ブログ運営にアクセス解析は欠かせない。GoogleアナリティクスとPtengine

SEOエスイーオー

WordPressワードプレスを一日で立ち上げるセミナーin名古屋

一昨日の3月30日は、名古屋で「WordPressワードプレスを一日で立ち上げるセミナー」を開催させてもらいました。
これまでの回と同様に、参加者の皆さんほんとによく頑張られて、レンタルサーバー契約、独自ドメイン取得、WordPressの立ち上げ、そしてテーマの設定やカスタマイズまでしっかり完了することができました。
あとほんのすこし調整するだけで本格稼働できそうですし、そうなったら後はしっかりブログを書くだけですね。
今回はインストラクターをさせてもらったボクの側にも、いろいろ感じたり学んだことが多々あったので、このへんはまた日をあらためてしっかり書けるといいなと思います。
まずは参加された皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとう。
↓ランチタイム時の写真ですが(笑)
名古屋
今回受講してくれた、秋田祐さんが経営しているデリバリーメインのお弁当屋さん「マザーズランチ」のれんこんはさみ揚げ弁当650円をランチでいただきました。
自家生産の無農薬有機野菜を中心に、基本すべて手作りのお惣菜で、安心安全でそして何より美味しい!
名古屋の人がうらやましいです。ちなみに名古屋の金山駅北側に実店舗もあって、買いに行くこともできますよ。
マザーズランチ

ブログ運営にアクセス解析は欠かせない

ホームページ、特にブログを有効に効果的に運営していくために、アクセス解析は欠かせないものだと思いますね。
ただ単純に、昨日はどれだけアクセスがあったとかに、一喜一憂するだけのものではなくて(一喜一憂しがちですけど笑)、実際にブログを読んでくれてる読者さんたちの立ち位置を知ることができるからです。
具体的には、こんなことを知ることが出来ますよ。あくまで一例です。

  • 日ごと期間ごとの、アクセス人数やページ数。
  • ページごとの人気ぐあい。
  • どのような経路で見に来てくれたか。
  • お初の人なのかリピーターさんなのか。
  • パソコンで見てるかスマホで見てるか。

まだまだ解析項目はありますし、もっともっと深く知ることもできますが、まあこれくらいで。
アクセス解析が必要だということが分かったとして、じゃ、どうやってするば良いのかをご紹介します。

「Googleアナリティクス」

難しいことを書いても始まらないので、要点だけをざっくりと。
たぶん一般の人が手軽に使えるアクセス解析ではボクの知ってる限りでは最高峰だと思います。
検索エンジンのGoogleが運用しているサービスで、基本無料で使いことができます。
たいへんに高機能なので本来はこれを使うのが王道なんじゃないかなと思いますね。
ただ、ボクもこの自分のブログサイトの解析に使っていますが、実は高機能過ぎて一部しか使いこなせていません・・・
そして最初の導入の時に、けっこう複雑なあれこれをしなくちゃいけないので、一般の人にはかなりハードルが高いと思います。
勧めておいてなんだそりゃな話で申し訳ないんですが事実なので。
詳しい友人とか、あるいは業者さんとかに初期設定をお願いするのもいいかもしれないですね。
あと、Googleアナリティクスは一般的なWebサイト(ホームページ)だけでなく、アメブロをはじめとした無料ブログサービスでも利用できるようです。
残念ながらボクはアメブロ等を使ってないので、詳細は分からないんですが、
「アナリティクス アメブロ」で検索すると、ざくざく情報が得られますので、ご自身で調べてくださいね。
Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス
google-analytics
↓詳しく解説してくれてる親切なサイトも見つけましたのでどうぞ。
まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】 | ブログマーケッターJUNICHI
アイキャッチ21-718x454

WordPress専用のアクセス解析ツール「Ptengine」

「Googleアナリティクス」は良いんだけど、導入がややこしいという話を受けて、今度は簡単なツールのご紹介です。
ただし、WordPressワードプレスだけで使えるツールなので、ワードプレスじゃない人はごめんなさい。スルーでお願いします。
ヒートマップ付きアクセス解析ツール | Ptengine
Ptengine-Giveaway
あれこれな導入設定をほとんどすることなく、かなりなレベルで「Googleアナリティクス」と同じようなアクセス解析を行うことができます。
最初使いだした時には、あまりの高機能ぐあいと使い勝手の良さに、少々びびりました。
こんなの無料で使えるなんてスゴイ時代やなあ、みたいな感じです。
というわけで、ワードプレスを使ってるいるなら、Ptengineがおススメだと思いますね。

 「Ptengine」についての補足

簡単便利なWordPress用アクセス解析プラグイン「Ptengine」ですが、しばらく使ってみて、気が付いたことがあるので書いてみることにします。

月間ページビューに上限がある

一カ月間のページビュー(ゲストが見たページ数)の上限が25,000に設定されています。
月の途中でページビューが25,000を超えるとアクセス解析が停止されるようですね。そして月が替わるとリセットされてアクセス解析が機能します。
ある程度人気があるブログの場合は、25,000ページビューはおそらく簡単の超えることになると思うので、そのようになった時は、先にご紹介した「Googleアナリティクス」の移行することが最善だと思います。
なお、この無料の「Ptengine」ですが、有料アップグレードすることによって、25,000ページビューの上限を撤廃することができます。
一番安価なアップグレード「エコノミー」で、12,787円/月(税込み)。50,000ページビューまで対応です。
そして、本来の「Ptengine」の売りである「ヒートマップ」(ここでは説明割愛)という機能を利用できるようになります。
ということは無料バージョンの「Ptengine」は有料アップグレードに誘導するための導線なのでしょうね。
ちなみにボクのこのブログの場合は、25,000オーバーまでは少々余裕があるようです(笑)
まあすでにGoogleアナリティクスを使ってるんですけどね。

データの集計期間が使いにくい

「Ptengine」の場合、集計期間の選択が次のとおりのものしかありません。

  • 今日
  • 昨日
  • 過去7日間

以上です。ボクがチェックした限りでは、過去1か月の集計を見る事ができないようです。やるならば手計算しかなさそうです。
これもおそらく有料アップグレードとの差別化なのでしょうね。
というようなことから、WordPressにおけるアクセス解析は次のステップを踏むと良いかもしれませんね。
↓まずはアクセス解析を始めるために「Ptengine」を使う。
↓アクセス解析というものが分かって、ブログのページビューも伸びてきて月間25,000ページビューが近づいてきたら、ちょっとがんばって「Googleアナリティクス」に移行する。
 
ボクが開催している「WordPress一日立ち上げセミナー」でも、「Ptengine」の組み込みをカリキュラムに組み込んでいるんですよ。
「Googleアナリティクス」は少々というかだいぶんハードルが高いのでセミナーの中では無理ですね。
将来的には「Googleアナリティクス導入ワークショップ」を開催するのも良いかな?と思ったりもします。
今日はここまで。ではでは。

コメント