな休日を過ごせたよという報告でした。おしまい。

コメント