WordPressでブログを立ち上げるなら使用するテーマは「Simplicity」を選ぶことをボクは強くオススメします!

WordPress/ワードプレス

WordPressの外見・見た目・使い勝手を決定づける「テーマ」

今回はWordPressのテーマについてのお話です。
WordPressとは簡単に言うと、アメブロやはてなブログなどの無料ブログサービスではなく、独自ドメインを使って自前のブログを立ち上げることができるプログラムのことですね。
実際にはブログだけではなくて、バリバリに高度なWebサイト(ホームページ)も作ることができますがこのへんは今日のテーマからは離れるので詳しくは触れないでおきますね。
さて、自前のブログを動かすためのWordPressですが、記事データや写真画像などコンテンツ部分はWordPressの中にしっかり格納されるんですが、外観というか、見た目をカタチづくるのはWordPressに追加して使う「テーマ」が担当するわけです。
WordPressではテーマという言葉を使いますが、一般的には「テンプレート」とか「スキン」などの言い方をする場合が多いですよね。
例えていうと、外見の見た目を装うお洋服なような感じです。
お洋服にもTPOに応じて、スタイルや機能性などいろいろなものがあるのと同じようなものだと考えて良いと思います。
逆に言うとTPOに合わないものを選ぶとちょっと「うむむ・・・」なことにもなりかねないということも言えます。

ボクがお勧めするテーマは「Simplicity」

ボクは定期的に「WordPressをブログを1日で立ち上げる講座」を開催させてもらってるんですが、この講座ではテーマを「Simplicity」一択で選んでもらっています。
広い意味でブログをビジネスユースで運用する場合、ボクが知っている範囲で秀逸だなと思うテーマ「STINGER」があります。
以前はボクもこのSTINGERを使っていたこともあるんですよ。
↓STINGERについて書いた過去記事です。
「STINGER5」最初から全部入りフル装備の「WordPressワードプレス」無料テンプレート。
ただSTINGERを1年間使ってみて、ちょっと気になる点がでてきました。
なにが気になったかはここでは書きませんし書けません(笑)
そしてSTINGERに替わるテーマを探しに探した結果、今回の「Simplicity」にいきついたというわけです。
Simplicity

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料WordPressテーマ

「Simplicity」 をスミズミまで調べてみた結果

「WordPressをブログを1日で立ち上げる講座」で推薦することも視野に入れて、「Simplicity」 こと細かに機能を調べるというか試してみたんです。
すると想定を超える良さに気が付くわけですが、そのレベルがハンパない。
「STINGER」も良いな、良くできてるなと思っていましたが、ちょっと次元が違う感じです。もちろんボク個人の私見なので、そのへんは割り引いて考えてくださいね。
で得た結論は、
みんなもう何も言わずに「Simplicity」 にしとけば間違いない!
ということです。
さて書きたいことは山ほどあるんですが、すでに相当長くなったので、きはまた明日。
いろいろ掘り下げて書いてみようと思います。

コメント