自分自身で編集・更新できないホームページなんて意味無い。内容の変更・更新の度に業者さんに依頼するなんてナンセンス。

WordPress/ワードプレス

自分で編集・更新ができるWordPressの利用をお勧めしてきた

実は最近ボクの中で、ホームページまたはWebサイトの制作について、とある心境の変化があるんです。
今日はそのことをブログに書こうと思うんですが、なにぶんボクの心境の話なので、ほとんど独り言に近い内容だと思います。
それにWordPressワードプレスについての突っ込んだ内容になりますし、WordPressのことを知らない、あるいは使ってない方にとっては「なんのこっちゃ?」なお話なので、たぶん読まない方がいいです。
さて、ボクがクライアントさんからホームページまたはWebサイトの制作を依頼された際には、何はともあれWordPressでの制作を強くお勧めするようにしています。
先に書いておきますと、WordPressは何もブログを立ち上げるだけのプログラムではなくて、ちゃんとしたいわゆるホームページを作ることができるんですよ。
このへんは知ってる人は知ってる、知らない人は全然知らないお話かもしれませんね。

自分自身で編集・更新できないホームページなんて意味無い

そしてなぜボクがWordPressによるWebサイトの制作をお勧めするかというと、それはクライアントさん自身で、時系列の投稿記事や時系列ではない静的な固定ページの編集や更新ができるからですね。
ちょっと極端な意見かもしれませんが、自分自身で編集・更新できない、業者さんに都度都度、編集・更新を依頼しなくてはならないホームページなんて意味無いどころか、害であるとさえボクは思っています。
特に中小零細企業さん、商店さんの場合は特にそう。
広報の部署があったり、専任担当者がいたり、外部のプロジェクトチームがあるような大きな会社ならいざ知らず、なんでもかんでも自分でやらないと回らないのが、中小あるいは零細企業商店さんじゃないですか。
それをホームページ更新のたびに外部業者に依頼するなんて、全くナンセンスですよね。
時間もお金もかかるし、臨機応変な動きも難しいと思います。
そんなことを踏まえてボクはとにかく自分で編集・更新ができるWordPressの利用をお勧めしています。
というかWordPressじゃない固定的静的なホームページの制作は多分受けないと思います。すみません。
だってクライアントさんのためにならないと心底思ってますから。

企業サイトぽい外観にするためにオリジナルで設計

でもね、そう言っているにも関わらず、これまでボクはちょっとだけ的はずれなことをしてきたんじゃないかなと思ってるんです。
それはどんなことかというと、既存の汎用「テーマ」あるはテンプレートを用いずに、完全オリジナルでゼロから設計したWordPressベースのホームページに、結果的に編集や更新に制約があることを最近痛感していることです。
例えばボクが「WordPressでブログを一日で立ち上げる講座」で推奨というか、使ってもらってる「simplicity」というテンプレートがあるんですよ。
「Simplicity」については過去記事で詳しく解説していますので、よければご覧くださいね。
「Simplicity」関連記事一覧
Simplicity
 
ブログとして利用するにあたっては、とてもシンプルで見やすくて、SEO的にもしっかり配慮されていて、なおかつ独自のカスタマイズ機能を有しているんです。
なのでユーザーは、HTMLとかCSSとかの専門的な呪文のようなコンピューター言語が全く分からなくても自分自身でいろんな部分をカスタマイズできるんですね。
ただやはりブログ用のテンプレートなので、会社やお店のホームページとして使うのは、やはり「なんだかなあ」な見た目になります。
それがイヤなので、わりとカチッとした会社やお店のホームページらしい外観を整えるために、WordPressを土台にしてゼロから設計デザインすることを行ってきました。
ゼロから設計するので、どんなデザインにもできますし、見た目も自由自在に作ることができます。まあもちろんセンスがあればですけどね(笑)
ただ自由自在にデザインできる反面、それらの全てをHTMLとかCSS、PHPなどの専門的なコンピューター言語を使うため、投稿記事部分や固定記事部分以外は、クライアントさんは自分で編集することができないんです。
例えば、ヘッダーであるとか、サイドバーであるとか、トップページのバナー(小看板)とかはクライアントさんでは変更できないので、ボクに依頼していただくことになります。
そしてボクはHTMLとかCSSの専門知識を使ってデザインの変更をするわけです。
ニュートン

オリジナル設計のWordPressサイトはカスタマイズが困難

ただね、例えば「暖かくなってきたから、ヘッダーの背景画像を桜の写真に差し替えたい」とか思っても、クライアントさん自身では出来ない設計になってるので、ボクに依頼しないと変更できない。
先に例としてあげたブログ用テンプレート「simplicity」なら簡単にできることが、オリジナルで設計したWordPressベースのホームページでは出来ない。
これってボクが言うのもどうかと思いますが、WordPressの価値からすると逆行しているように思うんです。
いろんなことが自分自身でどんどんカスタマイズできることこそがWordPressなのに、それが出来ないって変ですよね。
ちょっとした変更なら月々いただいている保守費の中でやらせていただけるんですが、ある程度のボリュームになると追加費用をいただかざるを得ないし、ボクが立て込んでいる時には即対応できないこともありますしね。
もちろんこれまでボクが関わらせていただいたクライアントさんからの依頼はバッチリしっかり責任持って対応させていただきますよ。
ただこれからクライアントさんの数が増えて、50とかになったらもう多分パンクします。
スタッフを増やしたり規模を拡大したりするつもりがボクには全く無いですし、そういうことにボクは価値を感じない人なんです。
というような経緯があって、完全オリジナルでWordPressベースのホームページを制作するのは、これからはお受けしないようにしようと思っています。
それじゃあこれからはどうするのかについては、また明日。

コメント