小さな会社やお店で固定的なホームページって必要?ブログで十分じゃない?

WordPress/ワードプレス

ボクの会社・紫電改のホームページはブログスタイル

ボクが運営している制作会社、有限会社紫電改のホームページは、ご覧いただいてお分かりの通り、あえて見た目体裁を完全にブログのスタイルを取っています。
このホームページ制作にあたっては、WordPress~ワードプレスというシステムを使って制作してるんです。
WordPressワードプレスにもし興味がおありでしたら、下の項目を見ていただくといろんなことが分かると思いますよ。
このブログの「 WordPress/ワードプレス 」関連記事 一覧
しかし、
「カチッとした企業サイトを制作するスキルが無いのでブログスタイルなんだね」
などと決して思ってはいけません(笑)
ボクもこの道のプロの端くれなので、いわゆるカチッとした会社らしいホームページを制作することは、当然可能です。
↓そんなわけで、ちょっとしたシャレ?で企業っぽいサイトを作ってみました。もちろんフェイクでして実際に存在するホームページではありません。
企業サイト例
自分で作っていて何ですが、懐かしいなあと思ったりします。だって10年ほど前はどこの会社もみんなこんなスタイルでしたからね。
逆にビジネス用途のウェブサイト(ホームページ)をブログスタイルにするなんて、受け入れられない時代でもありました。
今となっては少々「昭和」な香りさえ感じしまいます。
まあWebサイト制作についてはそこそこ知識も能力もあると自負している次第ですが、悲しいかなデザイン力が少々、いや相当不足しているので(笑)そのあたりはインパクトのある写真やレイアウトの工夫でしのいでいるわけです。それでいいのか?
ただ今年になって「津村雅子さん」というデザイン力がハンパないフリーランスのプロデザイナーと友人にならせてもらいまして、彼女の力をあれこれ借りることでボクの仕事のクオリティも劇的にアップするのではあるまいかと、密かにニヤリとしている次第です。
↓津村さんのブログサイトです。
つむゴ
つむゴのデザイン&イラスト工房 | 販促物やロゴデザインをはじめ、伝えたい事をわかりやすくするためのカットイラストや、イメージイラスト、キャラクター制作、伝えるマンガを承っています。

大きな会社のホームページを見てみる

なぜボクの会社のホームページをブログスタイルにしたのかをお伝えする前に、大企業さんのホームページを見てみる事にしますね。

↓ソフトバンクモバイルのホームページです。

ソフトバンク
ソフトバンクのスマホを使ってる人や、ソフトバンクでiPhoneを買おうかな?と思ってる人なんかだと、いろいろと用事がありますよね。
今度の新しいiPhoneのスペックはどんなんだろうなとか。
docomoから乗り換えたらどんな割引があるのかなとか。
インターネットの光回線とセットにしたらどんなメリットがあるんだろうとか。
今月引き落とし予定の料金はいくらだったかな?とか。
そんな要望に応えて、ソフトバンクモバイルも、必要な情報をしっかり提供できるように、いろんなページと窓口を用意してはりますよね。

 ↓そしてこちらは、ブリヂストン自転車のホームページ。

ブリジストン
ボクはブリヂストンの自転車が好きなんです。といっても趣味のほうの自転車じゃなくて、毎日生活で使うほうの自転車のことですが。
ブリヂストンの自転車って、お値段はちょっとだけ高いですけど、とても頑丈だし、丁寧に作ってあるし、大事に使えば長~く使えるんですよ。
なのでボクは、このブリヂストンのホームページで、たくさんラインナップされてる自転車の中から、デザインやスペック、値段なんかをしっかり調べてから、いつもお願いしてる自転車屋さんに注文させてもらってるんですよ。
しいて言えば、スマートフォン対応をしてないのが残念ですが、詳しい製品情報を掲載するので、スマートフォン対応にはいろいろ課題があるのかもしれません。
製造メーカーさんのホームページはそういうことが、今のところは多い感じです。

