Facebookで距離を置きたい相手に自分の投稿を見せないようにする方法

SNS

ボクのクライアントさんが少々困っていることを解決するため

こんにちは。WEBマーケッターの金川です。
今日のブログは普段とは少々おもむきを変えて特別編でお送りします。
具体的には「Facebook」のある使い方について解説します。
何が特別編なのかというと、ボクはこのブログで書く方向性というか、方針と言うか、ちょっとしたコダワリを持っているんです。
それはあまりノウハウやティップス(コツや豆知識など)なんかは書かないでおこうということです。
だってやり方や方法論とかって、Googleで調べればいくらでも見つけることができますよね。
まあ書いてあるそれがホントに正しいのかどうかが不明なのが悩ましくはありますが。
なのでそんな調べれば分かることを、いまさらボクがブログに書いたってあんまり意味無いなあと思うんですよ。
それよりかは、ボクの中にある考え方や、ボク自身が経験したことを通して感じたことなんかをブログに書けると良いなあなんて思うわけです。
でも今回は特別なんです。
それはボクのクライアントさんが少々困っていることがあって、それに対するボクなりの回答をお伝えする必要があるというのが発端です。
と同時にそのクライアントさんが困っていることは、きっと他にも困っている人がいるだろうなあと。
それはボクの他のクライアントさんもそうだろうし、全然知らないだれかかもしれない。
でも人様の役に立つなら、たまにはノウハウ・ティップスもブログに書いていいんじゃないと思い立ちました。
ということでブログ特別編のスタートです。
 

「うむむ…」な人との距離感が悩ましい

ボクのクライアントさんのある悩みとはこれなんですよ。

Facebook友達の中に「うむむ…」な人がいる。
「うむむ…」な人なだけに、その人に自分の投稿を見られたくない。
でも友達解除やブロッグは、相手にそれと知れて大いに角が立ちそうなので、やりたくないし出来ない。
友達解除やブロッグもせず、相手に何かを感じ取られること無く、自分の投稿を相手に見せない方法がないか?

ということなんですね。わかります。
 
今でこそボクも

付き合いたくない相手と無理に付き合ったって仕方ない。
誰もかれにも好かれる必要なんて無いし、そんなのそもそもムリ。
Facebook友達とリアル友達は必ずしもイコールでは無い(当たり前)
シンドい相手に時間を使うよりも、ちゃんと向き合いたい人に時間やパワーを使いたい(とうぜん)

なんてことを、普通(でもないか)に言えるようになってきましたが、以前からそうだったわけではありませんしね。
その方の置かれている立場や環境やものごとの捉え方や、その方のステージやタイミングによって、いろいろあるのは当たり前だと思うんです。
みんながみんな強いわけじゃないですしね。そういうボクだって時と場合によっては十分ヨワヨワです(笑)
というわけで本題に移りたいと思います。

スマホ限定の使い方です

そうそう、先にお伝えしておきますと、Facebookの仕組みとか見え方ってイロイロなんです。
なので、前提として下の条件や環境をお伝えしておきますね。

  • スマホ、特にiPhoneでの操作を想定しています。
  • PCではだいぶんと方法が違います。PCはまた別の機会に。
  • Androidでは多少見え方や扱い方が変わるかもしれません。
  • いろんな方法はあるんだろうけど、まず今回は最短距離でできる方法をお伝えします。
  • Facebookってしょっちゅう仕様が変わるので「今はこう」という感じでとらえてください。

よろしくお願いします。
 

「うむむ…」な人物に自分の投稿を見せない方法

さて「うむむ…」な人物?の登場です。
何を隠そう、その人物とは「ばいきんまん」です(笑)
まずはFacebookで「ばいきんまん」を呼び出してくださいね。
 

 
「ばいきんまん」が出てきました。
注目するのは4つ並んでいる中で一番左の「友達」ボタンをクリックします。
「フォロー中」のボタンもある使いみちがあるんですが、それはまた別の期間にね。
 

 
「少し距離を置きたい場合」をクリックします。
 

「ばいきんまんに表示されるコンテンツを制限」が表示されます。
「オプション表示」をクリックします。
 

「ばいきんまんに自分の投稿を表示しない」にチェックを入れます。
そして下の「保存する」をクリック。
 

「ばいきんまんに表示されるコンテンツを制限」の上にある錠のマークというかイラストというかがありますよね。
これが上の図の通りグレーになってたら制限が有効なしるしです。
もうこれで、ばいきんまんはあなたの投稿を見ることができません。
逆に錠のマークが青い彩りになっていたら、制限されてなくて、ばいきんまんはあなたの投稿を見ることができる状態です。
なのでグレーになってるか確認してくださいね。
 

Facebookの使い方って奥深い

今回は、「うむむ…」な人に自分の投稿を見られないようにする方法をフォーカスしました。
さらに今回は触れないでおきますが、他にもこんな方法が用意されていますよ。

  • 「うむむ…」な人の投稿を見たくない。
  • 「うむむ…」な人の投稿が自分のタイムラインに出てくる頻度を減らす。
  • 「うむむ…」な人の投稿を見に行けば見れるけど、見に行かないかぎりはタイムラインに出てこないようにする。

などなど。
こうやって考えると、Facebookの使い方って奥深いですよね。
ほんといろんな方法が用意されています。
上手に使えばお仕事にもいろいろ役立ちますよ。もちろんごりごりの商売や売り込みは嫌われますけどね。
ということで、ボクのクライアントさんの課題解決に一役買うことでできて嬉しいです。
いつかまたFacebook関係の記事を書きますね。