高級フレンチは作れないけど、美味しいきつねうどんを作ろう

ビジネス全般

スゴい人やモノを見ると自分を小さく感じてしまいがち

ホームページと印刷のデザインの仕事をしている私ですが、勉強のためであったり、情報収集のためであったりで、よそ様のホームページやチラシなんかを、意識的に見るようにしています。
 
自分が作るホームページのデザインは、これまでの経験とか蓄積とかの、自分の中にある引き出しの中身で作ります。
全くのゼロから、何かが閃いたり、降ってきたりすることは無いと思います。いや閃いたと思うことはありますが、たぶん気のせいです。
外部から入ってきた情報と、自分の中にある何かが結びついて、「閃いた!」と思うんだと思います。
 
なので、そのためにもよそ様のデザインを見たり、研究したりすることが欠かせないんですね。
ただ、よそ様のものを見たりすると、すごく凹んだりしかねないので、注意が必要なんです。
 
大企業の最新の技術やテクニックを駆使した、すごくカッコ良くて、機能的にもスゴいホームページとか。
真似しようと思う以前に、技術的に真似することができなさそうな気がしたり。
 
スゴイデザイン01
 
規模の大小を問わず、いかにも若いセンスあふれる、非常にクールなデザインで作られたホームページとか。
ああ、このデザインを作るセンスは無いなあとか。真似しようと思えばできないことも無いけどみたいな。
 
スゴイデザイン02
 
スゴい人たちがいるもんだなあ、自分って全然まだまだだなあ、という感じで自分を小さく見てしまいがちなんですよね。
でもね、がんばって成長しようと思うなら良いんだけど、自分はダメだなあと凹んでいても、良いことなんて何もないよと私は思います。
 

高級フレンチは作れないけど、美味しいきつねうどんを作ろう

フレンチ
 
私にオファーをくださるクライアントさんは、現在のところほぼ100%中小企業さんであったり、小規模商店さんです。
なぜなら、そういう方々のご商売をホームページや印刷物を通して、バックアップすることが楽しいから。
そして現場の最前線で頑張られている方ばかりで、そんな人たちが好きなんですよ。
 
そして、そんなクライアントさんたちが求めておられるのは、最先端のデザインや技術やテクニックでは無いです。
逆にベタで、ローテクでも良いから、現場で今日明日役に立つ販促物や仕組みなんです。
 
そういうことに対しては、日々勉強しつつではあるけれど、とにかく私でもがんばれば、何とか役に立つことができる自信があります。
いわば、高級なフレンチなんかはとっても作れないけれど、美味しい!と言ってもらえる、きつねうどんは作ることができるということ。
 
そして高級フレンチではなく、旨いきつねうどんが食べたい人が確実に存在するということなんです。
 
きつねうどん
 
ただ、ここで外してはいけないのが、あくまで「美味しい」きつねうどんであること。マズいきつねうどんを出し続けているようであれば、それはもう退場するしかありませんね。
 
言い方を変えると、遠くに見えているぼんやりとしたモノを追いかけるよりも、目の間にハッキリと見えているモノに全力で取り組もうといういうこと。
だから私はこれからも、中小企業さん、小規模事業者さんの、ホームページや販促物をがんばって作りつづけるのです。
もちろん新しい技術やデザインやテクニックもしっかり勉強しますよ。
 

コメント