独断と偏見で選ぶノートパソコン

インターネット全般

前回は思いもよらず、Appleのノートパソコン「MacBook」で盛り上がってしまいました。
なんだかんだ言ってもみんな、最高にクールなMacBookが好きなんですね(笑)
でも今日はMacBookは出てきませんよ。いやちょとだけ出てくるかな?
 

パソコンを選ぶ前に、まず用途とターゲットを決める

今日のテーマはヒラメキングが独断と偏見で選ぶノートパソコンです。
しかし、いかに独断と偏見で選ぶにしても、それなりの選び方というものがありますよ。
なので、選ぶに先だって、どんな使い方をするのかを決めることにしましょう。
 

想定される用途

アイキャッチ
 

  • インターネットをさくさく楽しむ
  • ブログのけっこう長めの記事を楽に書ける
  • Word文章ソフト、Excel表計算ソフトをそれなりに使える
  • ゆくゆくパワーポイント(プレゼン)ソフトも使うかも
  • 外でもばりばり使う

まあこんなもんでしょう。
 

押さえておくポイント

  • クールなMacBookが良いとかのこだわりは捨てる。
  • Panasonicとかの有名メーカーが良いとか言わない。
  • ちゃんと使えてリーズナブルなのが良い。
  • 外に持って行く気になれる軽さ。
  • 外で長時間使える電池の持ち。
  • 家電のように数年で買い替えるくらいのつもりで。

相当捨てる覚悟が要りそうだ(笑)
 

ヒラメキングが選ぶベストチョイス

↓結論から言うとコレ。
マウスPC
マウスコンピューター LuvBook C シリーズ 11.6型/モバイルノートパソコン
 
そしてこのシリーズの中でも、一押しなのがコレ。
マウスPC-SSD
高速ストレージ搭載 コスパ重視モデル LB-C220B-SSD 39,800円
ただ、送料と消費税が別途つくので、最終的には46,224円ですね。
続いて、なぜこいつを勧めるのかを説明します。
 

こいつを勧める理由

前の機種を使っていて調子が良いから

私にはある信条がありまして、それは
自分が試してみて良かったモノしか人には勧めない
ということです。
私、今回紹介する機種の一つ前の世代の機種を、現在進行形で使ってます。
全然感動は無いんですが(笑)不具合なく便利に使っています。
Macbookみたいな所有感なんて無いですが、製品として最高のコストパフォーマンスだと思いますね。
値段も同じくらいだったはず。
 

そこそこ信頼できそうなメーカー

知らない人は、マウスコンピューターと聞いて、「なんだそれ?!」だと思いますが、知ってる人の間ではけっこう有名です。
ネットの常でアンチの人もいますので、いろいろ悪口もネット上ではありますが、統計的にはまずまずな感じです。
価格com
価格.com – マウスコンピューター ショップ評価・評判
たぶんですが、組み立ては日本国内で行ってるんじゃないかな?
 

MacBook Airと比べても大きな差がない

MacBookAir
 
以下それぞれのスペックです。CPUがどうとか容量がどうとかにはフォーカスしてません。
どうせそこそこちゃんと使えますから。
【MacBook Air】
価格:102,800円
重さ:1.08kg
サイズ:幅30cm 奥行19.2cm
持ち:9時間
 
【マウスのノート】
価格:39,800円
重さ:1.3kg
サイズ:幅29.2cm 奥行21cm
持ち:5.5時間
 
ちょっと?負けてますが、いいじゃないですか、これくらい(笑)
 

SSDという高速記憶装置がついてる

普通はハードディスクという記憶装置が付いてまして、点火してからちゃんと使えるようになるまで、早くても1分くらいはかかります。
でも、このSSDという仕様のやつだと、点火してすぐにスパスパ使えます。スマホとかと同じですね。
というわけで、MacBook Airと比較してみましたが、ほんとはぜんぜん土俵が違う製品なので、比べるのはちょっと無理があったかな?
 

MacBookには「アップルケア」というすごいサービスがあるらしい

MacBook以外をお勧めしてて、なんなんですが、MacBookにはなんだかスゴイサービスがあるらしいですよ。
アップルケア
 

すべてのApple製ハードウェアには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。
AppleCare Protection PlanまたはAppleCare+に加入して、保証とサポートをさらに延長しましょう。
ハードウェアも、オペレーティングシステムも、様々なアプリケーションも、すべてAppleが開発しているため、Appleの製品は真の意味で統合されたシステムです。
そして、製品を知り尽くした専任スペシャリストによるサポートと修理サービスをワンストップで受けられるのは、AppleCare製品だけ。
1回の電話でほとんどの問題を解決できます。

https://www.apple.com/jp/support/products/
ちょっとまだ調べきれてなくて、有料なのかどうなのか知らないんですけど、とにかく手厚そうです。
パソコンに詳しくない人にとっては、たいへんありがたいですよね。
逆に、マウスコンピューターの場合は、こんな手厚いサービスは無いので、さすがAppleだと思いますよ。
うーん。やっぱりMacBookもいいなあ(笑)
 

どちらもだけど、ソフトを入れないと使えません

まず最初に言っておくと、インターネットは楽しめます。ですのでブログの記事も書けます。
最初から「ブラウザ」というインターネットを使うためのソフトが入ってますからね。
そして、Word文章ソフト、Excel表計算ソフト、パワーポイント(プレゼン)ソフトはそのままでは使えません。
なぜならそのソフトが入っていないからです。
でも心配はいりません。そのソフトを自分で入れればいいんです。
 

一つの選択肢として「オフィス・365ソロ」をお勧めします

↓以前の記事でです。
必要に迫られて導入。Office 365 Solo / オフィス365ソロ。月払いOK
office365solo
要点は以下の通り。
 

  • ワード、エクセル、パワーポイントその他一式使用可。
  • 1,274円 / 月ですべてのソフトを使える。
  • Windows、Macどちらも対応。

 
これを利用すれば、想定していた条件をクリアすることができますね。
最初からいろいろソフトが入っている、国内大手メーカーのパソコンも良いですが、ちょっとの手間でリーズナブルな方法があることをお伝えしておきます。
今回はこれで以上です。
記事を書きながら思ったんですが、ようするに最終的には、自分の好きなものを選ぶのが一番ということでしょうか(笑)
 

コメント