モバイルルーター&格安SIM探しの旅その4:「ぷららモバイルLTE」は激遅で使い物にならない

インターネット全般

前回までの振り返り「ぷららモバイルLTE」を契約

全国のどんなところででもセミナーやワークショップを開催できるように、多人数で同時に使えるモバイルルーターを持つことを決意したボクの人柱レポートの4回目です。
前回までの内容を要約すると、

  • モバイルルーターを自前で用意するためにAmazonで購入。
  • データ量無制限のキャリアを見つけて格安SIMをゲットする。
  • 検討の結果「ぷららモバイルLTE」を選択して契約。

こということですね。
↓詳しくは過去記事をご覧下さいね。
モバイルルーター&格安SIM探しの旅:記事一覧

「ぷららモバイルLTE」のサービス内容

ほぼ全ての条件をクリアしたかに思えた「ぷららモバイルLTE」です。
ぷらら
ぷららモバイルLTE|ぷらら
定額無制限プラン
データ使い放題
回線速度3Mbps
2,980円/月
初期費用3,000円。
初月無料。
翌月から2,980円。
二年縛りとかも無くていつでも解約可能(無料期間は解約だめ)
素晴らしいですね。ほんとにこの通りだったら。
でも現実はそんなに甘くはありませんでした・・・

「ぷららモバイルLTE」は使い物にならない激遅さ

「ぷららモバイルLTE」を選び、インターネットで契約申し込みを済ませた三日後に、「ぷらら」から格安SIMがクロネコ宅急便で送られてきました。
そしてさっそくSIMカードをすでに手元にあるモバイルルーターに挿しこんで、取扱説明書をにらみながら設定を済ませます。
難しいかな?つまずかないかな?とちょっと心配だったんですが、取扱説明書の通りにやったら特に問題もなくスムーズに設定できました。
そしてワクワクしながらパソコンでインターネットに接続してみます。
・・・・。
結論は、まったく使い物になりません。
その理由は何かというと、遅いんです。ちょっと遅いではありません。使い物にならない遅さなんです。
それではどの程度遅いのか解説させていただきますね。

「ぷららモバイルLTE」をスピードテストにかける

ボクがいつも回線速度のチェックに利用しているUSENでテストしてみます。
スピードテスト
USEN スピードテスト | 回線速度・通信速度測定
比較対象が無いと分からないと思いますので、いくつか用意してみました。

↓大阪産業創造館パソコン実習室の有線LANです。

産創館
平日午後8時ごろのデータです。マックスブログ塾のワーク中に測定しました(笑)
すみません。
まるで条件が違うので比較対象としてはおかしいんですが、まあネタとしてね。
それにしてもさすがの速度です。

↓ボクのアトリエのフレッツ光のテスト結果です

フレッツ
午後8時の計測です。夜は混むので遅いんです。
お昼だと調子の良い時で23Mbpsとか出るときもあります。

↓Docomoテザリングのテスト結果です

テザリング
めっちゃ速い。ボクのアトリエのフレッツ光より速い。
こちらも午後8時ごろの測定です。
さすがDocomo。

↓最後に「ぷららモバイルLTE」

ぷらら
もうコメントする気にもなりません。
他と同じく午後8時ごろの測定ですが、平日の14時ごろにテストしてみても、同じような結果でした。

結論「ぷららモバイルLTE」は激遅過ぎて使えない

いろいろな情報を調べてみた結果、普通にインターネットでホームページをストレスなく見ることができる境界線は、1Mbpsなんだそうです。
アプリや動画データなんかをダウンロードするとかなら、速ければ速いほど良いようですが、ホームページを普通に見る分には、1Mbpsの速度があれば問題ないらしいです。
その意味では上の例では「ぷららモバイルLTE」以外は全て合格ですよね。
しかし「ぷららモバイルLTE」はあまりにひどい。
そもそもUSENスピードテスト自体も、何度かトライしてやっとテストできたくらいでして、そもそもあまりに遅すぎてテスト自体ができない有様です。
そして一般的なホームページも表示されるまでにとてつもない時間がかかります。そして同じく接続自体ができないこともしばしば。
日中なら少しはマシなのかもしれませんが、それでもボクはビジネスユースで使い気には一切なりません。
セミナーやワークショップで使うには、あまりにリスキーすぎる。というかそもそも使えない。

ネット上でも酷評されていることが判明

ボクがモバイルルーターと格安SIMについての情報源として、とても高く評価させてもらってる、とある情報サイトでも、やはり「ぷららモバイルLTE」が遅いことが書かれていました。まあ書かれている状況よりもボクの状況のほうがより悪いですが。
ぷららモバイルLTEの評価と他の格安SIMとの比較とネットの評判の詳細
http://kakuyasu-sim.jp/plala-mobile-lte
このサイトを知っていれば、ボクは「ぷららモバイルLTE」を契約しなかったに違いありません。
もっと詳しく調べていればこのような痛恨のミスをすることは無かったでしょう。
データ量無制限に目がくらんだボクがばかでした。
ただおかげて格安SIMについて相当詳しくなったという点では決して無駄では無かったですが。
ひとつ良かったなと思う点は、「ぷららモバイルLTE」は二年しばりとか違約金とかがないので、いつでも簡単に乗り換えることができることです。
次回で詳しくお伝えしますが、結論から言うとボクは「ぷららモバイルLTE」を使うことを止めました。
一ヶ月目は無料期間で、その間は解約ができないので、解約は来月になってからになります。
そして今回のことで被った損害は、
初期費用 3,000円
来月費用 2,980円
——————
合計   5,980円
安いのか高いのか判断が分かれるとは思いますが、ボクは勉強料だと思っているんです。

友人の高木コンサルに勧めるという痛恨の判断ミス

ただ一点だけ本当に申し訳ないなと思うことが一つあるんです。
それは昨年末のこと。
友人でリスペクトするところの多々あるコンサルタント、高木正和さんにモバイルルーターのアドバイスを求めらたことがあります。
そしてあろうことか、ボクは高木コンサルに「ぷららモバイルLTE」を勧めてしまいました・・・
ボクは自分で実際に使ってみて、良いと思う物事しか人様にオススメしたりしないことを信条にしてるんです。
なのにその時は何を間違ったのか、高木さんに自分がちゃんと使っていないものを勧めてしまいました。
高木さんほんとうにすみません!
仮に問題なく使えているのなら良いんですが、もし不都合が出ているようなら早急に乗り換えましょう。今度は経験にもとづいてがっつりアドバイスさせていただきますので。
というわけで、ボクの格安SIM探しの旅は振り出しに戻ることになりました。
次回いよいよ最終回です。

コメント