WindowsオンリーだったボクがMacBookがほしいなと思う理由。

パソコン

最近のことですが、複数の友人知人たちが「パソコンが欲しい」と言っているのを耳にします。
正確に言うと、耳にするではなくて、Facebookで書いているのを目にするといったほうが良いですね。
数年前ならば、
インターネットに接続している=パソコンを使ってる
だったはずですが、ここ数年スマートフォンが爆発的に普及してきて、そんな構図は過去のものになっている様子です。
ではなぜ今、「パソコンが欲しい」と思うのか、整理してみました。
 

パソコンが欲しくなった理由はなんだろう

スマートフォン
 
あくまで私の周りの友人知人たちについてですが、どうやらこんな状況のようです。

  • メインはスマートフォンである意味それで十分。
  • Facebookを活発に利用している。
  • 最近になってブログも始めた。
  • アメブロをスマートフォンで書いている。
  • 長い文をスマートフォンで書くのがしんどくなってきた。
  • パソコンなら楽に書けるんじゃないかな?

という考えのようですよ。
ボクに限っては、長い文章をスマホで書くなんて、無理というかやろうという気がしません。
なんといったって、私がスマホで文字入力しているのを、横で見ている嫁さんや子供たちから、
お父さん、打つの遅過ぎ(ぷぷっ)
って、バカにされてるくらいですから。
まあパソコンのキーボード入力も怪しいですけどね。
という流れでパソコンが欲しくなってきたということのようです。
ただ、そう考えると、
家にはパソコンは無いんでしょうか?
今度聞いてみたいと思います。正直気になります。

スマートフォン用のキーボードもある

パソコンが欲しいという流れを断ち切るようですが、あくまで情報と知識をシェアすることを目的としているので、今回調べて知ったことを紹介します。
面白いことに、スマートフォンに無線接続で使えるキーボードが存在するようです。
 
キーボード
折りたたみキーボード iPhone6 6Plus iPad mini対応
これは、iPhone用のようですが、他にもAndroid用のものなど、たくさんの種類が販売されています。
ただ、ボクは実際に使ったことはありませんので、どれが良いとかはいう事はできません。
もし興味がある方は、自分でしっかり調べて、ご自身の責任で使ってくださいね。
といいながら、ボク自身、実は興味津々です。お値段も安いですから、ダメでも諦めが付きそうですし。

ダントツにカッコいい「MacBook」

さて本題のMacBookです。
エクスペリエンスマーケティング関係の勉強会などで、自分たちのノートパソコン持参で集まる機会が、最近多々あります。
そして、仲間たちが颯爽と取り出すのが、MacBookシリーズのノートパソコン。
macbook
割合でいうと、5割を超えているんじゃないでしょうか。クールでカッコ良くて、羨ましいですね。
そうそう、ノートパソコンとは言わないかもしれないですよ。
すでに存在自体が、「MacBook」
ということなんじゃないでしょうか。セメダインとか、ホチキスとかそんな感じだと思います。
多分ですが、性能がどうの、軽さがどうのとかのスペックではなくて、MacBookを持ってること自体が、ステータスというか、所有感を満たすというか、たぶんそんな感じだと思います。
もちろん所有している方の証言では、WindowのノートPCとは比較にならないほど速く軽快に動くそうです。
ではそういうボクはどうなのかというと、MacBook持ってないです(笑)

私がMacBookを持たない理由

何かカッコいい見出しを付けてしまいましたが、実はたいした理由はありません。
じゃ何なのかというと、ボクのノートパソコンに対するスタンスで考えると少々コストパフォーマンスが悪いかなと感じるからです。
最新のMacBookが¥148,800。
MacBook Air が¥102,800。
高いか、安いかというのは、その人が決めることであって、とても相対的なことです。
なので、Macファンの方にとっては、きっと高くないんだと思いますよ。

私にとってのパソコン

印刷やホームページのデザインという仕事柄、制作業務はノートパソコンではなくて、据え置き型のデスクトップというタイプのパソコンを使っています。
↓デスクトップというのはこんなやつ。あくまでイメージです。
デスクトップ
 
そしてノートパソコンも持ってますが、ノートパソコンでは制作の仕事をすることは一切なくて、公開前のホームページをプレゼンで見せたりとか、そんな使いかたです。
あとはインターネットを見たりですね。
そして、デスクトップに対しても、ノートパソコンに対しても感じていることは同じ。
それは
テレビとか冷蔵庫とか洗濯機に感じている気持ち
に近いかもしれないですね。
ちゃんと使えればそれでOK!みたいな。数年毎に買い替えますしね。
もちろん使っている間は、大切に使いますよ。そうしないと拗ねますからね。機械なのに拗ねるんです。本当です。(笑)

しかし実はMacBookが欲しくなってきた

というように、
ボクにはWindowsで十分さ。だって家電あつかいだからね。
というスタンスを表明してきたわけです。
しかし白状すると、MacBookが少々?いやだいぶん欲しくなってきたのは事実です。
先にも書きましたが、勉強会などで、颯爽とMacBookを取り出して、一瞬で起動させて、スパスパ使っているのを見るとほんと羨ましいですよ。
そして何よりカッコ良い。MacBookが好きな人の気持ちがわかりますね。
まあ起動や動作が早いのは、ボクのノートパソコンがハードディスク仕様なのに比べて、MacBookは「フラッシュストレージ」という瞬時にデータを処理する記憶装置を使ってるのが大きいとは思いますが。
あ、でもアトリエで制作作業をするためのパソコンはWindowsのデカイやつを使い続けますよ。そのほうが何かと都合が良いので。
というわけで、最新のMacBookを買うことができるように、お仕事に邁進する所存であります。
ではでは。
 

コメント