SNSに写真をアップしようとしているアナタ!一手間かけてレタッチするだけで伝わり方が劇的にアップしますよ!

SNS
刺身

昨日に続き写真について記事です。
と言っても、うまく写真を撮ろうとか、ナイスな写真を撮るための機材についての話ではなくて、撮った写真をFacebookなどSNSやブログにアップする前に、一手間かけると印象がかなり変わりますよというテーマでお送りします。

友人がSNSにアップした写真がちょっとだけ残念

さて先日のこと、友人のお一人がFacebookで良さ気な写真をアップしてはりました。
出張先でナイスな居酒屋さんに出会えてハッピーというシーンのようです。
そして出てくるお料理のクオリティに高さに感激して写真をアップ。
↓その写真がこちら。
before
マグロのお刺身が大きくて分厚い!
マグロのもっちり感も伝わってきて、羨ましい限りです♪
うん?でも色がなんか変ですね?
ほんとはもっと美味しそうなんじゃないのかな?
そんな風にボクは感じてしまったんですよ。せっかく写真アップしてくれたのにゴメン!
そこでふと思い立ったボクは「レタッチしたろ。」と考えてしまったわけです。
これって多分いわゆる職業病って言われるやつなんだと思うんですよ。
垂直の出ていない写真を見ると回転させて角度修正をしたくなります。
暗く写ってる写真を見ると露出補正したくなります。
要らないモノが写り込んでいるとトリム加工して切り取りたくなります。
色目がおかしな感じだとカラーバランスをしたくなります。
というような感じなんですが、職業病と言ってももちろんホントの病気ではありません。
ボクの仕事内容に被るような分野で、気になるモノを見るとなんとかしたくなるんですね。
このへんは行き過ぎるとはた迷惑になるので、ある程度自粛してはいます(笑)

元の姿に戻すべく写真をレタッチ

さて、さきほどの写真ですが、アップした本人には断りもなく(すんません)ボクの思うようにレタッチしてみることにしました。
カタカナで「レタッチ」と書いてますが、日本語にすると「色調補正」と言うそうです。
意味合いをとしては、すでに撮影された写真をあれこれ加工して変化させるというよりも、本来の姿に戻すといったほうが正しいように思いますね。
↓そしてレタッチ後の写真がこちら。
after
普段の仕事では「Photoshopフォトショップ」という業務用のアプリでレタッチするんですよ。
でもそんなのは普通の人は使わないので、誰もが使える方法でやってみました。
Facebookにアップされている写真をスマートフォンに取り込んで、ボクのスマホに標準で付いている「写真加工アプリ」でレタッチ。
ボクのスマホは、Androidの「ExperiaZ3」という機種ですが、他のAndroidでもiPhoneでも普通は写真加工アプリがついてるはず。
もしももしも付いていなかったら、GooglePlayやiTuneで、良いのを探して探してダウンロードして使えば良いですね。
レタッチした内容はこんな感じです。
【露出】少し白飛びして明るすぎるので、露出を落としました。
【コントラスト】全体にぼんやりしているので明暗をクッキリさせました。
【彩度】本来の彩りが出ていないので彩度をアップさせました。
【色調】上の加工をしてみたら、ちょっとピンクよりになったのでちょこっと修正しました。
というようなレタッチをしたんですが、全然見違えますよね。
加工したというより、本来のマグロの美味しそうな姿に戻った感じがいたします。
自分の良い体験を友人知人に共感してもらいたいなと思って、Facebookに写真をアップしてるはずなので、本来のナイスな見た目になったほうが良いですよね。
そうすると「いいね!」の数もちょっと増えるかもしれませんよ(笑)

写真レタッチのビフォー・アフター

では最後にビフォー・アフターの比較をご覧いただきましょう。
↓ビフォー。
before
↓アフター!
after
ずいぶん違いますね。かなりナイスになりました。
あ、でもレタッチのやり過ぎには注意ですよ。現物よりかけ離れたものになっちゃいますから。
本当に誰でも簡単に出来ることなので、皆さんも試してみてくださいね。

コメント