ドメインは「○○.com」が一番おススメ

WordPress/ワードプレス

引き続き、
アメブロとかFC2とかの無料ブログサービスから、独自ドメイン前提でWordPressワードプレスを活用した自前のブログに移行したい!
をテーマとして開催したセミナーに関わる記事です。
気付いたことが山ほどあるので、当面続く予感がします。いや、とびとびにしたほうが良いかな?
今回は独自ドメインについてです。
 

セミナー内容と独自ドメイン

今回開催したセミナーは内容はざっくり言うとこんな内容。

  • サーバー契約
  • 独自ドメイン取得
  • WordPressインストール
  • WordPressカスタマイズ
  • テーマ「simplicity」適用カスタマイズ
  • WordPress操作ガイダンス
  • WordPress実際に記事作成~投稿
  • Facebookでシェアのシミュレーション

 
単にワードプレスを使えるようになるためのセミナーではなくて、ビジネスや日々の活動の中で、がっつり本格的に活用できるようになることが目的です。
なので、そのためには独自ドメインはどんなのにすれば良いか、ボクの経験や知識を伝えつつ、みんなでかなり真剣に考えました。
そして考えた結果、あらかじめ下調べしてきた独自ドメイン案とは、全然異なるドメイン名になってしまいました(笑)面白いですね。
 

ドメインは「○○.com」が一番のおススメ

ドメイン
 
「○○.com」 最もメジャーです。年間費用1,500円前後。やはりこれを勧めたいです。
「○○.jp」 けっこうメジャー。年間費用5,000円前後。良いと思います。
「○○.net」 メジャーではないですね。年間費用1,500円前後。あまりおススメしたくない。
「○○.co.jp」 法人格が取得するもの。年間費用7,000円前後。個人ブランディングには使えません。
 
というわけで、今回は全員に「○○.com」でいってもらいました。
ただいろんな考えがありますし、正解は一つではありません。しっかり考えて選ぶのが良いと思いますよ。
 

ドメイン取得可否を調べられるサービス

「○○.com」が良いなと思っても、そのドメインが先に取得されていれば、選ぶことはできません。
 
例えば、ボクが主宰する「有限会社紫電改」の独自ドメインですが、できれば
shidenkai.com
を取得したかったんだけど、すでに取得済みで取ることができませんでした。
まあ、スーパーゼロ戦と言われる紫電改なので、それはそうだろうなと十分想定の範囲でしたが。
 
なので二番目の候補である、
shidenkai.jp
でドメインを取得しました。今ではこれで良かった!と思っています。気に入ってます♪
 
というようなことを、独自ドメインを取得する以前に、前もってあれこれ調べることができるサービスがあります。
いろんなところで調べることができますが、今回利用したエックスサーバーでもサービスを提供しているので、紹介することにしますね。
 
ドメイン検索 | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
ドメイン検索
 
というような経緯を経て、結局どのように独自ドメインを決めたかを次回書く事にします。
 

コメント