LCC格安航空会社のおかげで沖縄は東京よりも近くなった

おでかけあれこれ

エクスペリエンス・マーケティングを集中的に学ぶことを目的とする、エクスマ塾in沖縄に参加するために、昨夜から沖縄・那覇に来ています。
全四回の編成でほぼひと月毎に開催されるので、まわりの皆さんからは、
また沖縄に行くの?!大変だねー!
と良く言われます。確かに沖縄ってとっても遠く感じるし、費用的にも相当なものだと思いますよね。
 
でも結論から言うと、時間的にも費用的にも、大阪から東京へ行くよりも圧倒的に負担は軽いです。
だいたいな感じでは、大阪から名古屋に行くような感じではないでしょうか?
もちろん数年前まではそうではありませんでしたよね。じゃ何が変わったのかというと、LCC格安航空会社のおかげです。
大阪~那覇間のLCCの料金を話すと、ほとんどの方がとても驚かれますね。
なので今回は、過去に投稿したLCCについて解説した記事を、リライトしてお伝えすることにしますね。
 
 

LCCの便が一覧で見やすい「さくらトラベル」

LCCエルシーシーというのは、格安航空会社のこと。
「LCC」で検索すれば、いろんな情報がいっぱい出てきますが、いっぱい有り過ぎてよくわからなかたりします。
また、便を探すことができるホームページもいっぱいあるんだけど、見にくかったり、分かりにくかったりで、いろいろなんです。
なので、あくまで私の経験上、ここが良いよ!というホームページをご紹介しますね。
 
↓それがここ。
さくらトラベル
さくらトラベル
簡単に言うと、HISエイチアイエスとかと同じ旅行代理店と言えばいいのかな?
ただ、思うに、LCCチケット販売に超特化してる感じですよ。
 
では早速シミュレーションしてみましょう。
↓希望の便を探しましょう。出発日、出発日、到着地を検索してね。
今回は5月26日出発、大阪発、那覇行きでやってみます。
便を検索
 
他社だと、関空にするか、神戸のするかしかないんだけど、「大阪すべて」という選択肢があるのが、とってもありがたいんです。どっちも行けますから。
↓すると、こんな風に、時間が早い順に、LCC各社の便が一覧で、ずらずら~っと表示されます。
あ、LCCだけじゃなく、JALやANAも一緒に出てますね。値段の差がいっそうくっきりしますよ。
 
便一覧
 
とても分かりやすいですね。
それにしても値段の幅が凄まじいですよね。
 
↓今回はこの関空発ジェットスター便を選んでみます。
ジェットスター選択
7,290円。超安いですけど、以前乗った便は4,900円だったりします。
 
↓希望の便をクリックすると、こんなページが現れます。
便選択
スマホ用表示にしときました。見やすいので。
 
あれれ?料金が、10,180円になってますね。
10,180円ー7,290円=2,890円
この2,890円がさくらトラベルの手配手数料なんですよ。
細かいところでは、ちょっと違うかもしれないけど、それは許してね。
10,180円でも十分安価なんだけど、2,890円の手数料がちょっともったいないような気もします。
気にならない太っ腹な人は、さくらトラベルで予約してあげてくださいね。
 

実際の航空券予約はLCCのホームページで

↓ジェットスターのホームページに行きます。
あ、今回はジェットスターの便を選びましたが、便によって、それぞれのLCC会社に置き換えてくださいね。
 
ジェットスターホーム
 
 
さきほどの条件を入力します。
↓結果はこんな感じ。
ジェットスター
同じく見やすいのでスマホ画面にしてみました。
ね、もともとの金額の、7,290円になってるでしょ。
2,890円節約できてよかったですね。
 
ただ、これって、便の表示が一覧になってて見やすいから、さくらトラべルのホームページを見ているだけなので、さくらトラベルさん的にはおもしろくないですよね。
なので、いつまでも、こんな感じでできるかどうかは、わからないなあ。
 

LCCにも注意点がいろいろある

とても安価でありがたいLCCだけど、いいことばかりではありません。
あくまでも私的に気づいたことを書いてみます。
 

  • 機内食とかのサービスが無い。または有料。
  • 荷物を預けるのが有料で制限もキビシイ。
  • フライトがキャンセルされることがある。
  • 欠航しても代替手段とかは無い。
  • 予約キャンセルできない。あるいはキャンセル料高い。

 
という感じですかね。他にもあったらすみません。間違っててもご容赦ください。
ただ、全部分かって利用する分には、無問題ですよね。
予定あるのに欠航されるのは困りますが仕方がない。それがLCCですから。
 
という感じでLCCの利用方法を伝授させていただきました。
 

コメント