Windowsでも画面の一部スクリーンショットが撮れる!「「Snipping Tool」

パソコン

今日は例外的に知識・ノウハウ系のブログです

こんにちは。WEBディレクターの金川です。
ボクのこの自分のブログには、知識・ノウハウ系のことはあまり書かない主義なんです。
だってわざわざボクが書かなくてても、Googleで検索すれば、そういうのはザクザク上がってきますから。
でもね、今日は我ながら「これはええやんか!」というのを見つけましたので、マイルールを曲げて知識・ノウハウ系の記事を書くことにしました。
まあそんな能書きを書かなくてもいいんですけどね(笑)
さて今日のテーマですが、Windowsパソコンでスクリーンショットの一部を切り取って保存するという、分かる人にとっては「おおー!」であり、そうでない人にとっては「なんのこっちゃ?」というノウハウを取り上げます。

スクリーンショットを簡単に撮れるMac

さてそのノウハウを解説する前に、WindowsではなくMacについて触れたいと思います。
ボクの例で恐縮ですが、ブログの原稿を書き進める際に、PCのスクリーンに表示されている一部を切り取ってブログに貼り付けたいことがあります。
そんなときにMacにはとても便利な機能が備わっているんですよ。
▼その方法を解説してくれてるAppleのページです。

Mac でスクリーンショットを撮る方法

こんな感じでMacについてはあっさり触れておきます。

ボクがWindowsでやってきた大げさな方法

最近でこそMacBookAIRを手に入れて、Mac使いの仲間入りを果たしたボクですが、これまではずーっとWindows派でした。
そして今でも実際にお仕事で使うのはWindowsメインでして、MacについてはWEBディレクターである以上知らぬでは済むまい!ということで、あっさりたしなむ程度なんです。
なので、画面の一部をさくっとキャプチャ(切り取り)できてMacは良いなー、Windowsでも出来れば良いのになーっと思ってきたわけです。
画面の一部のキャプチャが欲しい際に、これまでボクがやってきた方法はこんな感じです。

↓「Functionキー+PrintScreenキー」で、画面全体のスクリーンショットを撮る。
↓Photoshopを起動させて画面全体のスクリーンショットを貼り付ける。
↓Photoshop上で必要部分を切り取る。
↓保存する。

なかなかに邪魔くさい手順のようですが、慣れ親しんだPhotoshopなので、実はそんなに大変ではありません。ボクに限ってはね。
でもこんな方法を人様にお勧めできませんし、そもそもPhotoshopなんて普通の人は持ってませんよね。だからアウト。
でもね、最近とんでもない事実を知ってしまったのです。
言い方を変えるとただ単にボクが知らなかっただけなんですけどね(笑)

WindowsでもSnipping Toolでラクラク部分キャプチャ

結論から言うと、Windowsにあらかじめ備わっている「Snipping Tool」というツールを使うと、Macと同じとは言わないけれど、まあ似たようなことができるのです。
Macに比べると一手間多いような気がしますが。

▼その方法を解説してくれてるマイクロソフトのページです。

Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

ほんとは詳しい手順を画像を使って解説するといいんでしょうけど、そこまでボクは親切ではありません(笑)
だって上のマイクロソフトのサイトを見ればわかりますからね。

そしてMacのキャプチャ機能に比べて、WindowsのSnipping Toolの優れているところは、四角形の切り取りだけではなくて、こんな機能もあるもよう。

ペンで自由に囲った部分の切り取り。

ペンツールで線や字を書けちゃう。

蛍光マーカーを使えちゃう。

てな感じですかね?

▼上の機能を試したみた図。

字がヘタすぎる!(笑)

ちなみにWindows7以降からSnipping Toolが備わっているようです。
まあいまどきXP使ってるのはちょっとアレですから、みんな使えますよと言ってよろしいでしょう。

ちょっと気の利いた機能ですが、これからがんばってブログを書くぜ!いろんな画像をキャプチャしてブログに貼り付けるぜ!という方には、なかなかに耳よりな機能だと思いますね。

ということで、単に知識・情報として取り上げただけでは終わらず、ボクなりのインプレッションや感想を加えたブログ記事にしてみました。

だれかの役に立つと嬉しいな。

本日は以上です。