Amazonの「Fireタブレット」を買ったよ!レポート

インターネット全般

世の子供たちがサンタさんからのクリスマスプレゼントを楽しみにしていたクリスマスイブの夜、ボクもクリスマスプレゼントをいただくことが出来ました。
もちろん自分で手配したんですけどね。
そのプレゼントこそ今日のブログで紹介する「Fireタブレット」なんです。

二台目のタブレット「Fireタブレット」

さて「Fireタブレット」ですが、これはAmazon自身が開発・販売しているタブレット端末なんです。
fireAmazon:Fire タブレット 8GB、ブラック
通常販売価格は8,980円ですが、Amazonプライム会員だと割引がありまして、45%引きの4,980円で購入できました。
ちょっと普通では考えられない価格設定ですね。
8,980円でも驚きの価格ですが、4,980円ですからね。もちろんAmazonの戦略的価格設定ということなんでしょう。
ただね、実は我が家にはすでに一台タブレット端末があるんですよ。
今年の春にDocomoショップでタダでもらった「dtab」というAndroid系のタブレットです。
けっこう重宝してるんですけど、「Fireタブレット」は「dtab」とはまた違った使い方ができそうなので、買うことにしました。
4,980円という値段も決め手ですよね。これが二万円とかするんだったらきっと買わなかっただろうなあ。
↓左が「Fireタブレット」、右が「dtab」です。見た目は似たようなもの。
tab
 
↓ちなみ「dtab」のサイトはこちら。
NTTドコモ:docomo dtab d-01G
dtab
 

これまでのタブレットの使い方

いままで使ってきた「Dtab」ですが、誤解を恐れずに言うと、電話が出来なくて画面がでっかいAndroidスマホと言えばいいかな。
逆の言い方をすると、Androidスマホで出来ることが全部できて、なおかつ大きなモニターで見やすいです。
GooglePLAYでアプリを追加でインストールできますしね。
性能的にはぜんぜん大したことないんですが、WiFi専用機で回線契約とかのヒモ付きじゃ無いのと、いつでもぱぱっと使えて便利なんです。
使い方は、

  • インターネットを見る
  • FacebookやLINEなどのSNS
  • 電子書籍を読む(ほぼKindle)
  • YouTube動画を見る

くらいですかね。
面白いことに、タブレットが我が家に来てから、リビングに置いてあるノートパソコンの出番が激減しました。
というよりほとんど使われなくなって、ホコリをかぶっています(笑)
まあリビングのパソコンで、仕事っぽい使い方はしないからね。年賀状の住所録管理くらいでしょうか。
というわけでなかなかに便利に使っていたんですよ。

Fireタブレットについて

さて今回買った「Fireタブレット」の紹介を簡単にしますね。
買って手元に来てから気付いたんですが(笑)「Fireタブレット」はAndroidではありません。
もちろんiOSのはずもなく、Amazon独自のオペレーションシステムを使っています。
なので、Google Playや、iTunesで希望のアプリをダウンロードするとかできません。
Amazonが用意している「アプリストア」でアプリをダウンロードできるみたいですが、品揃えの次元が違うような気がいたします。
でも「使えない!」とはボクは全然思わないんです。なぜなら、Androidやアップルのタブレットとは全く使い方が違うからです。
あくまでボク個人の見解ですが、「Fireタブレット」は「Amazonプライム」を使い倒すためのAmazon専用タブレット端末だと考えているからです。
以上さらっと紹介しましたけど、さらに詳しく知りたい方は「Fireタブレット」で検索すれば、なんぼでも情報が拾えるので、ご自分で調べてくださいね。

ボクのFireタブレットの使い方

目立つところではこんな感じです。

  • Kindle電子書籍を読む
  • Amazonビデオ(有料かつ安価)
  • Amazonプライムビデオ(無料)
  • Amazonミュージック(無料)
  • FBなどSNS
  • インターネット(YouTubeも)

という感じ。
あとは、映画をタブレットにダウンロードしておいて、インターネットに繋がっていなくても、見ることができるとかもできますね。
長距離ドライブの時にお子様に「クレヨンしんちゃん」を見てもらうとかできそう。
もちろんAndroidのタブレットでも出来ることばかりなんだけど、Amazonプライムユーザーに特化して設計されてるので、すぱすぱ簡単にアクセスして使うことができます。
やっぱり便利なモノは良いですね。

Fireタブレットに不向きな人

Amazonプライム会員ではない、これからも会員になる気がない人には、使う意味が無いと思います。
先述と重複しますが、アプリをいろいろ追加していろんな事をしたいというのもダメですね。
パソコンの代わりに使いたいというのも無理っぽいです。いろいろ制約がありますから。
やはり「Amazonプライムを使い倒してナンボ」といったところでしょうか。
 
以上、Fireタブレットの導入レポートでした。
また気付いたことが出てくれば続編を書くかもしれませんよ。
 

コメント