WordPressワードプレスのIDとパスワードは忘れてはいけない!

WordPress/ワードプレス

「ログインできない!」というSOS要請がきました

昨日のブログ記事、
WordPressワードプレスでのログインできない時の対処方法
~で、いつも通りにワードプレスにログインしようとしても、なぜかログインできない場合の対処方法を紹介したんですね。
すると昨日の夜のこと、エクスペリエンスマーケティングの先輩で、ボクがインストラクターをさせてもらってる「WordPressを一日で立ち上げるセミナー」も受講してくれた「露ちゃん」からSOSの要請がFacebookメッセンジャーで届きました。
どんなSOSかと言うと、

ようやくブログ書く気になったのでワードプレスにログインしようとしましたが、なぜかできません。
2ヶ月もノータッチだったので、ダメなんでしょうか?
有効化リンクをメールで送ったというメッセージがありますが、どこの受信箱にあるのか見当つきますか?

というSOS要請でした。
まるでボクのブログ記事に合わせたような内容で思わす笑ってしまいました(笑)
いやほんとに記事を見たうえで連絡してきはったのかもしれないなあ~
先に結論から書きますと、最終的には無事ワードプレスにログインできました。
とりあえずワードプレスに関しては、ボクのことを信頼してくれているようなので、IDとパスワードを教えてもらって、「wp-admin」と「wp-login.php」でログインをすると、問題なくログインできます。
その後、露ちゃん本人にもトライしてもらうと、やはり問題なくログインできました。
正直言って原因はわからないんですが、2ヶ月も放っておくと、ブラウザの変な履歴であるとか、Cookie(分からない人は無視してくださいw)とかが蓄積していって、何か悪さをしているだろうと推測する次第です。
まあ二ヶ月も放っておくのもどうかと思いますが(笑)
ということで、今回のSOSは事なきを得ました。良かったです。
あ、露ちゃん、ボクに教えたパスワードは変更しておいてくださいよ。
↓露ちゃんのブログはこちら。昨日スタートしたばかりです。
組織機能訓練士つゆもとのブログ | 人と組織のココロとフトコロを温める
露ちゃん
あ、トップページの記事一覧のアイキャッチ(サムネイル)が抜けていますね・・・

WordPressにもレスキューの仕組みはあるが・・・

今回はセオリー通りのログイン不能状態だったんですが、実はボクはまた違う問題があるんじゃないかな?と推測していたんですね。
ワードプレス立ち上げた後、公開することなく二ヶ月も置いておいたので、ログインIDとかパスワードとか忘れちゃって、間違ったやつを入力して弾かれてるんじゃないかなと思ったんです。
結論から言うとそうじゃなかったんですけどね。露ちゃん失礼しました。
ただ今回は違ったから良かったんですけど、本当に難儀なのはID(ユーザー名)とパスワードを忘れたり、間違ったものを覚えてしまうことなんです。
もちろんワードプレスにだって、IDやパスワードを忘れた場合のレスキューの仕組みは用意されているんですよ。
ログイン
このログイン画面の下から二つ目の行の、
「パスワードをお忘れですか?」
をクリックすると、こんなのが表示されます。
ログインメールアドレス
「ユーザー名またはメールアドレス」欄に、正しいユーザー名かメールアドレスを入力できれば、ワードプレス初期設定時に指定したメールドレスに、パスワード変更更新のお知らせメールが届くという段取りです。
でもね、ID(ユーザー名)やパスワードを忘れたり、間違ったものを覚えてしまうような人の場合、初期設定したメールアドレスを正しく覚えている可能性は低いですよね。
昔だったら、メールアドレスはインターネットプロバイダーからもらう1つだけの人も多かっただろうけど、今じゃほとんどの人は複数のメールアドレスを持ってるのが普通ですからね。
なので、パスワード変更更新のお知らせメールによるレスキューも、不可能なことも十分にありえます。

WordPressは自己責任が原則

ワードプレスではない、営利企業が運営しているインターネット上のサービスであれば、事務局であるとか、カスタマーサービスとか、そんなところにSOSすれば、いろいろややこしいことはあるだろうけど、最終的にはなんとかなると思うんです。
まあアメブロ等を始めとした無料ブログサービスが、どこまでフォローしてくれるかは、やったこと無いので知りませんが。
でもワードプレスの場合は、世界中の有志がボランティアで作ってるプログラムなので、事務局とかカスタマーサービスとかありません。
「ワードプレスフォーラム」というボランティアの相談窓口はありますが、そこまでは対処してくれません。

プロにレスキューを頼むのは最後の手段

では対処方法が無いのかというと、あるような無いような(笑)
あまりにも専門的な話なので詳しい説明はスルーしますが、普通?ではアクセスできない「データベース」というデータの奥深くにIDとパスワードの情報が格納されているらしいです。
そこにアクセスして、IDとパスワードを掘り出すことが可能らしいのですが、ボクはまだやったこと無いですね(汗)
それにこれを実行するためには、時間も手間もかかるので、プロとしてはそれなりの報酬をいただかざるをえません。
このへんは友人知人であろうと関係無しです(笑)

ID・パスワードしっかりメモしておく!ゼッタイ!

ということで、無駄な時間、労力、お金を使うことの無いように、これだけはお願いいたします。
ID(ユーザー名)、パスワード、登録メールアドレスはしっかりメモしておく。
パソコンが逝っても盗まれても、家が火事になっても、大丈夫なように複数の保存先を確保しておく。
以上ボクからのお願いでした。
特に「WordPressを一日で立ち上げるセミナー」卒業生のみなさんはお願いしますね。

コメント