「企業の情報より友達の情報を信用する」。本当にそうなってきてるんじゃない?

SNS

私、SNS≒Facebook初心者です。

恥ずかしながら?私、SNS歴というかFacebook歴5か月です。
そこそこ活発に使い出したのがさらに最近で、ブログを始めた2月からだから2か月くらい。
仮にも(笑)ホームページ制作を仕事に掲げておきながら、いったいなんなんでしょう。
ま、そんな私の話は放置して、今日は、
Facebookってほんまにスゴイなあ!
というテーマで記事を書くとします。
といっても、最近ご縁をいたただいた、壁下陽一さんのブログ、
不可能を超えろ。SNSのおかげで友達を選べる時代になった | クリーニング屋が伝える上手なご家庭洗濯のブログ
や、
最近の私のマイブームになっている(ブームに終わらない予感が♪)、エクスマ=エクスペリエンスマーケティングの藤村正宏さんのブログ、
エクスマスマホとSNSが普及が、個人間のコミュニケーションをメディアにした
に、ものすごーくインスパイアされたからなんだけどね。
ちなみにパクリとかでは一切ありません!
あるとすればオマージュです(笑)
 

不正確な情報を発信するところだった

このブログの昨日の記事、
(しばし待て!4/10追記あり)UQ WiMAXならデータ使用量7GB制限なしで、外でも家でもインターネットができるよ。
で、
「UQ-WiMAXというモバイルWiFiルーターがおすすめだよ」
という記事を書いたんです。
WIMAX2
 
自分的にはそこそこしっかり調べて、契約するんだったら、ココだなーなんて感じで気楽に記事を書きました。
でも記事をアップしてすぐに、Facebookの友人(リアルでも友人)から、かなり重要な意見をもらいました。
その意見を整理すると、

  • 良い悪いはあえて言わない。
  • ただ手放しで絶賛できるものじゃない。
  • 考慮すべき重要ポイントがある。
  • 他にも有利&優位なサービスが存在する。
  • なので慎重にしやがれ!(笑)

みたいな感じです。相当私の意訳が含まれてます(笑)
私、正直冷汗を書きました。
いくら読者の超少ない私のブログでも、毎日見て下さってる方もいるわけです。
そんな、ありがたくもキトクな方に、不正確な情報をお伝えした結果、
「金川さんが勧めはったから契約したのに、えらい目に会ってしもたやん!」
なんてことになったら、いくらなんでも申し訳なさ過ぎます(悲)
でも、意見をもらったおかげで、そんなことにならずに済みました。
追記で補足を書くことができましたから。あーよかった!
 

企業の情報より友達の情報を信用する

↑この見出しは、藤村正宏さん記事のオマージュです。だってステキでしょ♪
さて、今回の大切な意見をいただいた方の一人が、くにともさん。
このくにともさん、IT系のエンジニアをされてて、今回のようなことには、超絶精通されてるんですね。
ちなみに私、くにともさんとはリアルで2回しか会ったことないです。
くにともさん
 
でもね、

  • 自転車仲間であること
  • リアルであった時に、気が会うなあと感じたこと
  • Facebookを通じて私のことをちょっと知ってくれてる
  • Facebookを通じて私も彼のことをちょっと知ってる
  • ITの専門家である
  • ウソをつくような人じゃなさそう
  • 少ない引き出しから適当なことを言う人じゃなさそう

なんてことから、今回のようなことでは、私のくにともさんに対する信頼は絶大です。
そんなくにともさんが、

  • 「UQ-WiMAXがどうこうはさておき、他にこんなおススメがあるよ♪」

とアドバイスしてくれました。
それは、「日本通信(bーmobile)の格安SIM」だそうです。
あ、話の流れ的には「日本通信~」が分からなくても、大丈夫ですから(笑)
日本通信b-mobile ホーム(bモバイル)|スマホの月額料金を安く!格安SIMカードを提供する日本通信
この時点で、近々に私が契約するであろう、モバイルWiFiは「日本通信~」一択に決定しました。
だれがなんと言おうと「日本通信~」です。
だって、くにともさんがおススメしてくれるんだから(笑)
※あ、みなさんは自分で調べて決めてね。私のせいにしないでね(笑)
 

SNSで世の中が激変してきていると私だって思います

私、ホームページや印刷の仕事柄、セールスやマーケティングの勉強をちょこっとしてきました。
関連する本もそこそこ読んできました。ま、大したこと無いですか(笑)
でも、これから先、そんなこんなが、役に立たないとは言わないけれど、今までのようにはイカンだろうと、しんそこ思います。
正しく発信すること前提で、良いモノ、正しいコト、真面目で正直なヒトが、報われる時代がくるんかな?って感じます。
こんなことに気付けて、ちょっと嬉しかったりして。

コメント