Google検索で見つけてもらいたければ見込客が検索しそうなキーワードをウェブサイトの記事に盛り込むことが必須。一人よがりのキーワードは誰も検索したりしない。

SEOエスイーオー

大阪府堺市の「もじ工房みくにのはんこ屋」

さて今日は、とある用事があって、大阪府堺市の三国ヶ丘駅の近くの友人のお店に行ってきました。
▼それがこのお店。
%e3%82%82%e3%81%98%e5%b7%a5%e6%88%bf %e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89
もじ工房みくにのはんこ屋
マーケティングの勉強仲間の杉元彰博さんが営んでるいるお店なんですね。
はんこ屋さんははんこ屋さんなんですが、それだけに留まらずいろんなサービスメニューがあるようですよ。
例えば、

  • いわゆるはんこ
  • 名刺
  • メニュー、パンフレット、チラシ

まあここまでは街のはんこ屋さんなら普通ですね。
ボク的にちょっと「やるなあー!」と思ったのは、印刷物のデザインまでできちゃうことがまず一つ。
いわゆる昭和な(笑)名刺とかならいざ知らず、今どきのデザインまで対応できるのが素晴らしい。
スタッフ全員がアドビ・イラストレータというプロ用デザインアプリケーションを使いこなせるらしくて、あるレベルまでのデザインは内部で出来ちゃう。
そしてあるレベル以上のデザインが必要な場合には、外部スタッフのデザイナーさんに頼むルートも確保してるもよう。
これは同業の他店に比べて相当優位性があるんじゃないかなあ。

杉元さんとこの秘密兵器UVプリンター

ある商品にネームを入れることが出来ないかの相談に行ったわけです。
本来なら、杉元さんのところの扱っている商品に「名入れ」といってネームというか印刷をするのがスタンダーだと思うんですよ。
ただ以前から杉元さんがとある特殊な印刷マシーンを導入したことを知っているボクは、無理をお願いしてボクが持ち込んだ商品にネームを入れてもらうお願いをしに行ったんですね。
▼その特殊の印刷マシーンというのがコレ。
uv%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc %e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%bc
なんでも「UVプリンター」という印刷機らしく、特徴はこんならしいですよ。

  • 平面部分があれば固形物に印刷ができる。
  • パソコンのデータ通りに印刷できる。
  • インクは耐久性がそこそこあって強いらしい。
  • フルカラー印刷ができる。スゴイね!
  • 紫外線で瞬時に焼き付けるのでその場で完成。

という感じでしょうか。
以前であれば、スクリーン印刷とか、シルク印刷とか、パット印刷とかでけっこうアナログな作業で一個一個名入れしていたのを、一度に大量に名入れできちゃうのがスゴイ。
そしてフルカラー印刷というのがこれまでに無い感じです。
簡単なモノだとライターに名入れだとか、あとは工業製品とか部品とかに印刷とかできるから、いろいろ使いみちはあるだろうなあ。

残念ながら「UVプリンター」なんて誰も知らない

でもね、杉元さんいわく、杉元さんのところで「UVプリンター」を使ってこんな仕事が対応できることを、ごく一部の方々を除いて、ぜんぜん誰も知らないんですって。
じゃあこれからどうして行きたいのか聞いてみると、インターネットの力で広めて行けると良いなあという意向なんだそう。
ボクもね、その方向性には大賛成ですね。
だって杉元さんの持ってるこの技術を待ち望んでいる人々が世の中にはたくさんいると思うんですよ。
あくまで潜在的にいるという意味だけどね。
良いモノは広くPRしていかないと社会の損失だと思うからね。
でもインターネットでPRすると言っても、具体的にどうすれば良いんでしょうか?

UVプリンターに行き着くキーワードをピックアップ

いろんな方法があると思うんだけど、まず今日ボクが思い浮かんだのはこう。
まずこの「UVプリンター」専用のウェブサイトを立ち上げる。
この際、普通のホームページでも良いけど、やはり機動性に優れたブログスタイルのウェブサイトのほうが良いかな。
そしてUVプリンターを使って印刷した事例の紹介記事をどんどん書いて、UVプリンターの記事を蓄積していく。
ただここからが大切なところです。
何のことかと言うと世の中のほとんどの人は「UVプリンター」の存在を知らないんですよ。
存在を知らないモノを誰も検索で探そうとはしませんからね。
なので「UVプリンター」が取って代わることができる可能性があるものを、ウェブサイトに盛り込むことが必要です。
「UVプリンター」が取って代わることができる可能性があるものをピックアップしてみると、

  • スクリーン印刷
  • シルク印刷
  • パット印刷

とかが上げられますね。
さらに別の切り口で言いますと、UVプリンターが出来ること、あるいは関連することをピックアップしてみましょう。

  • ノベルティ
  • 記念品
  • 名入れ
  • ネーム入れ

とかかな?
というふうに、UVプリンターが取って代われそうなもの、あるいはUVプリンターが活躍しそうなシーンを想定して、それらのキーワードを丁寧にひらって、これから量産していくブログの記事にそのキーワードを盛り組むと良いですね。

真面目に誠実に記事を書くことが何より大切です

まああまりあからさまだったり、あざとかったりすると、とってもウザイのでそのへんは節度を持ってすることが大切です。
都度都度キーワードを変えて行ってもいいですしね。
そうすることによって、UVプリンターの存在を知らない人々が杉元君のブログ記事に、検索結果を通じて行き着くことを狙うことができそうです。
ちょっと大雑把な話ではあるけれど、こういうふうに検索結果で見つけてもらえるように、いろいろと考えて手を打つのを「SEO/エスイーオー」と言います。
ただ注意が必要なのは、あまりに極端なことをしたり、事実と異なることを書いたりすると、Googleのガイドラインに触れて、検索結果から弾かれちゃうようなこともありえるので。
結論から言うと、キーワードを意識しつつ、真面目に誠実に記事を書くことが大切ですね。
というわけで、杉元さんのところで出会った興味深いUVプリンターから思いついた、SEO対策について書いてみました。
本日は以上です。

コメント