奥さんのAndroidスマホが写真と動画のデータでパンパンになったので、とうとう重い腰を上げてクラウドサービスを調べて、最終的に選んだのがGoogleフォト。

インターネット全般

最終的にGoogleフォトを使うことに決めました

今日は「Googleフォト」というクラウドサービスについてのお話です。
簡単に言うとGoogleさんに写真とか動画とかのデータをインターネットの向こう側で預かってもらうサービスなんですが、今回使い始めて思ったのが、とても使いやすくて、そしてなんだか楽しい!
基本無料だし、これはオススメだなと思い今回ブログに書くことにしました。
ただ「Googleフォトとは」なんて情報はネット上に山ほど情報があるので、ここではクラウドには全然詳しくないボクの素人目線での感想を上げてみようと思います。

奥さんのスマホのSDカードがパンパンに

まず事の発端はうちの奥さんが大容量のSDカードを買うと言ったことが始まりです。
聞いてみると、スマートフォンのSDカードが写真データでパンパンになってもうパンク寸前らしいんです。
なので新しいSDカードを買って差し替えるつもりということでした。
以前のフィルムカメラのフィルムのような扱いですが、考えていることはわかります(笑)
ボク自身のやり方は、仕事でつかっている大容量ハードディスクが載ってるパソコンを母艦にして、そこに写真や動画のデータを移して保管してきたんです。
そしてまたデカイ容量の外付けハードディスクを繋いで同期させてバックアップする方法ですね。
なので奥さんにもその方法を勧めてたんですが、なんだか難しそうだし面倒だからイヤだそうです(笑)
まあ気持ちはわからないではないですね。
そしてそうこうするうちにスマホのSDカードがパンパンになってしまったということです。
iPhoneユーザ-だったらiクラウドとかあるんでしょうけど、奥さんのスマホはSONY製のAndroidなので、自分であれこれ用意したいといけないんですよね。

そろそろクラウドをしっかり理解しないとアカン

実はボクもいつまでもクラウドなんて知らんしワカラン!なんて言ってられないと思って、ちょっとはあれこれカジッてはいるんですよ。
Googleドライブは仕事で普通に使ってますし、マイクロソフトのワンドライブとか、ドロップボックスとかもアカウントだけは持ってます。
でもねGoogleドライブ以外はいまいち必要性が感じられなくて放置してました。
きっと今回はそろそろクラウドをしっかり理解しないとアカンよというサインだろうなと思って、ようやく重い腰を上げる運びとなりました。

Amazon Cloud Drive

まず試してみたのは、これ。
amazon
Amazon Cloud Drive写真&ビデオ
ボクはAmazonのヘビーユーザーでして、当然のごとくAmazonプライム会員なんです。
そしてプライム会員の特典で「Amazon Cloud Drive」に無料かつ容量無制限で写真と動画のデータを保存することができるんです。
プライムミュージックといいプライムビデオというなんでも無料でAmazonってほんどスゴイですよね。
ただ結論としては使うのは止めました。
あくまでボク個人の感想というか好みの問題なんですが、なんだか操作が直感的では無いし、今ひとつ操作方法が分からないところがあるんです。
そしてこれが一番の問題なんですが、スマートフォンとクラウドの自動同期がちゃんとできない。
と言ってもこれはボクの使い方が悪いのかもしれません。
いやきっとそうでしょう(笑)
こんなわけでボクとは相性が良く無さそうなので止めときました。
次にちょっとだけ調べてみた他のクラウドサービスもさらっと紹介してみますね。

Dropbox

dropbox
Dropbox
このDropboxはボクの周りでも使ってる人がたくさんいますね。
それだけメジャーでちゃんとしたサービスだということなんだと思います。
「ベーシック」だと無料で容量が2GBですが、これはすぐパンクしますね。
現実的なのは有料コースの「プロ」でしょうね。
容量は1TB(1,000GB)で毎月1,200円(税別)です。年間で15,000円と少し。
Googleフォトが無ければボクもこれを使ってたと思います。

Microsoft OneDrive

onedrive
Microsoft OneDrive
マイクロソフトがやってるクラウドで、Windowsパソコンにもれなく付いてくるサービスだと思うんですが違うかな?
無料コースで容量5GB。
毎月170円で50GB。
Office365ユーザーはさらに無料で1TB。
ボクはOffice365ユーザーなので無料で1TBも使えるのか。知ってて知らなかった(笑)
ただこれはスマホの写真や動画の自動同期という使い方とはちょっと違う気がします。
どちらかというとパソコンのデータのクラウド保存や共有に良さ気な感じ。
という感じでいくつかクラウドサービスをあげてみました。
他にもいろいろあるようだけどもう良いでしょ。お腹いっぱい。

Googleフォト

最後にボクが使うことを決めて、実際にすでにバリバリと使っているGoogleフォトを紹介します。
google_photo
Googleフォト
Googleのアカウントを持ってる人ならだれでも無料で使えるんですよ。
Amazonもスゴイけど、Googleもほんとスゴイですよね。なんでも無料なんですから。
なぜ最終的にGoogleフォトにしたかというと、いろんな理由があるんですが、まずは奥さんがGoogleのアカウントをすでに持ってたからです。
Amazonプライムフォトだと、奥さんもボクとは別のアカウントでプライム会員になる必要があるんですが、なんだか必要性を感じませんし。
そして使い方が直感的でわかりやすいです。最初にしっかり設定しておけば、後は放っておいてもサクサク同期してくれて、難しい操作は何も必要無いなのがナイスですよ。
それに容量も無制限でそれでいて無料というのがありがたいです。
まあ容量無制限で使うには、画像の解像度が1,600万画素に自動圧縮されるそうですが、そんなことは気にしない。
あとはいろんな検索メニューがあって、例えば「空」というキーワードで検索すると空の写真ばかりが出てきます。
写真データに別に空なんて情報を登録していないのにスゴイね!
他にも勝手にアルバムや、アニメーションなんかを自動で生成してくれたりとか、なかなかに面白いです。
というわけでボクも奥さんもそれぞれ別アカウントでGoogleフォトを使いことにしました。
使い出して4日目ですが、とくだん気になることもなく気に入って使ってるんですよ。
最後に書きながら気付いたというか思ったんですが、お仕事の資料とかのデータの保管の話と、パーソナルな写真や動画の保管の話は、同じクラウドでも分けて考えたほうが良いような感じがしますね。
どうもデータの使いみちや特性が違うので。
あとGoogleフォトについての情報や使い方やインプレなどは、ご自分でネットで検索して調べてみてくださいね。
ということでGoogleフォトの紹介でした。

コメント