Wordワードでチラシを作る vol.11:編集画面と印刷プレビューが異なる不具合に注意する

印刷デザイン

テクニック的な内容は今回で最後ですよ

ほとんどの人が自分のパソコンに入れていると思うマイクロソフトWordを使って、自分の手でチラシを作る企画の11回目です。
長きにわたって連載してきたこのシリーズですが、Wordの操作とかテクニック的な内容は今回で最後になります。長かったー(笑)
もちろん、あれやこれやを書き出せばいくらでも書くことはあるんですが、それを言い出すとキリがないですからね。
まずは中途半端でも不完全でも良いですから、実践することが何よりも大切だと思うボクです。
次回からはWordで作ったチラシ原稿を、適切な最終処理を施して、オフセット印刷をすべくネット印刷サービスに出稿する具体的な方法を書いていく予定です。
では早速始めましょう。
「Wordワードでチラシを作る」記事一覧

Wordには編集画面と印刷プレビューが異なる不具合がある

先に残念なことをお知らせすることにします。といっても大したことではないんですが(笑)
それは何かというと、
Wordは編集画面と実際の印刷結果が異なる場合がある
ということです。
言ってみれば、いわゆる「バグ」と言って良いと思います。別の言い方をすると「不具合」でしょうか。
ではどんな不具合があるのかを見ていきましょうね。

編集画面と印刷プレビューが一致している場合

まずは編集画面と印刷プレビューが正しく一致している場合の例を見てみます。
「印刷プレビューとは何か?」については、後ほど詳しく説明しますので、ここでは一旦スルーして下さいね。
↓編集画面です。
編集画面正しい
以前の記事で解説したとおり、Wordの行と段落のルールを解除して、図形およびテキストボックスを、A4キャンバス上を自由にレイアウトできる設定にしてあります。
そして分かりやすいように、あえて左上スミにレイアウトしてみました。
↓印刷プレビューです。
プレビュー正しい
図形とテキストボックスが上の編集画面と全く同じに見えますね。
まあこの状態が当たり前と言えば当たりまえなんですけどね。

編集画面と印刷プレビューが一致せず不具合が出ている場合

次は編集画面と印刷プレビューの見え方が異なっている例を見ていただきます。
↓編集画面です。
編集画面バグ
不具合が出るのが分かりやすいように、A4キャンバスからワザとはみ出させてレイアウトしてみました。
デザイン的にあえてこのようなレイアウトする場合ももちろんありますし、背景などをバックに敷くときには、A4キャンバスから多少はみ出させるのは、ぜんぜん普通のことですからね。
↓そして印刷プレビューです。
プレビューバグ
明らかに編集画面での見え方と違ってますね。
「楽勉」のロゴはA4キャンバスに残してあるはずなのに、印刷プレビューではロゴがキャンバスの外にはみ出して見切れてしまっています。

編集画面と印刷プレビューが異なることの注意点

ボク自身でWordを使ってみて気付いた不具合は以上の通りです。
ネット上でも少し調べてみましたが、やはり同じ不具合が多々報告されているようで、ある意味Wordの「仕様」と言っていいのかもしれません。
ボクが気づいた感じでは、図形をA4キャンバスからはみ出させてデザインした時に不具合が発生するみたいですね。
そしてそのはみ出し量が多ければ多いほど、それに比例してレイアウトの崩れがひどくなるように思います。
なのでWordでデザインとレイアウトを行う時は、なるべくキャンバスからはみ出すことのないようにすると良いと思います。
ただ先にも書いたように、背景を敷いたりするときには、少しはみ出させないと、印刷後裁断の際に白く見きれるおそれがあります。
なので少しだけはみ出させた上で、印刷プレビューで確認しつつデザインすると良いですね。

印刷プレビューの使い方

まず「印刷プレビュー」というのは、Word編集画面で編集した内容が、プリンターで印刷したり、PDF化したりした場合に、どんな風になるのかをあらかじめシミュレーションして見せてくれる機能です。
あくまでシミュレーションなので、本当の印刷結果が必ず再現されるというわけでは無いと思いますが、やらないよりはやったほうが良いですよね。
では具体的に印刷プレビューの使い方を見ていきます。
↓まずは編集画面メニューバーの「ファイル」をクリックします。
ファイルボタン
↓次にファイルメニューの中の「印刷」をクリック。
印刷ボタン
↓印刷プレビュー画面が表示されました。
プレビュー画面
プリンターの部分には普段標準に指定しているプリンターが表示されていると思います。
この状態だと、その標準指定のプリンターの仕様が反映されて、ボクの場合だとキャンバスの周囲に余白がついていますね。
普通にプリンターで印刷するならこれで良いですし、またプリンターの設定で「余白なし」にできるプリンターもありますので、このままで大丈夫なんです。
でも今回行うのはオフセット印刷に出す前提での原稿作成なので、少し設定を変更します。
↓プリンターの一覧を表示させて、
Microsoft Xps Document Writer
を指定します。
XPS
↓「MicrosoftXps Document Writer」が標準のプリンターに指定されました。
XPS反映
キャンバスの周囲にあった余白がなくなりました。
ちなみに「MicrosoftXps Document Writer」というのは、誤解をおそれずに言うと「PDF」のようなものと考えてください。
ただあまり詳しく知る必要も無いのでここでは詳細説明はスルーさせていただきますね。
以上が印刷プレビューの使い方でした。
このプロセスを実行することで、せっかくデザインしたチラシが出来上がってみたら、思っていたのと違っていてがっかりということになる確率が大幅に減ると思いますよ。
ここまでがWordでチラシを作るためのテクニック面での説明は終わりです。
お疲れ様でした。
 

コメント