決算のたびに苦しめられる会計ソフトだが、昨年から使ってる「会計王」は使い勝手も良くて、何よりいらぬセールスを一切仕掛けてこないのが好感度が高い。

ビジネス全般

今年もやってきましたよ、有限会社紫電改の決算が。
期の途中でちょっとづつ記帳してれば良いものを、後回し&先送りでぎりぎりになってやるものだから、毎年この時期になると追いまくられるわけです。
まあ本気になれば、二日もあれば完了することが分かってるので大丈夫なんですけどね。
まあネットショップをやってたころは、仕入やら売上やらで毎日凄まじい件数の伝票を処理せなアカンかったんですよ。
でも今は金額はさておき、伝票件数はどうだろ?100分の1くらいになってるんじゃないかな?
なので覚悟を決めて本気で取り組んだらすぐ終わるんです。
そしてここからの最終処理は税理士さんにお願いして、ボクの手を離れるわけですね。
今回学んだことは、イヤだからと言って先送りしてはいけないよ、気がしんどいのは始める前までで、やり出せばどうってことないよ、ということですね。
でも毎年同じことを学んでいるような気がしますが、きっと気のせいでしょう。
さて今回は、決算に関係して、会計ソフトについて書いてみようと思います。

これまで使ってきた会計ソフト「弥生会計」

ボクは弥生会計という会計ソフトをかれこれ10年以上使ってきました。
これまでは他の会計ソフトを使ったことが無いので、良いとか悪いとかは正直コメントできません。
ただこれまで使ってきて、機能的には不都合を感じたことがないので、まあ良いんじゃないんでしょうか。
あ、でも簿記の知識が無いと使うのは難しいというか、無理かもしれませんね。
でも弥生会計を使うくらいなら、簿記の知識は持ってるのが普通なのかな?
ちなみにボクは15年ほど前に完全独学で日商簿記三級に合格しました!
自画自賛。まあ薄っぺらい自慢で恐縮です(笑)
弥生

 昨年に弥生会計から他に乗り換え

さて以前使っていた弥生会計ですが、ちょっとね気になることがあったんです。
それは弥生会計をユーザー登録すると、そのメーカーから毎年ひんぱんにセールスの電話がかかってきて、有料サポートを受けたほうがいいいとか、専用の用紙を買えとか、手を変え品を変えて、売り込んできはるんですよ。
他の人のことは分からないけど、ボクの場合はそう。
まあメーカーさんも商売なので、当然といえば当然ですが、ボクはちょっと苦手だなあ。
セールスを断るにしても面倒くさいし、正直うっとうしいです。
というようなことをいつもの税理士さんに相談すると、「会計王」を勧められまして、今に至るといったところです。
この一年使ってみた結果ですが、がつがつセールスしてこないし、そおそもソフトの値段が比較的リーズナブルで、会計王を選んで良かったですよ。
Amazonで調べてみると、23,000円くらいで売ってますね。
そして来るであろう消費税10%にも対応してるので当分使い続けることができそうです。
まあこのへんは他のソフトも同じとは思いますけどね。
会計王
 

とても使い勝手が良く分かりやすい会計王

昨年会計王を導入した時にことをちょっとだけレポートしますね。
早速Amazonで会計王を購入してインストールします。
そして税理士さんにお願いしておいた、繰り越しデータを会計王バージョンに変換したものを適用します。
結果、何の問題もなく動きます。そうじゃないと困りますが。
マニュアル
分厚いマニュアルが何冊もあるんですが、まったく読む気が起こりません・・・
なのでマニュアルを一切見ることなく、伝票入力を開始します。でもこんなんで良いのかな?
結論から言うと何の問題も不明点もなく、すべての伝票入力が完了しました!素晴らしい!
弥生会計と会計王は、画面のデザインとかがそれなりに異なりますが、それは当たり前ですよね。違うソフトなんだから。
でも当然と言えば当然ですが、同じ「会計」を扱うソフトなので、考え方が同じというか、そんな感じです。
というようなこともあって、弥生会計を扱えるから、会計王も何の問題も無く使いこなすことができることを体感しました。

会計ソフトってスゴイね

今回は会計王を使えてよかったねな記事ですが、それ以前に会計ソフトってスゴイなー!と思います。それは弥生会計、会計王問わずにね。
なんでかと言うと、伝票入力をちゃんとしておくだけで、会社の経理的な面での全体像を見渡せるから。
まあボクの会社の場合は全体像というほどのものじゃないですけどね。
過去なら、経理の知識の豊富な担当者さんに任せるか、税理士さんに丸投げするしかなかったようなことが、ほとんど自分でできちゃう。
もちろん多少は簿記の知識は必要ですし、最終局面では税理士さんに頼む必要があると思います。
また会社の規模が大きくなってきたらボリューム的にキツくなってくるでしょう。
でもボクのような小規模事業者(零細家業ともいうw)だとぜんぜん許容範囲内ですね。
というわけで、次のクールこそはきちんと毎日伝票入力をしようと思うんです。できるだけ。たぶん。
来年の同じ時期にまた同じことをブログに書いていないことを祈ります・・・
本日は以上です。

コメント