Wordワードでチラシを作る vol.7:文字と文章はテキストボックスを使ってレイアウトする

印刷デザイン

文字と文章を自由自在にレイトアウトできるナイスな方法

ほとんどの人が自分のパソコンに入れていると思うWordを使って、自分の手でチラシを作る企画の7回目になります。
当初はだいたい10回くらいで完結するかなと思っていたんですが、今の感じだとどうも10回では終わりそうもありませぬ。
「なんとなくこんな感じで」というスタンスなら、適当に流せばいいのかなと思うんですが、どうせならこのシリーズ企画を見た人が、自力でしっかりデザインできるようになって欲しいなと思うんです。
なので引き続き、詳しい目の記事作りを心がける次第です。
今の感じだと14回くらいで完結しそうだなと思っております。たぶん(笑)
今回はチラシをデザインするにあたって、タイトルや見出し、説明文などなどを表現する際の文字や文章の扱い方を解説させていただきますね。
「Wordワードでチラシを作る」記事一覧

Wordの普通の使い方を見てみる

まずはWordを使って文字や文章を表現する際のスタンダードな使い方を見てみることにしましょう。
↓だいたいこんな使い方ですよね。
ワード通常
以前の回でも触れましたが、ワードの基本機能である「行」と「段落」のルールの内で、文章を入力して画像を挿入する方法です。
お手紙やレポートを書くのならこれで良いんですが、チラシをデザインするとなると、正直お話になりません。
そしてこれが
マイクロソフト・ワードでチラシを作る vol.5:「行」と「段落」のルールを無視する
につながるわけです。

キャンバスにテキストボックスを挿入する

では具体的にどうするかと言いますと、「テキストボックス」を使うんです。
順を追って進めていきますね。
テキストボックス挿入
上の図の通り、メニューバーからたどってテキストボックスを挿入します。
メニュー > 挿入 > 図形 > テキストボックス
という流れです。
そして挿入したテキストボックスに文字や文章を入力したり流しこんだりします。
テキストボックス
 
またこのテキストボックスは、図形や画像と同じように、「前面」にレイアウトすることで、「行」と「段落」のルールから外れて、自由自在に位置を動かすことができます。
もちろんコピーアンドペーストも可能ですよ。
テキストボックスをコピペ
 

テキストボックスのデザインを変更する

テキストボックスを作成したことによって、文字や文章を自由にレイアウトすることができるようになりました。
でもこのままでは味気ないので、テキストボックスのデザインを変更してみましょうね。
デザインを変更するテキストボックスの上で右クリックします。
するとこんなサブメニューが出てきますよ。
簡易書式設定
サブメニューの一番上に簡単なデザイン変更メニューがありますね。このメニューでテキストボックスのボックス部分のデザイン変更ができます。
そしてサブメニューの一番下の「図形の書式設定」をクリックすると、新たに「図形の書式設定」メニューが出てきて、より詳細なデザイン変更が可能になります。
図の書式設定
いろんな設定項目があって、ここでは全部は説明できないので、いろいろ試してみてくださいね。なかなか面白いです。
↓試しにボクがいろいろデザイン変更してみた例です。
テキストボックスデザイン
ちょっとやり過ぎですね(笑)
ということでテキストボックスの基本的な使い方は以上です。
この方法を知るだけでもずいぶんとデザインの幅が広がりますし、何よりデザインしていて楽しいと思います。
今回の基本的なテキストボックスの使い方を踏まえて、次回はよりレベルの高い方法をお伝えしますね。
「Wordワードでチラシを作る」記事一覧

コメント