「Page Plugin」を使ってホームページとFacebookを連携する方法を具体的に。

SNS

ホームページとFacebookを連携する意味

あまり動きの無い(更新頻度が少ない)ホームページから、頻繁に記事が更新されていて、内容が新鮮なブログやFacebookページに、既存のお客さんや未来のお客さんに来てもらうことが、縁をつなぐ、忘れないでいてもらうために、大切なことだなあと思います。
そしてそれを実現するために、ホームページにバナーボタンを貼ってリンクしたり、Facebookであれば、Facebookが提供してくれているプログラム「Page Plugin」を利用するわけですね。
あわせて、2015年6月23日にサービスが終了する、Facebookの旧プログラム「Like Box」を使っている方は、終了期日までに、「Page Plugin」への切り替えをなさってくださいね。
では早速、「Page Plugin」をホームページに設置する方法を紹介します。
なお、「Page Plugin」の設置ですが、HTMLエイチティエムエルという、ホームページを構成するプログラム言語の知識が、ちょっとだけ必要なので、実はなかなかに難易度は高いです。
なので、まずは「そんなのがあるんだなあ」くらいで大丈夫ですよ。
 

注意点:連携先はFacebookページのみ

Facebookには、個人ページとFacebookページがあり、銀行口座に例えるなら、

  • 個人ページ=個人口座
  • Facebookページ=法人・会社口座

みたいな感じです。そして、「Page Plugin」で連携できるのは、法人・会社口座であるFacebookページだけです。
もし、個人ページとの連携を考えていて、がっかりしちゃった人がいたら、ごめんなさい。
 

「Page Plugin」のコードを取得する

まず「Page Plugin」のページへ行きます。
pageplugin
Facebook-Page Plugin
 
↓リンク先ページに行くと、このような画面が出てきます。
pagepluginブランク
 
それぞれの項目を設定します。
設定した結果がリアルタイムで下に表示されるので、あれこれ楽しみながら設定なさってください。
pageplugin設定
設定する内容が決まったら、最後に一番下の「Get Code」ボタンをクリック。
 
するとこんな画面が出てきます。
pagepluginコード
 

取得したコードをホームページに貼り付ける

ここからが、急にハードルが上がってしまうところですが、まずは「なんとなく」でスルーしてくださいね。
上の1のコードは、ホームページを構成する、HTMLエイチティエムエルの文の、<body>タグのすぐ下に貼り付けます。
下の2のコードは、HTMLエイチティエムエルの文の中の、「Page Plugin」を表示させたい任意の場所に、貼付けてください。
 
↓結果がこちら。といっても先の設定画面で見た通りなんですが。
pageplugin表示
 

自分でできない場合はどうしましょうか?

先にお伝えした通り、「Page Plugin」を設置するためには、ホームページを構成するプログラム言語、HTMLエイチティエムエルの知識が、ちょっとだけ必要です。
↓HTMLエイチティエムエルの超基本的な例です。

<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
コンテンツ
</body>
</html>

 
HTMLエイチティエムエルを無理にさわると、ホームページが壊れることがあります。
というか、壊れます。
いや、そもそも、HTMLエイチティエムエルを見に行くこと自体がハードルですね。
なので、「これは無理・・・」と思われた時は、文字通り無理をせずに、助けを求めるほうが賢明です。

  • 詳しい友人知人にお願いする
  • つきあいのある業者さんに依頼する
  • 金川さんに依頼する(笑)

こんな感じですね。
上記の通り、もちろん私が対応することは可能です。
ちなみに、私の友人知人であっても、お代はきっちりいただきます。
お代をいただかないなんて、プロ失格ですから(笑)
場合によっては、ランチをごちそうしてくれることでOKかもしれません(笑)
 
「Page Plugin」を利用することで、お客さんや未来のお客さんと、ゆるやかなつながりが増えるといいですね。
 

コメント