Googleにも人様にも見てもらえるように「見出し」はとっても大切です

SEOエスイーオー

記事タイトル同様に見出しも重要です

こんにちは。WEBディレクターの金川です。
今日は昨日のブログ、

思わず読みたくなってSEO対策にもなるブログタイトルの付け方

の続きになります。
昨日の記事では、ブログ記事のタイトルは、Googleさんに評価してもらうためにも、人さまにちゃんと読んでもらうためにも、とっても大切なんですよということを書きました。
今日は、記事タイトルの次に大切な「見出し」をしっかり付けることこも重要ですよということを、ご紹介させていただきますね。

無料ブログによっては見出し機能が無いものも

ただ「見出し」の解説の前に、残念なお知らせをしなくてはいけないんです。
それはアメブロを始めとした無料ブログサービスが提供してくれているブログには、この「見出し」機能が無いことがほとんどだからです。
なので今回の「見出し」のお話は、次のブログを利用されている方に向けたものになってしまいます。

  • WordPressワードプレス
  • はてなブログ

WordPressは当然として、はてなブログが「見出し」機能をちゃんと持っていることは、ほんとにスゴイなあと思います。
そもそもこの、はてなブログのサービス提供会社が、WEB好きでマニアックな方々が集まってできた会社だと聞いています。
この見出し機能からも、はてなの気概というか本気さを感じる気がいたします。
WordPress、はてな以外のブログをお使いの方にとっても、「見出し」は使うことは出来なくても、「見出し」の考え方を知ることは、かなり大切なことなので、よければ参考にしていただけると嬉しいです。

見出し・段落について「うむむ…」な例

まずは例をご覧いただきますね。

いかがですか?
読みにくいというか、ボクならそもそも読む気がしないというか読みません。
これはGoogleさんから見ても同じことらしく、文章に何が書かれていて、その中で重要なキーワードが何なのかが見えてこないんですね。
結果として、Googleさんからも人様からも「だめだこりゃ」扱いを受けてしまうことになります。
仮に役立つ良い情報が盛り込まれていても、「だめだこりゃ」と判定されてしまうと、誰にも読んでもらえず、無駄になってしまうんですね。これはあまりにもったいない。

見出しを適用した見本から気づくこと

次に、記事タイトルや見出し、さらには本文の段落構成まできちんとした例をご覧ください。

先の例に比べて圧倒的に読みやすいでしょう?
このようにタイトル、見出し、本文の段落構成をきちんとすることで、単に読みやすくなるに終わらず、何をテーマにした記事なのかがはっきりしてきますよね。
↓上の例を具体的にパーツに分解するとこんな感じになります。

このように、タイトルや見出しをしっかり意識することは、記事本文に何を書くかに次いで大切なことなんですね。

W3C=World Wide Web Consortium

実はこの「見出し」という考え方は、世界共通の考え方なんですよ。
ちょっとお勉強チックなことを書きますがご容赦くださいね。
WEBの世界で、みんなが好き勝手にやって無茶苦茶になってエラいことになることの無いように、いろんな取り決めをしてくれる世界的な協会のようなものがあります。
それは「W3C=World Wide Web Consortium」というところです。
このW3Cが「見出しはちゃんと付けてくださいね」と決めてくれています。
なので「見出し」をちゃんと付けるとGoogleさんからの評価が上がるんですね。
ちゃんとルール守ってるね!という感じです。
その意味では、サービス提供会社によっては、ブログに「見出し」を付ける機能が無いのは、ボク的にはちょっと不思議な気がいたします。

見出しには1~6までの6種類あります

最後に「見出し」の種類による意味合いの重みについて紹介しますね。
見出しには重みの種類が6種あるんです。

  • h1=見出し1
  • h2=見出し2
  • h3=見出し3
  • h4=見出し4
  • h5=見出し5
  • h6=見出し6

数字の小さいものほど重要度が高いです。ちなみにこの「h」は「Headline」の略です。
通常、「h1=見出し1」は記事タイトルに自動的に適用されます(WordPressの場合)。
ブログそのもののタイトルではなく、個々の記事タイトルに「h1=見出し1」が適用されることから、記事タイトルがそれだけ大切ですよということがわかりますね。
なので記事本文の中で使うことができるのは、「h2=見出し2」からです。
ボクの場合はほとんど「h2=見出し2」から「h4=見出し4」までしか使いません。
それで十分なのでね。
ということで、「見出し」を適切に使うことはGoogleさんに向けてだけではなく、人様にちゃんと届けるためにも大切なことなんですね。
ブログをこれからも書き続けるみなさんのお役に立てると嬉しいです。