小さな会社・商店のホームページついて考える

かたや、私たち中小企業商店はどうでしょう。あ、ボクの会社は中小どころか零細なんですけどね(笑)
正直そんな情報量は存在しないというか、必要がないことが多いと思うんです。
電話番号とか、営業時間とか、休業日だとかアクセス方法とか。
一度ホームページで確認できればある意味もう十分。そして再度訪問する必要も理由もないとことが多いのではないでしょうか。
逆に小さな会社やお店の場合は、
店主やスタッフの人柄だとか、仕事への情熱だとか、今日はこんな感じでしたよ、こんなウレシイことがありました、とか
そんな人の顔が見える身近な情報なんじゃないかなと思います。
であれば、動きのない情報が固定的なホームページよりも、ブログスタイルにして日々の活動をタイムリーに表現するほう良さそう。
普通のホームページだと、相当詳しい人か、あるいは業者さんに頼まないと更新できないというデメリットもありますし。
というわけで、ボクの会社もホームページをブログスタイルにしてるんです。
付け加えると、WordPress~ワードプレスなら、いつだってトップページだけをカチっとした企業サイト風に作ることもできますしね。
ボクの場合は必要を感じないのでしていませんが。

固定的なホームページとブログスタイルを融合させる方法

たびたび紹介させていただいてますが(笑)ボクが制作させていただいた、バイクショップのホームページを見てくださいね。
↓東大阪のバイク販売店-モーターサイクルショップ・ニュートンさん
ニュートン
ややこしくなるので、専門的な説明はあえてしないでおきますが、WordPress~ワードプレスで制作してあります。
なのでショップの皆さんで更新できるブログ機能を生かしつつ、見た目は普通のホームページのように作ってあるんですよ。
そういう意味で、カチッとしたホームページとブログスタイルの融合というか、いいとこどりな感じですね。

BizVektorでホームページライクなWebサイトを作る

上で紹介したバイクショップニュートンさんのホームページはをWordPress~ワードプレスで制作したのはその通りなんですが、既存の汎用テンプレートの利用はしないで、WordPressの仕様に合わせてゼロからプログラムを書き起こしたんです。
なので相当時間と費用もかかりましたし、正直言ってニュートンさんもボクも大変です(笑)
しかしここ最近になって「BizVektor(ビズベクトル)」というビジネスサイトをWordPressで作るための汎用テンプレートを触り倒して研究してみたんですが、相当スゴイことが判明しました。
正直「ビズベクトル」を使えば、少々のトレーニングと勉強は必要だけれど、Webの専門知識なんかなくても普通も方でも自分でちゃんとしたホームページを立ち上げることができるやん!と思われます。
↓「BizVektor(ビズベクトル)」のことを取り上げた過去記事です。

BizVektor(ビズベクトル)でホームページライクなWebサイトを作る:WordPressをフル活用して座間味島の宮里清司さんをブランディング Vol.6

座間味屋

 ホームページに用事がない実例

最後に、個人的にお気に入りの、北海道の自転車屋さんのホームページとブログを紹介します。(なんで北海道?)
ホームページもブログも、デザイン的には正直イケてない感じです。ダサいです(失礼)
でも、ほぼ毎日書かれているブログがとても味わい深くて素晴らしいんですよ。ボクのような自転車ファンにとって。
だから、ある意味ホームページのデザインなんて、どうでも良いんです。
書いてある中身に興味があるんです。
そして私、こちらのブログは毎日欠かさず読んでいますが、ホームページは一度見た切りでその後一度も見てません。
だって用事がありませんから。
店主さんも、ブログはとても積極的に更新されていますが、ホームページのほうはほぼ放置状態です(笑)
おそらく店主さんもホームページには用事がないし、力の入れようもないんだろうなあと想像してるんです。
↓北海道・札幌の南風自転車店のブログです。
南風自転車店ブログ
 
↓北海道・札幌の南風自転車店のホームページです。
南風自転車店サイト
ということで今日はここまでです。ありがとうございました。

コメント