沖縄弾丸ツアーレポート:沖縄の人はとても優しく素直で回りくどい言い方はしない。あくまで金川調べ。

おでかけあれこれ

沖縄弾丸ツアーから1週間がたった

まだまだ続く沖縄弾丸ツアーレポートです。
沖縄に行ったのが8月24日~25日の土日なので今日で丁度1週間たったということですね。
でも沖縄から帰ってきてから猛烈に忙しかったり、たくさんの人に会ったりしてるので、沖縄に行ったのがずいぶん前のような気がします。
まあそれだけ毎日充実してるということなので、有り難く感謝しないとですね。
さて今日のレポートですが、ずばり
沖縄の人は優しくて温かくて率直な人が多い。
というテーマでお送りまします。

サーフサイドB&Bオーナー佐藤裕介ゆーちゃん

仲間たちとその家族とで行った今回の沖縄ツアーですが、もうとにかく目一杯コンテンツを盛り込んだので、もうとにかく忙しかったです(笑)
分刻みは言い過ぎにしても、10分刻みとかはほんとにそんな感じ。
でも同行のみんなは楽しんでくれたようで良かったですけどね。
そして今回の宿泊は、ボクが昨年勉強させてもらった、エクスペリエンスマーケティング実践塾in沖縄の同期の仲間、佐藤裕介「ゆーちゃん」がオーナーとして営んでいるペンション、「サーフサイド B&B」にお願いしました。
▼そしてこの人が、ゆーちゃん。沖縄っぽいビジュアルですよね。
ゆーちゃん
▼ゆーちゃんが経営するペンション「サーフサイドB&B」のテラスから見える万座ビーチです。見てるだけでため息がでそう。
160930-02

サーフサイドB&Bのお部屋にはイモリがいます

あ、ちなみにサーフサイドB&Bのお部屋にはイモリがいます。
沖縄の民家そして民宿やペンションでは、お部屋にイモリがいるのは全然普通のことなので、驚いてはいけませんよ。
宿泊した我が家の娘ちゃんたちも、最初こそビビってましたが、だんだんなれて結局ぐっすり眠ってました。
イモリって全然無害ですもんね。

ゆーちゃんはとても優しくて率直で回りくどい言い方はしない

それはそうと、ゆーちゃんはとても優しくて率直な人柄なんです。
翌朝チェックアウトの時には、

ヒラメキング(ボクのニックネームね)~、しっかりPRしといてよー♪

とストレートに要望しはります。
簡単に言うと「サーフサイドB&B」に泊まって良かったなー!ってFacebookやブログに書いてね!ということです。
あと時系列は逆になりますが、チェックインしてその後、大人だけのエンドレス懇親会という名の酒盛りをしてる際に、ゆーちゃんは自分用に秘蔵していた、幻の泡盛の古酒である「泡波」を開けてくれたんですね。
ボクはあまり詳しくないのであれですが、どうやらめったに手に入らないとても希少な泡盛のようです。
確かに普段ボクが口にする泡盛とは口当たりや味わいが全く違うように感じましたもん。
さすが幻の泡盛だなあ。
%e6%b3%a1%e6%b3%a2
この時も

幻の泡盛の泡波を開けたこと、しっかり発信しといてよー♪

と言うわけです。
それを受けてボクは「ゆーちゃん、ストレートやなーー!(笑)」というようなことを言ったはず。
そしてゆーちゃんはこう言うんです。

そらそうじゃん。信頼してる人にはまっすぐ伝えたいのさ。

ということでした。
ちょっとしたことなんですけど、ボクにとっては割と記憶に残る出来事だったんですよ。

沖縄の人は率直でまっすぐな人が多い

ボクなんかは割と複雑系で素直じゃないというか、ややこしい人なんですね。
なので今回のようなシチュエーションだったら、なんかと遠回りに言うとか、回りくどい言い方をすると思うんですよ。
売込みと思われたらイヤだなあとかね。
でも、ゆーちゃんは違う。

まだ信頼関係のできていない人に、そんなことをストレートにいう事は無いけど、信頼している人にはストレートに言うよ、ボクは。
だってそうしても大丈夫だと分かっているし、何よりちゃんと伝えないと伝わらないじゃん。

という言います。
このへんのやりとりと、これまでの他での似たような経験から、沖縄の人はほんと率直でまっすぐな人が多いなあとボクは感じるんです。
あくまでボクの感想ですけどね。
今回のことでボクも信頼できる人たちに対しては、もうちょっと素直に率直にお願いするのも良いものだなあと思ったんですよ。
ややこしい複雑系の思考をするボクでもね。
ということで、なんかとりとめのないことを書いた気もしますが、まあそれも気のせいでしょう。
あ、でもゆーちゃんはネイティブの沖縄の人ではないんです。
生まれも育ちも北海道で、あるきっかけで北海道から沖縄に移住してきたんですよ。
なので生粋の沖縄人では無いんですけど、ビジュアルはもちろんのこと、モノの見方や考え方もボクからすると完全に沖縄人だなあと思います。
いろんなことを気付かせてくれて、ゆーちゃんありがとうね。
またきっと泊まらせてもらうからよろしくね!

コメント