AppleのMacBookを用途と目的に応じてチョイスしてみる

パソコン

ここ数日のノートパソコン選びの記事で、MacBookを仕方なしに?取り上げていくうちに、不思議なことにMacBookへの興味が、ふつふつと湧き上がってきて、大変困っていることを最初にお伝えしておきます(笑)
そもそも、私のスタンスは、
MacBookがカッコ良いのは認めるけれど、正直高過ぎるし、事務用品として考えるなら、39,800円の安いWindowsノートで十分。
というものでした。
しかし、色々調べていくうちに、MacBookは「買い」かもしれないと思いつつあります。
自分が試して良かったモノしか、人には勧めない
という信条を今日に限っては破ってしまうかもしれません。その際は勘弁してください。
それだけMacBookが魅力的だということなんでしょう。
 

Appleストア心斎橋でMacBookを見てきました

実はMacBookには、いろんなバージョンがあるんですよ。それを実際に見たくなって、Appleストア心斎橋に言ってきました。自転車で(笑)
アップルストア
↑さすがApple。ストア外観からして強烈にスタイリッシュ。
アップルストア店内
↑全商品を手に取って試すことができます。来店客の半分以上は外国の人。人気のほどがうかがえますね。
 

Windowsノートのユーザーは注意が必要

誤解を恐れずに言うと、WindowsでもMacでも、軽量小型タイプのノートパソコンは、スペック的にはそんなに変わらないと思います。
昨日紹介した、39,800円の激安のWindowsノートパソコンでも、十分以上に使えますし。事務用品としては必要十分以上の品質だと思いますよ。
マウスPC
↑高速ストレージ搭載 コスパ重視モデル LB-C220B-SSD 39,800円
でもね、MacBookは正直言って、事務用品の域を超えていますね。クール過ぎると言えばいいでしょうか。
以前は、SONYのVAIOもそんな感じだったんですけどね。持ってるだけでウレシイ!みたいな。
MacBookAir
 
少なくとも私のノートはそんな色気は無いです。再度言うと、事務用品としては十分以上ですが。
なので、Windowsノートパソコンのユーザーは、無防備にMacBookにふれると、大変まずい結末を迎える可能性が高い。
ヤケドするぜ!
みたいな(笑)
 

MacBookの現実的なラインナップを考える

MacBookには、大きく分けて6タイプあって、その中でも何種類かバージョンがあるんですが、ややこしくなるので、そのへんは省略します。
もし買う気になったら、その時に真剣に調べて悩んでください。
なので、視野に入りそうなものを、私のセンス?で3種セレクトしました。
 

Macbook

macbook
148,800円(税別)
12インチ画面で上等なディスプレイを使ってる模様。
11インチMacBook Airより小さいのに、画面はでかい。
USB端子が1個しかない。ハブを使うらしい。
0.92 kgで超軽い。
最高に薄い。
高いのでパス。
新しもの好きで、見せびらかしたいなら、最高のチョイス。
ただ割高感を感じるので、私ならパス。
だから独断と偏見で悪いですけど、おススメしない。
 

11インチMacBook Air

macbookair
102,800円(税別)
1.08 kg
かなり薄い。
友人知人が持ってるのはみんなコレ。
羨ましい。
自宅やお店やオフィスで、大きなパソコンがあって、主に外出用なら最高のチョイス。
あるいは特に凝った作業に使わないなら、メインでも十分OK。
みんなが持ってるのも頷けるね。
昨日紹介した、Windows軽量激安ノートが39,800円で、差額は約6万円。
この差額がハードルに感じないなら、後悔しないと思う。
 

13インチMacBook Air

macbookair13
112,800円(税別)
最大12時間持続だって。凄いね。
1.35 kgで十分軽い。
そして薄い。
あまり見かけないが良いと思う。
家でもオフィスでも外でも使うという、メインマシン的に使うなら、これが良いと思う。
POPやチラシを作るとかなら、画面が大きい方が使いやすいからね。
↓ちなみに、11インチMacBook Airと13インチMacBook Airの違いはこんな感じ。
どちらもとても薄いので、大きさの差は、私は気にならなさそうな気がしますね。
バッテリーの持ちも良いようなので、とても魅力的。
macbookair比較2
macbookair比較1
 

私は当面Windowsノートで行きます

お察しの通り(笑)非常にMacBookに魅力を感じている私ですが、残念ながら、すぐに購入ということにはならなさそう。
ホームページや印刷のデザイン制作には、そこそこ強力なパソコンが必要でして、そうなるとデスクトップ型になるのと、ディスプレイもこんな感じでダブルで使うんです。
デュアルディスプレイ
 
なので、ノートパソコンはプレゼン用の事務用品扱いです。
そしてそれなら、現行のWindowsノートで十分なので、今すぐにMacBookを購入することは、なさそうです。欲しいけど(笑)
 
今日は、MacBookの機種選びについて書きました。
明日は、

  • これまでのWindowsのデータの互換性とか
  • 母艦のWindowsデスクトップとの連携とか
  • ワード、エクセル、パワーポイントがどうとか

いろいろ調べて分かったことがあるので、その情報をシェアしようかなと考え中です。

コメント