ネットの先であっても断片的な情報からその人の人柄が透けて見える。どんなに取り繕っても本当の姿は隠せない。ネットオークションの事例から。

SNS

人柄が透けて見えることに確信を深めたガタニイ塾

7月13日・14日の日程で開催された壁下陽一塾長主宰のマックスブログ塾inガタニイにオブザーバーの立場で参加させていただきました。
広い意味での商売繁盛に役立てることを目的に、ボクがFacebookを始めとしたSNSやブログの人に伝わって共感してもらえる使い方や運用方法を学ばせてもらってるのが、このマックスブログ塾なんです。
そして今回はなかなか大阪には来にくい北陸の方々のオファーを受けて、壁下塾長は本業のクリーニング屋さんの仕事をやりくりして、初めての新潟での開催となったんですね。
ボクはここ最近の壁下塾長の行動パターンをなんとなく把握しているので、通り一遍等のセミナーにはならないだろうなとは予想していました。
しかし今回のガタニイ塾はボクの予想を大きく越えてハンパない逸脱ぶりでした。
SNSについてはまずまず1時間ほどの話をしていただいたような気もしますが、ブログについては「毎日書こう。」の一言のみ。
ただボクは知っているんです。この一言に真理が隠されていることをね。
まあ塾長ご本人がそれを認識して話したかどうかは、はなはだ疑問ではありますが(笑)
というわけで、ガタニイ塾についてはまた日をあらためて書ければ良いなと思っています。
そして今日のブログは以前書いてボク自身もとても気に入っている記事のリバイバルです。
なぜリバイバルする気になったかというと、今回のガタニイ塾で「SNSやブログを通して、その人柄が透けて見える」という事実に改めて確信を深めたから。
たぶんリアルよりもわかりやすいのかもしれないなと思うんです。
その分、誤魔化しも効かないし、取り繕うことも難しいんじゃないかな。
逆に言うと、口下手でもシャイでも人見知りでも、その人の本質的な良さを分かってもらいやすい世界になってきたとも思いますね。
サムネイル

娘ちゃんが自転車を乗り換えたのでお役御免の自転車をネットオークションに

うちの小学生の娘ちゃんも自転車に乗っているんですが、子供の成長というのは早いもので、3年ほど前に買ってあげた自転車がもう小さくなってしまったので、乗り換えることにしたんです。
なので今まで乗ってきた自転車はお役御免になるんですが、自転車大好きなボクが選りすぐってチョイスした自転車だけあって、3年ほど乗ったにしては、サビもほとんどなくて、見た目もそこそこキレイでまだまだ乗れる感じ。
普段からきちんとメンテナンスしてたのも大きいと思います。
↓コーダーブルームというスポーツ自転車を作ってる日本の会社の子供自転車です。
たしかなんだかんだで4万円近くしたとおもいます。
ホームセンターで売ってる自転車とかと比べるとめっちゃ高いですね(笑)
1200-1
1200-3
そのまま置いておいても場所を取るし、といって誰かにあげるあても今のところは無いし、いつものごとくネットオークションで売ることに決めました。

手間とクレームを避けるために手渡し引取り限定

いつもだったら、それなりのお値段で落札で落札されることが予想できるので、分解して梱包して地方発送も対応するんですよ。
でも今回ばかりはおそらく1万円~2万円の間で落札されそうな気がしまして、それで梱包とかの手間をかけると割に合わないなと思って、手渡し引取だけという条件付きで出品したんですよ。
また手間だけの問題ではなくて、高額なスポーツ自転車の場合は、相手もそれなりの自転車ファンであることが想定されるんですが、今回のように安価な子供自転車だと自転車に詳しくない人に落札されることも多いに予想されます。
その場合、分解して梱包して発送したはいいけれど、到着後ちゃんと組み立てられない恐れがあります。これってクレームの元ですから。
このあたりも手渡し引取限定の理由だったりします。
そして出品すると、けっこう魅力的な自転車と思ってもらえたんでしょうね、どんどんウォッチリスト登録カウントが上がっていきます。
これは確実に落札されそうだな、高く落札されるといいなと気分も高まってきます。

大切にしてくれそうな方から連絡が入る

そんな中、ある方からオークション機能を通して質問を受けたんです。

(質問者)
手渡しのご予定なのにところ恐縮ですが、当方急ぎませんので、ペダルやハンドル等をばらした状態で結構ですので、発送していただくことは出来ないでしょうか。ご検討宜しくお願い致します。

正直邪魔くさいなあと思ったんですが、その方の過去のオークション利用履歴を見ると、どうやらちゃんとした人のようで、なおかつオークションで取引した商品から自転車趣味の人であることがわかりました。
それだと、組み立て出来なかったというクレームは無さそうだし、同じ自転車ファンということで親近感もありまして、発送の対応をすることにしました。
もちろんこの方が落札した場合に限りなんですけどね。

(ボク)
回答答遅くなり申し訳ありません。 それなりに分解しますので、ご自分でしっかり組み立てられることを前提に発送お受けします。 ヤマト便実費(関東で5,000円強)と梱包料2,000円は落札金額とは別にご負担ください。

するとその方から続いてメッセージがきました。

(質問者)
ご回答ありがとうございます。 一応私も趣味が自転車なので、もちろん自己責任で組み立てます。 子供の自転車を探していたところ、信頼のあるコーダーブルームの自転車であることと、出品者様が日常からメンテナンスされていたこと、何より子供自身も大変気に入り質問させて頂いた次第です。 総額2万円以下で何とかなればと思っていますが… ご縁がありましたら宜しくお願い致します。

これらのやりとりで、ボクはこんなことを感じたんです。

  • ちゃんとした人みたい。
  • ボクと同じ自転車ファンなんだな。
  • 子供さんが大変気に入ってくれてるってうれしいね。

それにこれは後になって分かることなんですけど、子供さんが娘さんで、この春から小学校に入学して、その入学祝いにこの自転車を乗せてあげたいということみたい。
そんなこんながあって、ボクはこの自転車をぜひこの方に落札して欲しいなと思ったんです。
だってちゃんとコーダーブルームの自転車の価値をわかってくれているし、子供さんも気に入ってくれてるそうだから大切に乗ってくれそうでしょう。
まったく見ず知らずの人なんだけど、こんなやりとりの中から、ネットの向こう側の仲良し親子の顔が見えてくるような気がするんですよ。

ネットの先であっても断片的な情報から人柄が分かる

なのでこの方に入札するように勧めて、そして入札が入り次第、即刻早期終了させることで無事この方に落札してもらうことができました。良かった。
けっこうな数のウォッチリスト登録があったので、最後までオークションを続けていたら、良いお値段まで上昇してたかもしれないけど、それはそれで良いんです。
ボクの大切にしてきた自転車が、感じの良い親子さんの元に行くということにとても価値を感じるんです。
それも何万円も違うならまだしも、それほどではない差だろうしね。
近日中に分解して、梱包して、そして発送するんですが、たぶんそれで全て完了です。
その後は二度と関わることは無いと思います。たぶんね。
でもね、今回のことを通して、何事も結局は人なんだなあとじんわりと思ってしまいました。
ネットの先の人であっても、いろんな断片的な情報から、なんとなく人柄が分かっちゃう。
このへんはリアルもネットの世界でもあんまり変わらないなと感じますね。
その意味でも、SNSやブログやその他も手段も含めて、発信し続けることって大切なんだなあと改めて感じた出来事でした。
いい経験をさせてもらいました。ありがとう。

コメント