ポケットWi-Fi&格安SIM探しの旅②:Docomoは高いけれどデータ回線速度が猛烈に速い

インターネット全般

ポケットWi-Fiを持つことを決意していろいろ調べてみる

さて、インターネットがどこででも使えるWi-Fi環境を自前で用意して、全国のどんなところででもセミナーやワークショップを開催できるように、多人数で同時に使えるポケットWi-Fiを持つことを決意したボクです。
そして決意はしたものの、これまでポケットWi-Fiの必要性を感じてこなくて、スマートフォンのテザリングで十分やんと考えてたものでから、実はポケットWi-Fiについての知識は皆無なんです。
インターネットにがっちり関わる仕事をしてるのにこのスタンスはいかがなものでしょう(苦笑)
でも分からないものはGoogleで調べれていいんです。情報選択の目利きさえしっかりしていれば、ほとんどのことは調べる時代ですから。そしてその目利きが難しい・・・
というのが前回のお話しでした。
あ、今回も専門用語多発で、補足説明もあっさりです。なのでマニアックで読む人を選ぶ記事ですがゆるしてね。

Docomoのデータ通信を調べてみる

まずはボクが使ってるスマートフォンのキャリアであるDocomoを調べることにしました。
まあきっと高いんだろうなという予想はしてましたので、知識としてネタとして調べてみようかなというスタンスです。
Docomoのホームページをささっと眺めてみて、今一つ二つわかりにくいのでカスタマーセンターにも電話して聞いてもみました。フリーダイヤルでたいへん助かります。
docomoテータ通信

ドコモのデータ通信|NTTドコモ

 
結果はこちら。

データプラン
(データ通信のみご利用の場合にオススメなプラン・・・らしい)
月額基本使用料 2,700円(二年しばりなしの場合)
別途パケットパック 5,000円(5GBの場合)
————————
計 7,700円

ということのよう。ちょっと間違いがあったらすみません。
二年しばり有りの場合は基本料金が1,200円になるんですが、なにぶん先が見通せないので二年しばりなんてコワくてできません。
パケットパックは5GBを例に選んでみましたが、8GBになると6,700円です。
率直に言って「高い」というのが正直なところ。スマートフォンの7GB制限の料金よりきっと高いです。
Docomoなのできっと安定度や速度などのクオリティが保証されてると思うんですよね。
テザリングしてもとても速くて快適ですからね。
でもこれはちょっと金額的に手が出しにくい感じがします。
ただDocomoの名誉?ために書いておくと、ほんとにテザリングした時のスピードがずば抜けてます。さすがだなと思いますね。

USENのスピードテスト

ポケットWi-Fiやテザリングのお話を書くにあたって、避けて通れないのが「回線速度」です。
ちょっと間違いがあるかもしれないけど、ボクなりの言葉で書くと、インターネットを使う時にどんだけのスピードでデータが行き来するかも目安と言っていいと思います。
↓ここで見ることができますよ。
スピードテスト
USEN スピードテスト | 回線速度・通信速度測定
パソコン用です。スマートフォンでは無理みたい。
スピードテストの結果の例を見てみましょうか。

ボクのアトリエのフレッツ光のテスト結果です

フレッツ
午後8時の計測です。夜は混むので遅いんです。
お昼だと調子の良い時で23Mbpsとか出るときもあります。
でも理論上は100Mbpsとかだと思うので、それからするとどうなってるんだろ。
実はボクはこういうことはあんまり詳しく無いんです。

Docomoテザリングのテスト結果です

テザリング
めっちゃ速いですね(笑)
光回線より速いってちょっと笑ってしまいます。
同じく午後8時の混みあう時間でこのスピードはスゴイと思います。
さすがDocomo、高いだけのことはあるということですね。
ということでDocomoは高いけど速いことが分かりました。
いや速いけど高いと言ったほうが良いかな?
次回に続きます。
 

コメント