「.com」とか「.jp」とか独自ドメインっていったい何なの?それはインターネット上の固有の住所のこと。いや戸籍といったほうが良いかな?

インターネット全般

普通は意識することの少ない「独自ドメイン」

ボクはインターネットやホームページ制作に関わる仕事をしているので、「独自ドメイン」という言葉をまるで空気のように、当たり前の存在として知らない間に思ってしまいます。
でも世の中の人がみんながみんな「独自ドメイン」という言葉をしっているはずがありません。
会社やお店、あるいは個人でホームページ・Webサイトを立ち上げたり、予定がある人には馴染みのある言葉ですが、そうでなければあまり意識することのない言葉です。
また無料ブログサービス等でブログを運営されてる方でも、基本的にはそのブログサービスのドメイン傘下に付く形でのURL(ホームページアドレス)なので意識する機会は少ないと思います。
例えばの例で言うと、
http://ameblo.jp/hirameking/
という形です。アメブロというマンションの中に住んでるヒラメキングさんというイメージです。
では「独自ドメイン」は上記のような例とはどう違うのか説明させていただきますね。

独自ドメインではないURLの例

上の例を少し詳しく解説すると以下の通りになります。
URL(インターネット上の住所のこと)は、
インターネット / アメブロマンション / 私の部屋
http://ameblo.jp/hirameking/
です。無料ブログサービスの場合はほぼこのスタイルであると言って良いと思います。

独自ドメインの例

「独自ドメイン」を使われている例を紹介します。
↓ボクがWebサイトの制作および管理をさせていただいているクライアントさんの例になります。
保険クリニック くずは店
保険クリニック
 
インターネット上での住所である、URL(ユーアールエル=ホームページアドレス)は、
インターネット / 私の家
/http://asset-link.jp/
です。
そして、この、
asset-link.jp
の部分を独自ドメインと言います。
世界中でこの「asset-link.jp」を使えるのは、「保険クリニックくずは店」さんだけ。
その意味では、住所というより、戸籍と言ったほうが良いような気もしますね。

独自ドメインは決める時の注意点

独自ドメインを決めるためのポイントは以下の通りです。

  • なるべく短く、シンプルに。
  • 会社名やお店名を表すのがいいです。
  • 個人名を用いるのも有りだと思います。
  • 基本、アルファベット+数字に限ります。

「日本語.com」というのもあるにはありますが、一般的ではないし、あまり有効な気がしないので、ここでは詳しくはふれません。
次に注意点です。

  • 一度決めたら、ずーっとそのまま使い続けるものと考える。
  • 途中で変更はできませんし、変更するものではありません。
  • 早い者勝ちなので、欲しいものが、既に無いこともある。

他にもいろいろありますが、主なところではこんな感じです。
↓ドメインに空きがあるかどうかを調べることもできますよ。
ドメイン検索
ドメイン検索 | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

 独自ドメインにもいろいろあります

悪いことは言いませんから、このどれかにしとくと間違いないです。
.com(ドットコム)
一番メジャーで普通で普遍的です。間違いないです。
.jp(ドットジェーピー)
日本的でイイですね。なかなかに普通でよろしいかと。費用が他に比べて高いです。
ボクの独自ドメインは「shidenkai.jp」なので、これに該当します。
.co.jp(シーオードットジェーピー)
フォーマルな感じです。法人のみ取得可。ちゃんとした会社であるアピールに繋がります。
維持費用はそれなりに高額です。
.net(ドットネット)
特にコメントは無いです。上記に空きが無い場合は、これかもしれないですね?
他にもいろいろあるけど、さまざまに理由で魅力的でなかったり、問題を感じたりするので割愛します。
ただ上記はいずれも、ボク個人の見解ですので、他にも違う意見もあろうかとは思います。
いろんな考え方がありますからね。
アイキャッチ

最近盛り上がってきてるご当地ドメイン

最近になっての比較的新しい動きなんですが、ご当地の名前を関したドメインがいろいろ出てきていますね。
例えば、
.osaka
.okinawa
.ryukyu
という感じですね。
あくまで一例なので、まだまだあるはずです。
観光などのお仕事をされている方や会社やお店さんなんかにとっては魅力的ですよね。
ボクの友人で、沖縄県慶良間諸島の座間味島で、ダイビングやホエールウォッチングのガイドをしてる宮里清司さんなんて、自分の名前と座間味島をかけて、

zamamiya.okinawa

という沖縄固有の独自ドメインでWordPressサイトを立ち上げてがんばってます。
↓その様子をレポートしたブログ記事があるのでよければ見てくださいね。

個人ブログを全てのコンテンツのプラットフォーム化:WordPressをフル活用して座間味島の宮里清司さんをブランディング Vol.1

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる:WordPressをフル活用して座間味島の宮里清司さんをブランディング Vol.2
ドット沖縄
 

レンタルサーバーとセットで独自ドメインを取得する方法

ほとんどのレンタルサーバーで、サーバーレンタル開始時にセットで、独自ドメインを取得することが可能です。
ドメイン取得費用も、管理運営も、サーバーと一緒に一元管理できるので楽ちんですし、セットで取得することで何らかの割引サービスを受けることができることもあります。
ただし、将来的に他のサーバーに引っ越しする時に手続きが少々面倒だとは思います。
ボクがオススメするレンタルサーバーは「エックスサーバー」ですが、かなりクオリティが高いサーバーですので、ボクの知る限りエックスサーバーから他に引っ越す例はほとんどないので、エックスサーバーを使われる限りはあまり考慮する必要は無いと思います。

サーバーとドメイン管理を別にする場合

本来、サーバーとドメイン管理は、別々のものです。
そしてドメイン管理だけをやってくれるサービスがあります。
サービス会社によって、ドメイン取得費用が異なったり、管理方法のしやすさに差があるので、ここは慎重に選ばれるのが良いですね。
主だったところを上げると、
ムームードメイン
エックスドメイン(エックスサーバー)
お名前.com
Doレジ
他にもいろいろありますが、キリがないのでこのへんで。
ちなみにボクが利用しているのは、Doレジとエックスドメインとムームードメインです。
サーバーを今後も変えることが予想される場合は、サーバーとドメイン管理を分けておいた方が、フットワークが軽くていいかもしれませんね。
「独自ドメイン」というとなんだか敷居が高そうな感じがしますが、一度経験するとどうってことはありません。
そして自分のお店、会社、あるいは個人でWebサイトを立ち上げる場合には、避けて通ることのできないものなので、こんなものだよという感じで覚えておくと良いと思います。

コメント